FEEL LIKE TRAVELING THE WORLD? TRY THESE 3 RESTAURANTS

これはもう海外! 10連休、東京のレストランで旅する気分

もうすぐ待望の大型連休がやってきます。けれど、どこに行くのもお高めだし混んでるし……。ならば、東京に居ながらにして海外旅行気分を満喫できるこんな場所へ。料理も雰囲気も現地そのまま、初めて出会う希少なレストランへ旅しましょう。

EDIT BY TM EVOLUTION.INC

❶ 温もりのある店内でいただく北欧の家庭料理
——Lilla Dalarna(リラ・ダーラナ)

2019lilla001
1/7レモンと砂糖で漬けたエルダーフラワーで、ノルウェー産のスモークサーモンをマリネした、「北欧の春を感じる前菜。」¥1,200。
2019lilla002
2/7北欧料理の定番、ミートボール。合挽き肉で作ったミートボールに合わせたのは、「ブラウンソースと甘酸っぱいリンゴンベリー。」¥1,600。
2019lilla003
3/7オリジナルメニューの、「チキンオバジン 米ナスとチキンのアンチョビ添えグラタン」¥1,600。チキンのクリーム煮と焼いた米ナスにアンチョビを効かせて。
2019lilla004
4/7北欧のテキスタイルが温もりを感じさせる。インテリアに凝る北欧の人たちをお手本にした店内には、ゆったりとした心地良さが漂う。
2019lilla005
5/7テーブルを飾るランプや雑貨も北欧のもの。現地の家庭に招かれたような雰囲気で料理を楽しめる。
2019lilla006
6/7店名のダーラナとは、湖や森の美しい自然があり、古き良き伝統が守られているスウェーデンの地方の名称。北欧の原風景であり、シェフの心の故郷だそうだ。
2019lilla007
7/7北欧料理のエキスパートとして数々のお料理を提供する遠藤芳男シェフ。

北欧の魅力は、デザインやインテリア、家具だけではない。厳しい自然環境の中で北欧の人々が育んできた、素朴ながらも奥が深く、季節の食材を大切にしてきた料理には、食べることへの喜びや感謝がある。そんな北欧の家庭料理をいただけるのが『リラ・ダーラナ』だ。

「スウェーデン料理を中心に伝統的な北欧料理を食べていただきたい、という思いから始まったお店です。そのためメニューはほぼ変えずに、同じ味を守っています」というのは25年間、北欧料理を極めてきた遠藤芳男シェフ。定番の食材は、ジャガイモやノルウェーサーモン、ニシンなど。料理はどれも素材の良さが生かされていて、心も和む味わい。「中でも代表的な料理がミートボールで、リンゴンベリー(こけももの実)ソースは欠かせません」と遠藤シェフが言う通り、ミートボールと爽やかな甘みのリンゴンベリーソースの組み合わせは意外な美味しさだ。

こうした料理をいただくのは、木のぬくもりが感じられるスウェーデンの田舎家のような店内。「北欧には、料理をいただく食卓を美しく整える文化があります。そういうものも一緒に感じてほしいですね」。

TEXT BY REIKO HISASHIMA
PHOTO BY YUJI YAMAZAKI(DAISAKU NISHIMIYA OFFICE)

Lilla Dalarna(リラ・ダーラナ)

Lilla Dalarna(リラ・ダーラナ) 住所 東京都港区六本木6-2-7 ダイカンビル2F 電話 03-3478-4690 営業時間 11:30〜15:00/18:00〜23:00 定休日 日曜・祝日 ※予約可 ※カード使用可 ※価格は税別

❷ 現地の味を忠実に再現する、稀有なアフリカ料理店
——AFRICAN HOME TOUCH(アフリカンホームタッチ)

2019african001
1/6「フフ」¥1,000。主にキャッサバ、ヤムイモ、タロイモなどをついて作られた“お餅”のようなもの。カレーやスープにつけて食す。
2019african002
2/6「ピーナッツカレーライス」¥1,500。にんじん、トマト、オニオン、マトンをピーナッツバターソースで煮込んだもの。
2019african003
3/6「オクラシチュー」¥1,500。アフリカ料理によく使われるオクラを、パームオイル香るスープに。
2019african004
4/6様々な国のアフリカビールが揃う。スモールボトル¥700~、ラージボトル¥1,200~。
2019african005
5/6現地を彷彿させる、カラフルなアフリカンテキスタイルが店内の随所に配されている。
2019african006
6/6ガーナ人のシェフ、グラディスさん。彼女の手による家庭的な味は、在日アフリカンはもちろん、日本人をも魅了してやまない。

店内に足を踏み入れた途端、芳しき香辛料やマトンの香りが鼻孔を刺激する。こちらは、六本木ロアビル前にひっそりと居を構えるレストラン『アフリカンホームタッチ』。ガーナ人の女性シェフ、グラディスさんが腕を揮うアフリカ料理店だ。ゲストの大半は、来日中のアフリカン。そんな、現地さながらの味とムードを求め、日本人のエスニックファンも多く訪れる。

古くより、アフリカ大陸では地産地消を体現する、地場産の果物や穀類、野菜、放牧で生み出されるミルクや肉を中心に食生活を送ってきた。時を経て、シェフの故郷であるガーナなど西アフリカの国々では、ローマ帝国やイスラム文化、アメリカ大陸の影響を受け、独自の食文化を培っていく。この店でも、そんなアフリカの歴史が垣間見える、家庭的でありながらもどこか洗練された、個性溢れる品々が供される。

ドリンクも豊富で、アフリカ直輸入のビール、アフリカンワインなどが多数揃えられている。店内もアフリカ独特のカラフルなデザインが施されたテキスタイルに包まれており、本場さながらの雰囲気に浸ることが出来るだろう。10連休のひと時、六本木で、はるか彼方への旅気分を味わってみてはいかがだろうか。

TEXT BY KAZUHIDE TAIRA
PHOTO BY MUTSU KIYOSAWA

AFRICAN HOME TOUCH(アフリカンホームタッチ)

AFRICAN HOME TOUCH(アフリカンホームタッチ) 住所 東京都港区六本木3-15-22 陽光セントラル六本木ビル3F 電話 03-6447-0116 営業時間 11:30~L.O.22:00(金曜11:00~L.O.翌5: 00、土曜18:00~L.O.翌5:00) 定休日 日曜 ※カード使用可 ※価格は税込

❸ ハワイアンミュージックを聴きながら無国籍料理を
——Sashimi & Grill HALEKAI’S ROPPOMGI( ハレカイズ 六本木店)

hale201901
1/6「奄美産生本マグロのポキスタイル刺身 刻みわさびとうに風味の黄身醤油」¥1,480。うにを入れた自家製の黄身醤油を新鮮な本マグロにかけ、刻んだワサビと海藻、ネギと合わせて。マグロのトロトロとした食感とワサビやネギのシャキシャキした食感のハーモニーが楽しめる。
hale201902
2/6「イクラと蟹をのせたうに風味のクリームパスタ」¥1,900(写真は生うにトッピングで追加¥600)。海鮮をたっぷりとのせた贅沢なスパゲティー。周りに散らした七味をつけるとまた違った味わいになる。
hale201903
3/6「特選牛ハラミステーキ 茹で野菜とピリ辛胡麻味噌ソース」¥1,800。フライパンで焼き色をつけた後にオーブンで火を通した牛ハラミは、ナイフが不要なほど柔らかい。茹でたキャベツともやし、ピリ辛胡麻味噌でさっぱりといただける。
hale201904
4/6バーカウンターもあり、飲み物はソフトドリンク、ビール、ワイン、シャンパン、酎ハイ&サワー、果実酒、日本酒、焼酎、ウイスキーなど幅広い品揃え。特に日本酒と焼酎はオーナーがこだわってセレクトしている。
hale201905
5/6店内には緩やかなハワイアンミュージックが流れ、心地いい雰囲気。晴れた日にはテラス席で飲むのも気持ちいい。
hale201906
6/6この六本木店と西麻布店のオーナーシェフである宮島孝信さん。和食店で10年、ハワイアン料理の『ロイズ』にてエグゼクティブとして6年間活躍、1号店である西麻布店を2002年に開店。現在は7年前に開いた六本木店を切り盛りする。

和食、中華、アメリカ、フランス、イタリアなど様々な国の料理が融合するハワイアン料理。こちらは、そのハワイのエッセンスを取り入れた独創的な無国籍料理を楽しめる店。特に豊洲市場を通じて仕入れる全国の魚を使った刺身料理に力を入れており、和食の刺身とは解釈を変えて、オリジナルのソースを合わせた洋風スタイルで供される。日本酒はもちろんワインやシャンパンにも合いそうだ。

メニューは魚介に加えて、いろいろな前菜とサラダ、肉類のグリル料理、ご飯と麺料理など幅広い品揃えで、どんなメンバーと行っても、誰もが好きな料理が見つかるだろう。子供が食べやすい鮭ご飯やイクラご飯もあるので、週末は家族連れも多いという。

開放的なテラス席にはテーブル席のほか、中にソファを置いたテント席がある。こちらは予約が必要だが、都心にありながら家族や仲間でキャンプ気分を楽しめそうだ。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY SHO KATO(DAISAKU NISHIMIYA OFFICE)

Sashimi&Grill HALEKAI’S ROPPOMGI(ハレカイズ六本木店)

Sashimi&Grill HALEKAI’S ROPPOMGI(ハレカイズ六本木店) 住所 東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ仙石山森タワーB1F 電話 03-3560-8012 営業時間 17:30〜23:00(L.O.22:00) 定休日 日曜・祝日(ゴールデンウィークの営業日は4月30日、5月1日、2日) ※カード使用可 ※価格は税別 ※2週間前から予約可能

RECOMMENDED