Design rich sunglasses

夏に向けてサングラスを新調! 自分らしい一本を手に入れよう

今シーズンも様々なデザインのサングラスがリリースされている。ウェリントンやボストンといった定番型に加え、クリップオンタイプといったトレンドのデザインも注目だ。普段使いからリゾート用と、使用シーンに合わせて選ぶのがオススメ。夏を先取りするファッションアイテムをいち早く取り入れよう。

Photo by Daisaku Ito (The VOICE)
Styling by Yoshiki Araki (The VOICE)
Edit by Shigeo Kanno

0425_mens_g1
1/8JIMMY CHOO 初となるメンズサングラスは、ラグジュアリーかつグラマラスなデザインが魅力。上¥58,000、下¥54,000(共にジミー チュウ/ジミー チュウ/表参道ヒルズ 本館1F
0425_mens_g2
2/8BOSS シーンを問わず使いやすいウェリントン型は長く使えるデザイン。右¥28,000、左¥22,000(ボス/ボス ストア/六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り 1F
0425_mens_g3
3/8HYDROGEN イタリアブランドらしい遊びのあるデザインに注目。右¥23,000、中¥23,000、左¥23,000(共にハイドロゲン/ハイドロゲン/表参道ヒルズ 本館2F
0425_mens_g4
4/8Lunettes du Jura 八角形のフレームやモダンなデザインが特徴的。右¥55,000(ライツ)、左¥61,000(マイキータ/共にリュネット・ジュラ/表参道ヒルズ 同潤館2F
0425_mens_g5
5/81PIU1UGUALE3 デニム生地と別珍素材を使ったユニークなデザイン。上¥48,000、下¥45,000(共にウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ/ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ/表参道ヒルズ 本館B1F
0425_mens_g6
6/8ESTNATION 涼しげな色のレンズやクラシックな形状が長く使えそう。上¥42,000(ティエリー ラスリー)、中¥40,000(ボビー シングス スタンダード)、下¥35,000(シングラス/全てエストネーション/六本木ヒルズ ヒルサイド1・2F
0425_mens_g7
7/8idea by sosu トレンドのクリップオンタイプと、ノーズをデザインした2本。上メガネ¥35,000、クリップオン¥12,000(共にカーニー)、下¥15,000(イナリ/全てアイデア バイ ソスウ/表参道ヒルズ 本館2F
0425_mens_g8
8/8MARK & LONA ブラック&ゴールドの配色にクリアフレームの色気のあるディテール。上¥36,000、下¥28,000(共にマーク&ロナ/マーク&ロナ/表参道ヒルズ 本館B3F

サングラスは、強い日差しから目を守るという目的だけでなく、ファッションアイテムとして使用する男性が増えている。特に薄着になる春夏は、スタイリングのアクセントに使い勝手のいいアイテムとして重宝する。一般的には、アイウェアは、顔の形や肌の色で選ぶのがベターとされているが、今の時代、サングラスなら自分の好みで選ぶのもありだろう。デザインの強いものなら、キャラクター性を持たせることだってできる。飽きずに長く使えるお気に入りの一本にたどり着ければ、そのサングラスこそ自分にとっての正解だ。フレームの形状、レンズの色、素材の3つのポイントに注目して、自分らしい一本を手に入れよう。

RECOMMENDED