IKUKO’S METHOD

オケージョンは頑張り過ぎない——スタイリスト地曳いく子のおしゃれメソッド 9

ファッションのご意見番ことスタイリスト地曳いく子が、独自の視点で切り込む大人女史のためのスタイル術「IKUKO’S METHOD」。今回のテーマは「オケージョン」。ホリデーシーズンに向け華やかスタイルの今を学びましょう。

STYLING BY IKUKO JIBIKI
PHOTO BY SHIN KIMURA
EDIT BY AKANE MAEKAWA

さようなら、フルスロットルな私

オケージョンとなると、ドレスにアクセサリーに小物まで、ここぞとばかりに特別感を盛ってフルスロットル(笑)。そんな頑張り過ぎな経験ありませんか? でも、ガラに毎回呼ばれるわけでもなく、レッドカーペットを歩くわけでもない私たち一般女史は、もうちょっと気軽に考えていいのです。ガチガチにフルスロットルで勝負しなくても、何か1点プラスだけで十分なのです。頑張りすぎないのが今の時代のパーティーやオケージョンの楽しみ方。最近は、女子会という名のオケージョンもありますし。華やかだけど何なら普段でも使える、そんな気持ちで選んでみてはどうでしょうか?

地曳いく子が伝授する
オケージョンスタイルのすすめ

❶ 冬でも肩見せでパーティー感アップ

ベルベットのノースリーブドレス。パーティーでは憧れですよね。でも冬のノースリーブはちょっと……と躊躇しがち。でも今この時代にはライトダウンがあります。コートの下にライトダウン(またはカシミアのカーディガン)を挟めば冬でもOK。建物の中は大抵汗ばむぐらい暖房が効いていますし、肩見せだけでパーティー感はアップ。今シーズンなら、膝が隠れるぐらいの丈長めがトレンド。大人女史の皆様にはトライしやすい丈です。シンプルな形のものなら、バイカーズジャケットやショートブーツと合わせてカジュアルダウンすれば普段からも着られます。

何かと理由をつけて、いつもより浮かれても違和感がないのがホリデーシーズンに向けたこの季節。なら、着られるときにドレスを着て気分をあげていきましょう。

❷ たまには浮かれた色で冒険を

普段はモノトーンかベーシックカラーで差し色も苦手、でもたまには浮かれた色が着てみたい! そんな人は思い切ってドレスに大胆な色を投入しましょう。単品で色を差し込むより、ずっと成功率が高いです。でも、やっぱりインパクトありすぎて恥ずかしいと思ったら、黒やグレーのロングカーディガンを重ねて色の分量を減らすのがコツ。同時に縦線も強調できるのできれいに見せてくれます。ダイナミックなプリントドレスも必殺ロングカーディガンで同様解決です。こんな冒険を楽しめるのもパーティーやオケージョンだからこそですよ。

❸ アクセサリーは得意技1点で攻める

アクセサリーをじゃらじゃら付けるのは今やナンセンス。それこそ一昔前はおそろいのネックレスにピアス、ブレスレットとフルスロットル付けでしたが、今は1点付けで十分。じゃあ、何のアクセサリーを選べばいいの?と思われたかもしれませんが、そこは自分の得意技で攻めていきましょう。首や胸元に自信がある人はチョーカー、手先がきれいな人はブレスレット、髪がショートだったりするならピアスなど、自分の得意部分に際立たせ、視線を集中させていくのが賢いおしゃれです。

❹ ヒール、ハイ&ローどちらもありが今

パーティーと言えばヒールはマストアイテムでしたが、ドレスコードと流行が変わった今はハイでもローでも問題なし。体力も気力も時間もあって準備万端にしていけるなら断然ハイヒール。でも、ヨレヨレになって会社帰りに行くならフラットでOK。その場合はちょっとキラッとした光ものを選びましょう。

❺ 仕舞い込んだら負け

ドレスやアクセサリー、シューズなど、オケージョン用に買ったものだからと、普段は大事に仕舞い込んだりしていませんか? それってモノを一番大切にしないことだと思うんです。使って壊れたり劣化するのは、モノに対して向き合ってる証拠。モノは仕舞い込んでいても劣化します。(相当お手入れすれば話は別ですが)とくに華やかなものは、仕舞っておくうちに自分の経年変化で似合わなくなったりするので、買ったらガンガン使ってください。「仕舞い込んだら負け」これは、皆様よりかなり先輩の私からのアドバイスです。

profile

地曳いく子|Ikuko Jibiki
スタイリスト/1959年東京生まれ。数々のファッション誌で活躍し、そのキャリアは30年超えを誇る。数多くの女優のスタイリングも手がけ、大人の女性を美しくみせる的確な理論に基づくスタイリング術に定評がある。独特の語り口も魅力で、現在はテレビやラジオでのコメンテーターとしても活躍中。著書に『服を買うなら、捨てなさい』『着かた、生きかた』(ともに宝島社)など多数。最新作『脱「若見え」の呪い“素敵なおばさま”のススメ』(マガジンハウス)を10月に上梓。

RECOMMENDED