YAKUSHIMARU ETSUKO ART ARCHIVES

#2 YXMR FASHION RESEARCH やくしまるえつこ衣裳展

アーティスト兼プロデューサーとして「相対性理論」など数多くのプロジェクトを主宰するやくしまるえつこは、活動当初から長年にわたり重層的・多角的・領域横断的な唯一無二の活躍を続けてきた。本連載では音楽の枠にとどまらないやくしまるのアートを振りかえる。第2回は六本木ヒルズ森タワー52階・東京カルチャーリサーチで開催中の『YXMR FASHION RESEARCH / やくしまるえつこ衣裳展』を紹介。普段ライブでしか見ることのできない、国内外で活躍するデザイナーたちが彼女の為に作り上げたオリジナル衣装を細部までじっくり見ていきたい。

TEXT BY RIE NOGUCHI
PHOTO BY Shintaro Yoshimatsu
LIVE PHOTO BY TOMOHIKO TAGAWA & MIRAI SEISAKU

終了した第1期はデザイナー落合宏理の『FACETASM』によるオリジナル衣装を展示。

3期に渡って開催されるやくしまるえつこ衣裳展

アーティスト兼プロデューサーとして「相対性理論」など数々のプロジェクトを主宰、一貫してインディペンデントでの活動を続ける音楽家・やくしまるえつこ。バイオテクノロジーを駆使しアルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞した作品「わたしは人類」は、現在、森美術館にて開催中の『未来と芸術』展で展示されている。

その『未来と芸術』展のチケットで、六本木ヒルズ森タワー52階・東京カルチャーリサーチにて開催中の『YXMR FASHION RESEARCH / やくしまるえつこ衣裳展』も鑑賞することができる。昨年12月からスタートしたこの衣装展は12月・1月・2月の各月12日間ずつ、近年のオリジナル衣装をデザイナーごと3期に分けて実物展示。2019年12月に開催された第1期は反響を呼んだ。現在開催中の第2期は1月26日までとなる。

第2期はデザイナー山縣良和の『writtenafterwards』によるオリジナル衣装を展示している。

ライブでも見ることができない細部まで

音楽やアートのみならずファッションの世界からもやくしまるえつこへの注目度は高く、着用する数々のオリジナル衣装は、国内外の第一線で活躍するファッションデザイナーたちが、彼女の世界観・コンセプトに基づき、本人と綿密なやり取りを重ねながら制作してきた。森美術館『未来と芸術』展や、『YXMR FASHION RESEARCH / やくしまるえつこ衣裳展』、そしてこのHILLS LIFE DAILYでの「YAKUSHIMARU ETSUKO ART ARCHIVES」シリーズをあわせて楽しむことで、やくしまるの領域横断的な活動をあらゆる角度から紐解くことが出来る。

今回の衣装展では近年のオリジナル衣装から、「FACETASM」、「writtenafterwards」、「SINA SUIEN」とデザイナーごとに3期に分けて一挙に展示する。

第1期「FACETASM」

2019年12月15日まで開催された第1期では、デザイナー落合宏理の『FACETASM』による、オリジナル衣装が展示された。これまでやくしまると数多くのコラボレーションを行うなど長年に渡り親交も深く、LVMHプライズの日本人初ファイナリストとして選出、ケンドリック・ラマーらも衣装として着用するなど世界中から注目を集めるブランドだ。2016年の日本道公演「八角形」やフジロックなどで着用された衣装が展示された。

d9a7334
1/3向かって右側の衣装はやくしまるからの「宇宙へ算額音楽を奉納する巫女」というコンセプトを基に制作され、相対性理論×ジェフ・ミルズの2マンライブで初登場した。
mg_9557
2/3
mg_9569
3/3

d9a7328
1/4中央の衣装は2016年7月の日本武道館公演『八角形』で初登場。公演名でもある八角形の小さなセルが紐で繋ぎ合あわされた構造のトップスと、ゴールドのプリーツワンピース。やくしまるから伝えられた「アルバム『天声ジングル』も武道館公演『八角形』も全体がループ構造になっている。始まりも終わりもなく、白でも黒でもない。」というコンセプトを基に作られ、八角形のセルは裏返すと黒色になり、白から黒、黒から白へとフラッシュバックして生まれ変わる仕組みになっている。
mg_9558
2/4
mg_9576
3/4
mg_9561
4/4

stsr_yxmr_oculus
1/4FACETASMオリジナル衣装を着用したライブの様子
dsc0849
2/4
yksmr_asha_b
3/4
ih_liveatycam
4/4

第2期「writtenafterwards」(〜1/26まで開催)

1月26日(日)まで開催中の第2期では、ファッションの世界のみならずアート界からも高い評価を得る山縣良和(『writtenafterwards』)制作によるオリジナル衣装が展示されている。

やくしまるがアーティストヴィジュアルでも着用している黒い巨大なマントや、2019年に初登場した最新衣装となる真紅のドレス、ライブ中に使用する「ケルベロス」など、儀式的な彼女のライブの世界観を表現した壮大な衣装が初展示となる。

d9a0224
1/8真紅の衣装は昨年登場した最新衣装。やくしまるが「崩壊後の未来の世界で、遺跡から集められた破片の集合」「祭と政(まつりとまつりごと)」「未来のどこかで新しく発生した異国」といったコンセプトを山縣に伝えて制作された。チャイナ風のドレスと金箔プリントのオリジナル生地による羽織、さらに天体や魔物などで装飾された冠で構成されている。
mg_0400
2/8
mg_0401
3/8
mg_0404
4/8
mg_0406
5/8
mg_0442
6/8
mg_0443
7/8
mg_0444
8/8

d9a0220
1/5アーティスト写真でもお馴染みの黒い衣装も初公開。三重構造の新素材を使用したブラウスとスカート、マントで構成されている。マントにはやくしまるによる天使のドローイングが全体に浮かび上がっている。
d9a0221
2/5
mg_0452
3/5
d9a0214
4/5
d9a0210
5/5

mg_0459
1/4相対性理論の人気曲「ケルベロス」をライブで演奏する際、やくしまるが両手に着用するケルベロス。両手に加えてケルベロスの耳をモチーフにしたヘッドドレスを装着することもある。
d9a0237
2/4
mg_0421
3/4
mg_0423
4/4

056a8674
1/10writtenafterwardsオリジナル衣装を着用したライブの様子。
t1_5505_big_p
2/10
t2_7324v1_2500px
3/10
2_0013_2000p
4/10
4_5731_2000p_t
5/10
6_img_0300_2000p
6/10
3_5892v1_2000p_t
7/10
8_6250_2000p_t
8/10
5_0077_2000p
9/10
etsukoyakushimaru_asha_bigsize_p
10/10

第3期「SINA SUIEN」(2月15日~2月26日)

繊細で鮮やかな刺繍を用いた衣装が各界から熱烈な支持を集める有本ゆみこ『SINA SUIEN』によるオリジナル衣装を展示。相対性理論の最新作であるライブアルバム「調べる相対性理論」ジャケットアートワークでもやくしまるがドローイングとして描くなど、華やかで象徴的な衣装、緻密な刺繍の数々を、ライブでは見ることのできない程の至近距離で鑑賞することができる。

87184054_285757475734337_3902159220719484928_n
1/9有本ゆみこ『SINA SUIEN』によるオリジナル衣装5点を展示。
d9a6629
2/9
d9a6630
3/9
d9a6632
4/9
d9a6640
5/9
d9a6649
6/9
d9a6655
7/9
mg_6605
8/9
mg_6681
9/9

mg_6669
1/13『SINA SUIEN』によるオリジナル衣装。繊細な刺繍を間近で堪能できる。
mg_6625
2/13
mg_6671
3/13
mg_6613
4/13
mg_6603
5/13
mg_6627
6/13
mg_6628
7/13
mg_6634
8/13
mg_6636
9/13
mg_6648
10/13
mg_6659
11/13
mg_6662
12/13
mg_6602
13/13

mg_6630
1/6有本ゆみこによるスケッチ。やくしまるえつこからのイメージの絵や画像資料、キーワードを元に、想像を膨らませて衣装を作るという。
mg_6623
2/6
mg_6620
3/6
mg_6621
4/6
mg_6622
5/6
mg_6633
6/6

hensubunri_3_2500p
1/6SINA SUIENオリジナル衣装を着用したライブの様子①
hensubunri_2_2500p_0
2/6
stsr_hensubunri_t2_1044_2000p_p
3/6
17_8988_n
4/6
12_0236_t
5/6
5_8446_n
6/6

hensu1_1_0987_t
1/6SINA SUIENオリジナル衣装を着用したライブの様子②
stsr_yaon_2019_2500p
2/6
stsr_yaon_1
3/6
stsr_yaon_2_0
4/6
yxmr_ars_live_1
5/6
yxmr_ars_live_10
6/6

mg_3201_stsr2000p
1/8SINA SUIENオリジナル衣装を着用したライブの様子③
dsc_0555_stsr2000p
2/8
dsc_0480_stsr2000p
3/8
mg_3445_stsr2000p
4/8
dsc2258_stsr2000p
5/8
dsc2450_stsr2000p
6/8
yxmr_stsr_71_n_0
7/8
yxmr_stsr_t
8/8

YXMR FASHION RESEARCH やくしまるえつこ衣裳展
#1 FACETASM / 2019年12月11日(水)~12月22日(日)※終了
#2 writtenafterwards / 2020年1月15日(水)~1月26日(日)
#3 SINA SUIEN / 2020年2月15日(土)~2月26日(水)
会場:東京都 六本木ヒルズ森タワー52階 東京カルチャーリサーチ
時間:10:00~22:00(入場は閉場の30分前まで)
料金:無料 ※展望台または森美術館の入館料が必要

やくしまるえつこ『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』
会期 2月14日(金)〜3月29日(日) 会場 六本木ヒルズ全域
※本サイトは、スマートフォン専用コンテンツです。 
※iOS、Android、ともに最新版に対応しています。iOSはSafariブラウザを、AndroidはChromeブラウザをご利用ください。
※スマートフォンの「位置情報サービス」をONにしてご利用ください。
※ご利用には通信料がかかり、お客さまのご負担となります。
※歩きながらのスマートフォン利用は大変危険ですのでおやめください。

RECOMMENDED