LUNCH FOR HILLS WORKER

パクチーたっぷり! 「春水堂」の冷たい麺でリフレッシュ——エクスペディア・広報 村井晶奈さん

ヒルズエリアで働くオフィスワーカーたちのランチを探る「ヒルズランチ」。仙石山アークヒルズにオフィスを構える総合旅行サイト「エクスペディア」で広報を担当する村井晶奈さんは、「春水堂」の〈塩鶏香菜涼麺〉でリフレッシュする。

TEXT BY MIHO MATSUDA
PHOTO BY KIICHI FUKUDA

海外へは年に3回以上。達人が教える旅のコツ

世界最大級の総合旅行サイト「エクスペディア」で広報・マーケティング・SNSを担当する村井晶奈さん。3年前にオンラインサービスの会社から現在の会社に転職した理由のひとつは、本人が大の旅好きでエクスペディアのヘビーユーザーだったこと。村井さんは旅好きの一家で育ち、幼少期に5年間ハワイで過ごした。せっかくハワイにいるならと、ご両親がいろんな場所へ連れて行ってくれたことが旅の楽しみを知るきっかけに。いつも旅のテーマは「リフレッシュと冒険」。目的地はなるべく行ったことのない国を選ぶ。

「海外へはプライベートでも年に3回以上、合計約30カ国を周りました。今年はニュージーランド、ベトナム、カンボジアに行き、これからカナダ、ニューヨークを予定しています。旅では、いかにコストを切り詰めて、最大限楽しめるかを追求しているので、そのコツをエクスペディアで発信しています」

航空券とホテルを一緒に予約するとホテル代が最大全額OFFになる「AIR+割」というコピーも、村井さんの旅の経験からアイデアが生まれた。

「エクスペディアで航空券を上手に選べば、ホテルを合わせても航空券の正規料金以下になることに気付いたんです。2泊3日のドバイ旅行ではリッツ・カールトンに宿泊しても、合計金額が航空券だけの価格より5万円以上も安くなりました。今はLCCも発達しているので、選び方次第でいくらでも楽しめる時代だと思います」

カンボジア旅行では、シンガポールの同僚と現地合流してアンコールワットなどの遺跡へ。

本場・台湾の麺料理と元祖タピオカミルクティー

忙しい日々のランチタイムは、気分転換の時間。お気に入りは春水堂の期間限定メニュー〈塩鶏香菜涼麺〉(9月中旬終了予定)だ。パクチー、鶏肉、きゅうり、トマトなどの具材に、コシのある冷たい中華麺をコクのある塩ダレとレモンで食べる。村井さんは、セットでタピオカジャスミンミルクティー(セット料金+50円)をチョイス。

「名物のタピオカミルクティーも紅茶、ジャスミンティー、鉄観音から選べます。時間がない時はドリンクだけテイクアウトにすると、お店を出る時間に合わせて作ってくれるので、氷のシャリシャリした食感をオフィスで楽しむことも。冬は〈五香湯麺〉がお気に入りです」

村井さんが春水堂を知ったのは台湾旅行のとき。タピオカミルクティー発祥のお店として、台湾では48店舗を展開し国民的な人気を誇っている。

「旅のいいところは、旅行の予定があるだけで毎日ワクワクするし、帰国してからも思い出が残ること。国内も北海道から沖縄まで自然も豊かで見どころもたくさんあるので、みなさんの旅のお手伝いをしていけたらと思っています」

9月中旬までの夏のメニュー〈塩鶏香菜涼麺〉 ¥1,000(ランチセット・ドリンク付き) ※タピオカミルクティーの場合は+¥50。

村井さんのある1日

7:30 起床

9:30〜10:00 出社し、メールチェックや、管理するSNSアカウントの管理、メディア対応など

11:30〜13:00 ランチタイムはフレキシブル。同僚とランチしたりテイクアウトしてオフィスで食べることも

午後 海外とのビデオ会議などミーティングが続く。その合間にレポート作成など

19:00 業務終了。自転車通勤なので、赤坂・六本木界隈を散歩しながら帰宅

春水堂 1983年創業、台湾で48店舗を展開するお茶専門のカフェ。タピオカミルクティー発祥の店として国民的な人気を誇る。アークヒルズサウスタワーの六本木店ではドリンクのほか、フードやスイーツなど台湾グルメを楽しめる。

【関連記事】ヒルズランチ

村井晶奈|Akina Murai
エクスペディア ブランド コミュニケーション マネージャー。旅行好きの一家に生まれ、ハワイで過ごした幼少期に旅の楽しさを知る。新卒から大手ネットサービスで広報・マーケティングに携わり、2014年8月より現職。

RECOMMENDED