spanish year-end party!

忘年会の新提案! タパスから本格派まで、美味しく楽しいスペイン料理

ワインのお供に気軽につまめるピンチョスから、大勢でシェアできる本格パエリアまで。美味しくてワイワイ楽しめる、忘年会の幹事さんが一目置かれそうな、ヒルズエリアのスパニッシュレストランをご紹介します。

EDIT BY TM EVOLUTION.INC

① モダンスパニッシュを囲みながら、年の瀬をスタイリッシュに!
——BIKiNi SIS六本木ヒルズ店(ビキニ シス ロッポンギヒルズテン)

1219_spain_g1-1
1/5日本にピンチョスを広めた伝道師と呼ばれるジョゼップシェフのピンチョスへのこだわりは、小さなサイズ。女性が無理なくひと口で食べられるようにと、敢えて小振りに抑えている。
1219_spain_g1-2
2/5帆立の貝柱をパンチェッタで巻き、塩味をピリッと効かせた「帆立のプランチャ サルサベルデ」。パセリで色付けした魚介出汁が、気分を華やかに盛り上げてくれる(¥8,000のパーティープランより)
1219_spain_g1-3
3/5「女王様のための魚介パエリア」は、ムール貝の殻や海老の皮を取り除いてあるため、全ての食材をそのまま食べられることから命名された一品。店で5時間煮込んだ鯛出汁で、旨味もたっぷり。
1219_spain_g1-4
4/5スペイン料理店には珍しく落ち着いた店内。壁にはシェフが自ら描いた絵画も飾られている。テーブル席をはじめ、カウンター席や個室もあり、あらゆるニーズに対応。
1219_spain_g1-5
5/5スペイン料理界の第一人者、ジョセップ・パラオナ・ピニェス氏。カタルーニャ地方の伝統料理をベースに、見た目にも美しくモダンに昇華したメニューを得意とする。

店舗名の“BIKiNi”とは、イベリコハムとチーズを挟んだホットサンドを指すスペイン語。BIKiNiを食べた時のような素朴な温かみ、素材の旨味を大切にしたいとする、監修シェフ、ジョセップ・パラオナ・ピニェス氏の思いを乗せた言葉だ。そしてここ、六本木ヒルズ店は『BIKiNi』6店舗目としてオープンした新業態。コースメニューをベースに、ジョセップ氏らしさに溢れたモダンスパニッシュを堪能できる大人のための空間だ。

『BIKiNi SIS六本木ヒルズ店』がパーティープランを用意したのは、今季が初めて。というのも、シェフ自らによるスペイン料理セミナーや、スペインワインセミナー、キャッシュオンデリバリーでタパスを用意するスペインナイトなど各種イベント開催を来年に控え、より多くの方々に『BIKiNi SIS』のテイストをトライアルしてほしいから。パーティープランは、10品にフリーフローが付いて¥6,500からと破格の設定。それでも出汁取りに多くの時間をかけるなど、普段とまったく変わらぬ味わいが楽しめる。

TEXT BY TAKASHI TSUCHIDA
PHOTO BY TAKUYA SUZUKI

BIKiNi SIS 六本木ヒルズ店(ビキニ シス ロッポンギヒルズテン) 住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウエストウォーク5F 電話 03-5770-5230 営業時間 11:00〜23:00、アイドルタイム15:30〜17:00(平日)、16:30〜17:00(土曜・日曜・祝日) 定休日 無休 ※クレジットカード使用可 ※フリードリンク(120分制、20分前L.O.)付きパーティプランは、4名以上で¥6,500または¥8,000の2種類を用意 ※価格は税込

② スペインバルでパエリアを囲み、2019年を締めくくる
——AOYAMA TORO(アオヤマ トロ)

1219_spain_g2-1
1/5店内のスライサーでカットする「ハモン・イベリコ」は、口の中に入れるととろけるような食感。
1219_spain_g2-2
2/5蝦夷鹿のローストは、新鮮な蝦夷鹿の表面をフライパンで焼いてからオーブンでじっくりと火入れした料理。¥6,000のコースに付く。単品では写真の150gで ¥1,980、300gで¥3,800。
1219_spain_g2-3
3/5海老、アサリ、ムール貝、イカ、チキンが入った「ミックスパエリア」(写真は4人前)。魚介の出汁と肉の旨味が米にしみ込んだ、誰にも好まれる豪華な一品。
1219_spain_g2-4
4/5スペインのタイルで彩られた店内。日曜日にはフラメンコショーを開催する日もある。スケジュールはHPで確認を。
1219_spain_g2-5
5/5「現地で学んだ本場のパエリアを是非ご賞味ください」と、店長の谷島一生さん。

青山の骨董通りで10年営業したスペインバルが、2019年8月、表参道駅からアクセスのいい場所に移転。店内は、木がふんだんに使われ、スペインテイストのタイルが散りばめられたおしゃれな内装に仕上がっている。店名の『トロ』とは、カスティーリャにある村の名前だ。

こちらは、主にスペイン内陸部の料理が中心で、現地から輸入した食材も使い、本場の味を再現する。パエリアは人気の「魚介のパエリア」をはじめ、ミックス、イカスミ、鶏肉や兎肉が入った「バレンシアーナ」など。現地直送の「ハモン・イベリコ」は、スペインワインや自家製サングリアに合わせて楽しみたい。 

年末年始、仲間との忘年会や新年会にお勧めの「スペイン特別コース」(9品、2時間飲み放題付きL.O.90分)は、スペインの生ハム「ハモン・イベリコ」、スペインオムレツ、本日の魚介のアヒージョ、鮮魚のカルパッチョ、新鮮野菜のエスカリバーダ、ハチノスのトマト煮込み、蝦夷鹿のロースト、本日のパエリア、バニラアイスで¥6,000。8品で ¥5,000のコース、かなりお得な女子会パエリアコース¥3,000もある。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY HISAKO HAGI(NDPP.)

AOYAMA TORO(アオヤマ トロ) 住所 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ ポルト青山B1F 電話 03-6450-6018 営業時間 ランチ11:45〜14:30(L.O.14:00)/ディナー 17:30〜23:00(L.O.22:00) 定休日 無休 ※カード使用可 ※価格は税別 ※忘年会・新年会にお勧めのコースの予約は4名から、3日前までに要予約

③ 本場の味を再現したスペインバルで賑やかな忘年会を
——FERMiNTXO BOCA(フェルミンチョ・ボカ)

1219_spain_g3-1
1/6「タパス&パエリアパーティーコース」で供される「魚介のパエリア」。ムール貝、アサリ、イカ、エビの入った伝統的なパエリア。
1219_spain_g3-2
2/6同じくパーティーコースで出る「牛肉のロース」は、牛もも肉をシンプルにローストした食べ応えのある一品。
1219_spain_g3-3
3/6スペイン各地から集めたワインが揃う。ボトルは¥3,000台からと良心的。
1219_spain_g3-4
4/6店内にはテーブル席とカウンター席がある。忘年会には早めにテーブル席を予約して。
1219_spain_g3-5
5/6スペインにちなんだ小物などが置かれた店内。カウンターの上にはスペイン国内のマップも。
1219_spain_g3-6
6/6気軽に立ち寄れる雰囲気のお店。忘年会や新年会以外でも、同僚との飲み会、女子会、ひとり飲みにもお勧め。

スペインで修業した作元慎哉シェフが営む、西麻布『フルミンチョ』の2号店。スペインのバスク地方で研鑽を積んだシェフ監修で、本場のボカディージョ(スペイン風サンドイッチ)やタパスを提供している。もちろんみんなでシェアしたい魚介やイカスミのパエリアもある。

スペイン産の生ハムや種類豊富なワインも見逃せない。忘年会や新年会にお勧めのコースは、「タパス&パエリアパーティーコース」。オードブル4品、本日のアヒージョ、牛肉のロースト、魚介のパエリアに、スパークリングワイン、赤・白ワイン、ハイボール、カクテル各種、ソフトドリンク各種120分飲み放題付き(L.O.30分前)で1名 ¥5,500(3名〜25名、1月31日まで)と大変お得な内容だ。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY FUMIAKI ISHIWATA(NDPP.)

FERMiNTXO BOCA(フェルミンチョ・ボカ) 住所 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー1F 電話 03-6426-5760 営業時間 ランチ11:00〜14:30(L.O.14:00)/ディナー17:00〜23:00(L.O.22:00)、土曜17:00〜22:00(L.O.21:00) 定休日 日曜・祝日 ※クレジットカード使用可 ※価格は税込 ※パーティーコースは2日前までに要予約 

RECOMMENDED