best christmas dinner in tokyo

ふたりで15,000円以内のMerry Christmas! お得で想い出に残るクリスマスディナー

今年のクリスマスディナーはどうします? これ、毎年悩みのタネではありますが、特別な人のためにお店選びができる絶好の機会でもあります。ここでは、ふたりで15,000円以下とコストパフォーマンスも良くて、きっと喜ばれる、大満足のお店3軒を紹介します。

EDIT BY TM EVOLUTION.INC

❶ ドイツ料理店のジビエで華やかなディナーを
——シュペッツレ カフェ&ワイン@表参道ヒルズ

1204_dinner_g1-1
1/8「生モッツァレラ・カラフルトマトのカプレーゼ風 ドイツ産生ハムを添えて」¥1,900。生クリームの入ったイタリア直送のブラータチーズを使用。味の濃いトマト、塩気の効いた生ハムと一緒に、ドイツワインで乾杯!
1204_dinner_g1-2
2/8「大海老のトマトクリームソース」¥2,300。店名にもなっているドイツのパスタ「シュペッツレ」を使っている。海老の出汁にトマトソースと生クリームを和えたソースは、パスタと絶妙にマッチする。
1204_dinner_g1-3
3/8「蝦夷鹿のポワレ ベリーのソース」。クリスマスコースの中の一品。鹿もも肉の中でも特に柔らかい中心部分を使ったステーキは、クセもなく上品で軽い口当たり。ベリー入り赤ワインソースと紅玉のソースで、酸味と甘さが加わり、より美味しくいただける。
1204_dinner_g1-4
4/8休憩時間なく営業しているので、ランチ、お茶、ディナー、バーと様々な使い方が出来る。クリスマス期間以外でも、知っておくと便利なお店。
1204_dinner_g1-5
5/8奥の壁際は、クッションが並べられた寛ぎのソファー席。バー利用ならこちらでゆっくりと。
1204_dinner_g1-6
6/8クリスマス期間はクリスマス特別ディナーコースがあるが、その他通常のメニューも注文できる。
1204_dinner_g1-7
7/8アラカルトメニューのほか、グループで訪れる時に利用したい飲み放題プランなどもある。
1204_dinner_g1-8
8/8シェフの塚本哲也さん。「クリスマスはジビエをはじめ、いつもより豪華な食材を使ったコースをご用意しています」

ドイツのワインやスパークリングワイン、クラフトビールを取り揃えた、ドイツ伝統料理を供するレストラン。店名の“シュペッツレ”とは、ドイツやオーストリア、アルザス地方で食べられている柔らかい卵麺の一種。4センチほどでソースとも絡みやすく、手作りのモチモチとした食感を味わえるのが特徴だ。

このシーズンはツリーが飾られて、カラフルなインテリアが映える店内。クリスマスディナーには冬場ならではのジビエや、オマール海老を盛り込んだ特別コースを用意。蝦夷鹿のポワレは、その新鮮さが味わえるレア状態の火入れがなされ、フルーツ系のソースが味をより引き立てる。ドイツ発祥の発酵菓子シュトーレンのデザートもこの時期ならではの楽しみだ。

今年のクリスマスコースは、「魚介の冷菜3種盛り合わせ」、「北海道産ウニの冷製フラン」、「フォアグラのソテー」、「オマール海老のシュペッツレ」、「カイザーゼンメル(ドイツのパン)」、「蝦夷鹿のポワレ ベリーのソース」、「シュトーレンにアイスを添えて」の7品の予定。1名¥7,000。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY SHO KATO(NDPP.)

シュペッツレ カフェ&ワイン 住所 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館B3F 電話 03-5775-1941 営業時間 11:00〜23:00(L.O.22:00)、日曜 11:00〜22:00(L.O.21:00) 定休日 無休 ※クレジットカード使用可 ※価格は税別 ※クリスマスコースは12月21日から25日まで。要予約

❷ シンプルな野菜&肉料理と共に賑やかなクリスマスを
——LONGING HOUSE(ロンギングハウス)

1204_dinner_g2-1_0
1/8「元気な野菜たちのバーニャカウダ」¥1,980。お店の看板メニューであるバー二ャカウダは信州味噌ソースとアンチョビのソースの2種を用意。生食できる椎茸など珍しい野菜も入る。冬場はレンコンなどの根菜も美味。
1204_dinner_g2-2_0
2/8ランチタイムにはメインを選べて、サラダビュッフェと1ドリンクが付く。
1204_dinner_g2-3_0
3/8「魚介と野菜のパエリア」¥1,680。米が柔らかめに炊き上げられる、スペイン現地のものに近いパエリア。カニ、エビ、ムール貝、レンコン、トマト、ブロッコリーなどが入り、魚介と野菜の出汁がしっかりと米に染み込んでいる。
1204_dinner_g2-4_0
4/8「蓼科牛のタリアータ」300g ¥5,500(小は¥2,780)。タリアータとは、イタリア語で「タリアーレ=薄く切る」が語源の、塊で焼いた牛肉をスライスしたイタリア北部の伝統料理。部位はランプとイチボを使い、中はレアに仕上げてあるからとても柔らかい食感。赤ワインに合うメインディッシュ。
1204_dinner_g2-5_0
5/8女性好みの可愛らしいインテリア。自宅のインテリアの参考にしたいディスプレイが多数あるので、是非チェックしてみて。
1204_dinner_g2-6_0
6/8入り口左手のデッキにはテラス席がある。日曜限定でアフタヌーンティーセットを提供。¥2,480
1204_dinner_g2-7_0
7/8ボトルワインは ¥3,200〜¥19,850で、予算に応じて選べる。樽生スパークリングを含む14種類以上から選べるワインビュッフェ¥1,490(チャージ1名¥400、45分間の時間制限あり)というお得なサービスも。
1204_dinner_g2-8_0
8/8「表参道駅から近いアクセスのいいダイニングで、クリスマスや忘年会などに仲間と楽しめるメニューを揃えています」と、店長の古賀夕里絵さん。

クリスマス期間中は、特別クリスマスプランを用意。コースは料理の内容が異なる3種類で、1名¥4,800、¥5,800、¥6,800。こちらは全てに赤・白ワイン、樽生スパークリング、ビールやカクテルなど2時間の飲み放題が付く。さらにクリスマスプランにはこの飲み放題に加え、モエ・シャンドンのインペリアルをグラス1杯、¥6,800のコースには、なんとハーフボトルをサービス!(3名以上)

もちろん、そんなお得なサービスがあるだけでなく、吟味した食材を使った料理の数々も秀逸。軽井沢のホテルを運営する会社が経営しているので、野菜は軽井沢を中心に全国から選りすぐりものが集結。一番人気の「野菜のバーニャカウダ」は季節ごとに野菜が入れ替わり、旬の滋味が存分に楽しめる。

また、蓼科から仕入れる放牧牛を使った自慢の「タリアータ」は、赤身肉本来の味が際立つ逸品。魚介と野菜のパエリアは誰にも好まれる締めのご馳走だ。カップルはもちろん、気のおけない仲間や女子会で、賑やかに過ごすクリスマスにお勧めしたい。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY FUMIAKI ISHIWATA(NDPP.)

LONGING HOUSE(ロンギングハウス) 住所 東京都港区北青山3-9-10 瀬川ビル1F 電話 03-6433-5808 営業時間 ランチ11:30〜15:00(L.O.14:30)/ディナー17:00〜23:00( L.O.22:00)、土曜・日曜 11:30〜22:00(L.O.21:30) 定休日 不定休 ※クレジットカード使用可 ※価格は税別 ※クリスマスコースは12月13日〜25日の提供。要予約

❸ ボリュームたっぷりのメニューを楽しくシェア
——KNOCK六本木本店(ノック ロッポンギホンテン)

1204_dinner_g3-1
1/9敢えて焦がした香ばしいレーズンパンが、マスカルポーネとゴルゴンゾーラにぴったり! 『KNOCK』の名物ひと皿「マスカルポーネとこんがりレーズンパネ・パンナ」¥1,100。
1204_dinner_g3-2
2/9ケール、ほうれん草、ハーブで葉物の野菜をたっぷりと! ベジタリアンの方々もOKな「菜食主義!! ケールとハーブで“グリーン・グリーン・サラダ”」¥1,600。
1204_dinner_g3-3
3/9「厳選トマトとモッツァレラのカプレーゼ」¥1,600は、北海道のチーズ工房「白糠酪恵舎」から取り寄せたミルキーで柔らかなモッツァレラを丸ごと提供。高知産のカラフルなミニトマトと一緒に。
1204_dinner_g3-4
4/9ひと皿にカラフルなミニトマトがこれでもかとのった「厳選トマトが美味いから!」¥1,400。火入れしたトマトの甘みを生かし、自家製トマトソースで和えた『KNOCK』の看板メニュー。
1204_dinner_g3-5
5/9スライスしたいちじくの優しい甘みと、クリームソースの中に溶け込んだゴルゴンゾーラの塩気が絶妙なバランス。「季節のフルーツ“ゴルゴンゾーラクリーム”」¥1,400。
1204_dinner_g3-6
6/9フワフワの軽やかなクリームにイタリア・ピエモンテ州のヘーゼルナッツのペースト入りチョコをプラス。こちらのデザートもシェアOK。「ジャンドゥヤとヘーゼルナッツの【ティラミス】」¥800。
1204_dinner_g3-7
7/9約70席の店舗内には、賑やかなメインホールとは仕切られたCOZYな独立エリアもある。落ち着いて話をしたい時にはこちらがお勧め。
1204_dinner_g3-8
8/9まるで友人の家を訪れているかのような空間デザイン。肩肘張らないイタリアンという『KNOCK』のコンセプトが貫かれている。
1204_dinner_g3-9
9/9総料理長の梶原政之さん。「クリスマスシーズン用に限定メニューも登場予定ですが、期間中も通常メニューを同時提供しています。いつもと変わらず、気軽にいらしてください」

ここ『KNOCK六本木本店』は、2011年冬に誕生。現在までおよそ8年が経過する中で、『KNOCK』は都内に4店舗を構える人気イタリアンレストランへと成長した。この店は、北イタリア・ピエモンテ州の星付きレストランで修業を積んだ総料理長の梶原政之さんが、本場イタリアの食堂の如く、若いカップルやファミリー、年配の方々や友人同士のグループもいて、ひとつのお店に様々なシチュエーションのゲストが集まり、料理とワインを楽しむ、賑やかな空間をイメージして生まれた。

山々に囲まれたピエモンテ州の料理は、チーズ、ナッツ、ドライフルーツ、きのこ類、お肉が主な食材。したがってガッツリとした肉料理が中心となるかと思いきや、産地直送野菜を用いた新鮮なサラダ類も得意なのが『KNOCK』らしさだ。さらに力を入れているのがパスタメニューであり、全店舗を合計すると1,000メニューを開発済みとか。気取らないクリスマスディナーなら、『KNOCK』のパスタを想い出にしてみては?

TEXT BY TAKASHI TSUCHIDA
PHOTO BY SHIGEYASU GUSHIMA

KNOCK六本木本店(ノック ロッポンギホンテン) 住所 東京都港区西麻布3-2-11 第2谷澤ビル1F 電話 03-3478-8220 営業時間 平日12:00〜15:00(L.O.14:00)/18:00〜23:00(L.O.22:00)、土曜・日曜・祝日12:00〜22:00(L.O.21:00) 定休日 無休 ※クレジットカード、交通系電子マネー、iD使用可 ※価格は税別 ※要予約

RECOMMENDED