INSTANT FLOW#34

釣りは楽しい。でも、魚は鮨屋で食べる——藤原ヒロシの連載「INSTANT FLOW」#34

HFは限りなくいろんなことを知っている。そしてそれがとんでもない時に出てくる。それを痛感した、HFのInstagramの謎の部分を掘り下げ取材する連載の第34回! 2019年8月後半にポストされた画像からお届けします。

INSTAGRAM & TALK BY HIROSHI FUJIWARA
main photo by SHOICHI KAJINO
TEXT BY HF WATCHING COMMITTEE (HWC)

8月16日——雨の北海道に向かう


北海道ですか。雨ですか。RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZOですね。「初日が中止になったんですよ。台風で。フェスの前日に宮越屋珈琲っていう、高台にあって全部を見渡せるようなところに行きました」。晴れるといいなあと思ってたんですけどね」(hf) コーヒー屋さんで何を召し上がったんですか? 「アイスティー」(hf)

8月17日——ススキノの夜

「ホテルで夜中暇だったんで、ギターを弾いたりしました」(hf) アヒルちゃんステッカーと一緒。

8月17日——車内食fromセイコウーマート

「フェスに向かう途中、コンビニで買ったサラダを食べました」(hf) セイコーマート! ちくわパンは食べましたか? 「東京のコンビニは20円ドレッシングを売ってるじゃないですか。セイコーマートにはなかったんです。だからオリジナルスパイスソルトって塩を買ってかけて食べたんですけど、ドレッシング別売文化って、ないのかな? 売っているところもあるのかな? たまたま僕が行ったところに売ってなかっただけかもしれないけど」(hf) 気になりますね。ところでちくわパンは食べましたか?「食べてない」(hf) オーマイゴッド!

8月17日——patiffany

「むかーし買った〈パテックフィリップ〉のアクアノートって時計です。アクアノートとノーチラスが今ブームらしくて、そう言われたらちょっとつけてみたくなったので」(hf) 誰が決めているんでしょうかね、ブーム。

8月17日——晴天ライジング 舞台裏 僕は17:10から


「フェスの楽屋です。こっちはセッティング中ですね」(hf) 石狩湾だったんですね。晴れましたね。暑そうですね。「めっちゃ暑かった」(hf)

「舞台袖に行ったら、誰かがギターの上にロコモコ丼を置いていたんです。ギターがすごくうまい、弾き語りをするRei さんのギブソンなんですけど、彼女のライブが僕らの次だったんですよ。僕が置いたと思われたくないので、証拠写真として撮りました」(hf) 誰が置いたのかとザワザワしそうですね。「ヴィンテージのギブソン、高いギターの上にロコモコ丼。いいなあって思って」(hf)

8月17日——なんでこんなに美味しいんだろう? なぜにここまで美味しいんだろう?

「『一幸』って寿司屋。以前に行った時、奇跡的にめっちゃ美味しかったんですよ。これは奇跡かしらと思って、もう一回確認しようと思って行ったらやっぱり美味しかったんです」(hf) 札幌の7席しかない予約の取れない店ですね。「スタンダードな寿司ではここは日本一かもしれない」(hf) スタンダードな寿司というジャンル? 「トリッキーな寿司ってあるじゃないですか。それはそれで美味しいし、僕は好きなんだけど、ここは素朴系のチャンピオン」」(hf) 素朴ではないと思いますが、見た目以上に味はゴージャスというわけですね。

8月18日——ライブ

ライブはどうでした?「寿司に感動しました」(hf) ライブでもあまり体温上がらないタイプなんですね。「あはは。高揚感はありますよ」 (hf) そういう経験もできて、いい人生ですね。「ほんとね。早く終わって欲しい。やなことがないうちに。あおり運転に遭遇しないうちに」(hf) そうそう、昨今のニュースを見ていてヒロシさんは大丈夫かしらと心配になりました。「僕、基本的に礼儀正しいじゃないですか。だから運転もわりと礼儀正しいし、(割り込みも)入れてあげるタイプですよ。むかーし車に乗っていた時、『めっちゃ怖そうな車の前に割り込んだんだけど、親切に入れてくれたなと思ったらお前だった」って友達に言われたことがあるタイプです」(hf) みなさん、運転も人生もジェントルに、ね。

8月19日——bag1,2

「バッグワンツー。これは昔、『ミッドナイトマーケット』で作った〈KIYONAGA&CO.〉のもの。このシリーズ色がいっぱいあっていいですよ」(hf)

「そしてこれはヴィトンのグラフィティシリーズ。元は取り外しのできるレザーストラップみたいのが付いていたけど、クライミングのロープに付け替えました。めちゃ使いやすくなりました。サコッシュブームにのってやってみたら結構いいなって」(hf) 意外とDIYする。「うん。ルイヴィトンの変化はスティーブン・スプラウスからですよね」(hf) これみんな買ってましたね。「今でもヤフオクで探しますよ。なんかないかなって」(hf) 出ます? 「いっぱいありますよ。毛布みたいなスカーフ。買って、鞄を作ったりしてますよ」(hf) あ、それいい。HFリメイク。

8月19日——バッテリーシェア。試してみる

「『ChargeSPOT』。友達がやってて、僕今度デザインするんです。アプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけで充電されたバッテリーがレンタルできるというシステム。すでにかなりの場所で展開していて、六本木ヒルズにもあります。最初の1時間はレンタル料が150円。48時間以内までは300円。『ChargeSPOT』がある場所なら、どこにでも返せるんです。六本木で借りて渋谷とか、日本で借りて海外とか。48時間を経過すると返却不要の買取になって2,280円。リチャージャーバッテリーだから繰り返し使える。カフェに行ってコンセントを探したり、コンセントの近くの席を確保しなくてもいい。これを借りればチャージができて、かつ動き回れると言うしくみ」(hf) 自転車シェアリングみたいな。「そうそうそう。カーシェアとか。そのバッテリーバージョン。150円なのでかなりいいと思う。こういうのって日本国内に1万台あっても意味ないけど、100万台あったらすごい意味をなすものじゃないですか。広まれば広まるほどいい」。リクエストしたら設置もしてくれるそうです」(hf) ポケGOにもこれのぐるぐるスポットがすごい増えてました。でもおしゃれなヒロシデザインが出たら、みんな絶対返さないから回収率が下がっちゃいますね。

8月19日——鮪有り?

「このマグロも食べられますよ。ノリだったかな」(hf) へえっ! 鮪ってこんな字だったんですね。「余談なんですけど、高田馬場に鰻屋があるんですけど、10年くらい前かな? 美味しいって聞いて行ったんです。車のナビにめっちゃ狭い道を案内されちゃって……。そうしたら昭和初期風の洋館の前に出たんです。そこの壁に感じで大きく「鮪有り」って書いてあったのが見えたんです。「今“鮪有り”って書いてなかった?」って友達に聞いたら、「あったあった」って。もう一回見に行ったら、「賄賂有り」って見えたの。また通り過ぎて「賄賂じゃなかった?」って話して、もう一回行ったんです。でもよく見たら「賄有り」。まかないだったんです。早稲田に近い、昔からある下宿みたいで。鮪じゃない、賄賂じゃない、賄いだった。そのことをこれで思い出しました」(hf) ええ話や! 「漢字の力って強いなあって思ったのが、よく海外に行く友達にLINEで「明日暇?」って送ったんです。そうしたら「全日空」って戻ってきたんで、ああ、海外に行くんだなと思って。次の日に「一日暇だったのに」ってきたのでよく見返してみたら『全日空いてます』だったの。もう全日空にしか読めなくて」(hf) 一日暇なエアライン。それもいいですねえ。

「鮎のお昼寝」(hf) お昼寝してたら食べちゃうぞお。ほんとはもう少しおっかないこと言ってましたけどね、ヒロシさん。

8月21日——ジョージア旅行の記

「梶野くんが書いた。いい記事」(hf) 梶野さん原稿うまいですもんね。こちらの連載原稿と違って格調高いです。すみません。

8月22日——履いてみた! 相変わらず、完全なドーピングシューズだ。勝手に走り出す。絶対新記録出そうな靴

「マラソン(MGC)でみんな履いてましたね、これのピンク。絶対記録伸びますよ。今回もナイキ圧勝だったんです。」(hf) これ、歩くのも楽ですよね。「前へ前へ連れて行ってくれる」(hf) まさにドーピングシューズ! この発言、まずいのか。

8月23日——bagの仕様が重要!

「2021年の会議」(hf) バッグも毎回変えているんですね。「ちょっとずつアップデートしています。ジッパーの角度とか、使いやすさとか、向こうのベンダーがハイテク器具を持ってきてくれるんです」(hf)

8月26日——役立つ小物

「〈retaW〉のポータブルフレグランスクリーム。一回分入っているんです」(hf) うわあ!いいにおーい。小分けのフレグランス。こういうの日常的につけてるんですか。「ジムの時など持っていきます」(hf)
*porta fragrance は1箱16個入りで2,592円(9月現在)。〈retaW〉のECサイトで購入できます。香りは4種あります。

8月27日——釣りりり


急に渓谷。山口さんは釣り好きなんですか?「だってサカナクションですよ?」(hf) そうでした。「彼は釣り命ですよ。番組ロケで渓流釣りに行ったんです」(hf) 扇山ってどこなんです?「山梨です。中央高速で談合坂を越えたあたり」(hf) 綺麗なとこですね。「釣り堀なんですよ。自然の中の」(hf) いいなあ。こういう接待釣りって絶対楽しいですよね。誰かに連れて行ってもらうの。

8月28日——ピカピカ便利バッグ

ニューバッグ@コンビニ。「〈NF〉っていうのが山口くんのレーベルで、僕の〈フラグメント〉とくっつけて〈NFRGMT〉」(hf) なるほど。ストラップに情報があるよと。ここが大事なんだよと。

8月28日——ジム行こシューズ

「〈NIKE BY YOU〉です」(hf) ジムへジムへと自然に連れてってくれるシューズ。ある意味。

8月28日——ロンドンパンクな飲み物

「“おーい”って英語にできないんですかね? Ohiも変だし、Oiだとパンクっぽくないですか」(hf) あ、それでロンドンパンク。「イギリスはみんなOi!って言うじゃないですか」(hf) 謎が解けました。「分かってくださいよ」(hf) 「Oi!」はパンクロックが商業化された後、ハードコアパンク発生以前にパンクロックのひとつのジャンルとして認識された、とWikiにありました。ロンドンの人や日本のおじさんたち、よくオイオイ言ってますね。スピリット的には共通するものがあるのかもしれません。おーい、お茶と言う人にも。

8月28日——ライティングないほうが綺麗 #スカイツリー


「スカイツリーは、ライティングがあるといやらしい。ない方が綺麗」(hf) これはどこから見た風景ですか。「浅草じゃないですか? ご飯食べに行きました。だいたい僕、待ち合わせの時間より早く着いてしまうので、お散歩をするんです。浅草の『鷹匠壽』に行ったんです」(hf) 野鴨が食べられることで有名なお店です。その話はまたいつか。

8月29日——ベルトの中央のルーズなブリンブリン感が好き

「いわゆるみんなが欲しいポールニューマン」(hf) 欲しいし、でもなかなか手に入らないしという一品。でもヒロシさんが好きなのは、ベルトのここのぷるんとしたところなんだ、と。

8月29日——カジキマグロの四十九日

またそんなこと言って。「『すし㐂邑』です。いつもだいたい50何日とかなんですけど、たまたまこの日『49日』って言うから、『四十九日だね』って言ったら『そんなこと言わないで』って注意された(笑)。カジキの魂に思いを馳せながら食べました」(hf) そうですよ。最大で何日くらいまで熟成させるんですか? 一周忌とか三回忌もあるんですか?「100日までらしいです。でも流石に100日熟成するとは溶けちゃうんで、だいたい50から60日が美味しい。毎日ちょっとずつ傷んだところを削ってどんどん小さくなっていくんですって」(hf) ほおおおお。それだけ大事に育まれた究極の発酵食がHFの口の中で溶けていく。

8月月30日——コンバンワ #kaws

「送られてきました」(hf) かなりいいですねえ。

8月30日——雲丹が浮かぶスープ


学大「チニャーレ」ですか?「そう。学大の店をずっと閉めていたんですけど、セコンドシェフがやっているんですよ。店の雰囲気はいい。焼きたてパンを作りながら料理も作って、パスタが出てきて……。ここまでできるんだよ狭いのに、みたいな。フォカッチャは金メダルです」(hf)

「これも見た目100点、味満点。喫茶店風の容器も、イチジクがポンッてのっているのもいい。インスタに書いた以上のコメントはないです」(hf) 食べ物の褒め方が日々完成度を増してますねヒロシさん。

8月30日——もう、計算不能

「駐車場のけなし方も日々上達してます。これ、酷くないですか。この書き方」(hf) 3分10円って言われてもですねえ。「これこそ政府がガイドライン決めて欲しい。『1時間でいくら』に統一するなりしないと。」(hf) 25分300円って言われると、俺はどうしたらいいんだって気になりますよね。人は60進法で生きてるんだから。「高いのに安く見せようとするのって感じ悪いですよね。悪意を感じる」(hf) 変えていきましょう! 基本的には30分か60分の金額を書くこと! 何分刻みかということを明記すること!で、誰に言えばいいんでしょうか?

8月31日——具体 松川

「具体、分かります? 検索してください」(hf) 具体美術の具体なんですね。具体美術協会もあるんですね。「具体といえば丸、みんな丸を描くんですよ。村上隆さんもやっていたでしょう」(hf) なんで丸?「それは知りません。具体美術とは何か、みんなで考えましょう。学びのあるコンテンツですね」(hf) はい。考えます。

「氷の器です美味しいですよ。でも人に予約してもらわないと行けないお店(hf) じゃあ明日どこでも行けるよ!って言われたらどこのお店に行きたいですか? 「『松川』」(hf) 無人島に一軒だけ持っていけるとしたら?「それはもうベビースターラーメン」(hf) おやつカンパニー丸ごとっていうことですね。含蓄のある回答、ありがとうございます。

「これも『松川』。水羊羹も美味しい。バケツいっぱい食べてたいって前にも書いたやつです」(hf)

8月31日——tussy Gold Party 1990 Tokyo

1990年。場所はどちらですか?「多分ゴールドです。30年前です」(hf) STUSSY真っ盛りの時代ですね。若者カルチャーが、もう30年前の出来事なんですね。ふー。

8月31日——夏を締めくくるミスター アントワネット

梶野さん、文学者みたい。これはどちらですか。「門前仲町。昔から大好きな氷しるこ。かき氷の上にこしあんと白玉がのっていてめっちゃおいしい。ここは年中かき氷をやってるんです。『由はら』だっけ? あんまり教えたくないなあ」(hf) 赤福で育ったヒロシさんが認めるかき氷なんですね。「僕が思うかき氷は『アイスモンスター』みたいのじゃない。かき氷は氷をかいたもので、マンゴーとか果物を凍らせて削ったものはかき氷じゃない!」(hf)

profile

藤原ヒロシ|Hiroshi Fujiwara
1964年三重県生まれ。DJ、音楽プロデューサー、ファッションクリエイター。英米で触れたクラブ文化を80年代の日本に持ち込むなど、音楽とファッションの両軸で日本のストリートカルチャーを牽引。現在、デジタルメディア「Ring of Colour」を運営する。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。

RECOMMENDED