6 Best Patios for Autumn Gourmet

オープンテラスカフェで満喫する、秋のスイーツ&フード

午後のひとときや、休日のゆったりした時間を心地よく過ごせる、オープンテラスのカフェ。都会の中の自然を感じる開放感のあるテラス、期間限定のスイーツやドリンクや旬の食材を使ったフードをご紹介します。

TEXT BY MIHO MATSUDA
PHOTO BY TOMO ISHIWATARI

ランチからディナーまで、1日中楽しめるオープンテラス

デイタイムは柔らかい日差しの中でリラックス、夜は虫の声に耳を傾けながら、季節を全身で感じることができるオープンテラス。季節の食材を使ったスイーツやフード、こだわりのドリンクやお酒など、個性豊かな7つのお店で、この時期だけの旬の味覚を味わおう。

❶ 期間限定! 見逃せない秋のスイーツ

0921_cafe_g1-1
1/8「Bubby's」のパンプキンパイ Bubby’sの手作りキャラメルパンプキンパイは、なめらかな食感とキャラメルソースとの相性が抜群。コーヒーとともに、秋のティータイムを楽しみたい。キャラメルパンプキンパイ ¥700(12月末までの展開予定)、オーガニックコーヒー ¥500
0921_cafe_g1-2-2
2/8Bubby’s New York ARK Hills ニューヨークのトライベッカにある本店の味を、そのままアークヒルズへ。アーク・カラヤン広場に面したテラス席は、ペット連れもOKだ。また注目の新メニューには、バーボンの香りの「フライドチキン&パンケーキ」(¥2,500)も。こちらもぜひトライしてみよう。
0921_cafe_g1-3
3/8「1967」のシャンパーニュとアフタヌーンティー アフタヌーンティーを緑あふれるオープンテラスで。モエ・エ・シャンドンのグラスをプラスして、さらにリッチな時間を過ごすことも。1967アフタヌーンティーセット¥2,800、デイタイム モエ・エ・シャンドン スペシャル¥4,000 ※2名分より
0921_cafe_g1-4
4/81967 六本木ヒルズの向かいにある、ラウンジカフェ「1967」。緑に囲まれた開放感のあるテラスで、飲茶やホッケンミー、海南チキンライスなどシンガポールを軸にしたオリエンタル料理やコンチネンタルスタイルのメニューを。ランチ、ティータイム、ディナー、バーとあらゆるシーンで利用できる。(C)Nacasa & Partners Inc.
0921_cafe_g1-5
5/8「サマーバード オーガニック」のクリームキス 店内で作る「クリームキス」とは、メレンゲクリームをチョコレートでコーティングしたデンマークの伝統的なお菓子。ハロウィン限定クリームキスは、メレンゲがリコリス風味に。ハッピーゴースト クリームキス(ミニサイズ)¥350(〜10月31日まで)、ホットチョコレート¥700
0921_cafe_g1-6
6/8サマーバード オーガニック デンマークのチョコレートブランド「サマーバード オーガニック」は、その名の通り、デンマーク政府から100%オーガニックとの認定を受けたチョコレートブランド。南青山のチョコレートラボ&カフェは、店内で作りたての「クリームキス」を楽しめる。モダンな北欧スタイルのインテリアにも注目を。
0921_cafe_g1-7
7/8「ミスターファーマー」のヴィーガンスイーツ&サラダ アーモンドミルクと寒天を使用したパンプキンプリン、長野パープルとシャインマスカットのサラダもヴィーガン対応だが食べ応えも十分。ヴィーガンパンプキンアーモンドミルクプリン¥790、長野パープル、ビーツとキヌアのタブレ(12月頃まで)¥1,350、季節のコーヒー¥550
mrfarmer
8/8ミスターファーマー 六本木 新鮮な野菜をたっぷり食べたいなら、このお店へ。ヴィーガン対応や、グルテンフリー、チキンや卵などたんぱく質を補給できるアスリート向けなどメニューが豊富。テラス席は毛利庭園に面しており、冬にはクリスマスのイルミネーションも楽しめる。

❷ 旬の食材を使った秋の絶品フード

0921_cafe_g2-1
1/4「Nomu nishiazabu」のスモーブロー フラワーアーティスト、ニコライ バーグマンがプロデュースするカフェ。ここでは、デンマークのオープンサンド「スモーブロー」を。具材やセットのスープは日替わりで、この日はポテトとエッグのスモーブローとトマトとマッシュルームのスープ。デンマーク王室御用達の「A.C.パークス」のダージリンティーと一緒に。スモーブロー ランチセット¥1,700(サラダ・スープ・ドリンク付)
0921_cafe_g2-2
2/4Nomu nishiazabu 西麻布から表参道へと抜ける小道にある「Nomu nishiazabu」。静かなこのエリアは、ニコライ バーグマン氏のお気に入りなのだとか。テラスは、道を行き交う人々を眺めながら、デンマークスタイルのフードやスイーツ、ドリンクを楽しめる。あちこちに多肉植物が配置された店内も、秋風を感じるここちよい空間。日常的に通いたくなるカフェだ。
0921_cafe_g2-3
3/4「虎ノ門ヒルズカフェ」のデリとスムージー 旬の食材を使った虎ノ門ヒルズカフェのランチデリ。2種類のサラダ、3種類のサイドメニュー、3種類のメインから好きなものを選んで、十穀米と一緒にヘルシーランチに。カカオニブなどのスーパーフードをトッピングしたスムージーは、巨峰たっぷり。デリ¥850(税込)、スムージー ¥648(税込)(11月末で終了予定)
0921_cafe_g2-4-2
4/4虎ノ門ヒルズカフェ 芝生の美しいオーバル広場に面した虎ノ門ヒルズカフェ。リラックスした雰囲気の店内もいいけれど、この季節はテラスがおすすめ。光溢れるデイタイムと、夜はまた違った表情を見せる。テラスのBBQは9月末で終了するが、秋からは虎ノ門のビルの夜景を眺めながらムーディな雰囲気を味わえる。ルーフがあるので、少しの雨なら大丈夫。

ペットOKや小さな子どもにも優しいお店、気軽にちょっと立ち寄ることできるお店、ラグジュアリーに楽しめる空間など、カフェのテラスもシーンによって使い方もさまざま。散歩にもちょうどいい季節だから、自分だけのお気に入りのお店を見つけに、街に出かけてみては。

RECOMMENDED