INSTANT FLOW #24

美味しいものは美味しい——藤原ヒロシの連載「INSTANT FLOW」#24

今回は美味しんぼヒロシが絶好調。いつもと言えばいつもですけど。 Instagram の謎の部分を掘り下げ取材する連載の第24回! 2019年3月後半にポストされた画像からお届けします。

INSTAGRAM & TALK BY HIROSHI FUJIWARA
TEXT BY HF WATCHING COMMITTEE (HWC)

3月18日——まさかのフルパウダー

3月中旬というのにThe dayなコンディション。すごいパウダー!! しかも晴れてる。「この日はまあまあ気温高かったけど、北斜面の雪はこんな状態。前夜に30cmくらい積もったんです」(hf) スノボは、迷ったら行け、ですね。

3月19日——良い撮影だった

「操上和美さん、84歳なんですって」(hf) ぬー!「操上さんがカメラマンになった頃って、ファッションフォトグラファーというジャンルはまだ確立されてなかったじゃないですか。だからなんでやろうと思ったのか、という話を聞きました」(hf) この時は何の撮影ですか?「『GQ』です。一回ちゃんと取材したい」(hf) しましょう。次回(いつか)ここでスペシャル対談やりましょう。

3月19日——眺めの良い部屋

「アラキくんの事務所から代々木公園方面を。渋谷公会堂ですね。渋公がマガジンハウス社屋みたいな薄〜いピンクになってた」(hf) C.C.レモンホールではなくなったんでしたっけ?「終わったでしょ? ところで個人のネーミングライツって売れるんですかね? 2年間、✖️✖️ヒロシでいきま〜す!! みたいに」(hf)✖️✖️部分は内緒。

3月19日——Tシャツみたいなブリオッシュ

「すぐそこです。『ル・ショコラ・アラン・デュカス』。うちから一番近いカフェがこのアランデュカスなんです!」(hf)今、僕オシャレなこと言ってますっていう顔しましたね。「そう。僕の家から一番近いカフェがアランデュカスなんだよねえ」(hf) 2回目。ちなみに、ヒロシさんが召し上がったのは、「ブリオッシュ・オ・ショコラ・トステ」¥600なり。

3月20日——ショーゴ ニューマン

袖口に春を感じました。「そうですか?」(hf) このシリーズ、微妙に時計以外の部分が変化してますからね。

3月20日——銀座路地裏ひっそりコンビニ。こういうの好き

銀座なんですか?「そうなんです。銀座の路地裏に。約束より早く着いたので、散歩してたら見つけたんです。めちゃくちゃ狭い路地裏で、品数は厳選されてる感じ。体調悪いしユンケル的なものがあるかな?と思って入ったんだけど、そういうものは一切なかった。面白かったです。路地裏迷い込み系」(hf) ちなみにここは、銀座マロニエ通りと松屋通りの間、ハゲ天、煉瓦亭の近く。正式名称は「マーブル」といいます。朝7時からやっています。

3月20日——ふじやま de ふじやま

「この時はまだオープンしてなかったのかな? 京都の『和久傳(わくでん)』で20年料理長をしていた藤山貴朗さんが、東京・銀座に店を出したんです。美味しかった! 僕、生まれて初めて行った高級懐石が『和久傳』だったんです」(hf) おやまあ。「その時若女将と仲良くなって、 20年来の友達。写真はこのわたとタケノコです。このわたはナマコの内臓? それはこのこ?」(hf) あの子? 調べてみたら、このわた(海鼠腸)は、ナマコの内臓の塩辛で、くちこはナマコの生殖巣。このこはそれを干して乾物にしたもの。で、どれだったんですか? もう聞いてませんね。

「これはへしこ」(hf) 青魚を塩漬けにして、糠漬けにしたやつですね。「そうそう」(hf) いろんなこがいるけど、これは大人のこ。何言ってるかわかりますか。

3月20日 大きい段ボールから出てきたのは、@dior @kaws 君!

「ディオールから大きい段ボールが届いて、中からこれが出てきました」(hf) いらなくなったらいつでも言ってください。すぐ取りに行きます。「オークションで500万円だそうですよ」(hf) ひええええええええええええ!

3月22日——Tシャツ日和 TOKYO

イヤーピースを変えたんですね。「イヤホンの右と左って重要なんですよ。たまに逆に着けてしまうことがあって。だから右は赤にしてみたり」(hf) 色違いにすれば一目瞭然ですものね。あの小さいRとかLを、読める世代はいいですけど。「世の中には右と左を気にしない人が結構いるみたい。左右逆で聞いてる。それって全然違う音になっちゃうんですけどね」(hf) 気にならないってすごい。今日2回目くらいにものすごくびっくりしました。

3月25日——#50bestrestaurants 明日

「マカオで行われた『アジアのベストレストラン50』の授賞式に行ってきました。ホテルの部屋に全部チョコレートの置物が届いていました」(hf) 食べられるんですか?「食べなかったけどね」(hf) ウェルカムドリンク的な。トロフィーらしいです。思い切った演出。

3月25日——夕飯前のキングコング

「マカオのレストランです」(hf)「ディズニーランドっぽい演出で、ごはんを食べてると10分に1回くらいこういう寸劇が始まるんです。魔法使いが飛んだり。これは窓の外にコング来ました……キャーみたいな瞬間」(hf) レストランエンターテイメントがすごいことになってるんですね。「マカオそのものが、すごいことになってる」(hf) マカオの5つ星ホテル「ウィン パレス」の「SWステーキハウス」でした。

3月25日——クリスタル ブレッド

「オリバー・ペーニャって人の料理です。彼がマカオに来て、料理をしたという」(hf) ペーニャ、来澳門(マカオ)。これ何でできてるんですか。「トリュフのトーストなんだけど、クリスタルブレッドって名前で、何でできてるかはわからない」(hf) ふかふかしてる?「そうそう。中は透けてる」(hf) 常温?「そう。冷たいわけじゃない」(hf) 見てもわからない、聞いてもわからない。きっと食べてもわからない。



これは(上)けちんぼさんのお料理ですか?「すべて同じ人のです。いつからか、こんな風に端っこにのっけたりするの流行ってますよね。こっち(左側)に半分あって、こっち(右側)にちょちょってソースがあってとか。これは究極ですけど」(hf) これ以上はないミニマリズム。ある意味バブル。ケチバブル。「クロワッサンも皮だけ。パリパリしてて美味しかったです」(hf) これ(下)は?「バナナジュース。フォアグラだけど、濃茶の部分がバナナジュースなんですって。バナナって味が濃くなると茶色くなる。そういう感じなんですかね」(hf) バルセロナ出身のシェフ、オリバー・ペーニャの料理から、でした。

3月26日——4人で8本。最高の腕8本

「エイトハンズディナーです。福岡『ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ』の福山剛さん、東京『傳』の長谷川在佑さん、大阪『ラ・シーム』の高田裕介さんと、東京『フロリレージュ』の川手寛康さん」(hf) すごーい!! いつもながらパーフェクトな記憶力。さぞかしものすごいディナーだったのでしょうね。「ちっちゃな前菜4つと、ちっちゃなメイン4つで、4人全員の料理が食べられるというディナー。めっちゃ美味しかったです。やっぱね、料理界は日本人がすごいと思います」(hf)

「これがエイトハンズディナーの説明ですね」(hf) 永利客席→この席は 日本名厨八手→日本の名シェフ8手(4人) 聯乘→コラボ 饗宴→おもてなしディナー って感じですかね。

その一皿。「『ラシーム』のコレ、すごい美味しかった。ふきのとうのタルト。前菜です」(hf) このゴマも全部食べるんですか?「食べないやつだと思いますけど」(hf) こんなに食べたら歯が大変なことになりますもんね。

「『傳』に行くと出てくる、フォアグラ最中」(hf) いぶりがっこと柿?「と、フォアグラです」(hf) 想像できるような。できないような。「料理の話ばっかでつまんないですね」(hf) つまんなくないです。共感しにくいだけです。面白いんです。

「『ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ』の……何かは忘れましたけどお魚の昆布締めです」(hf) 当然美味しかったのでしょうけど、その前にこの3Dなビジュアルに感動したということですね。

「まんべんなくみんなの料理をアップしてます。これは『フロリレージュ』の冷たいスープ。デザートですね。モネの睡蓮的デザート」(hf) なんか楽しそうですね、みなさん。ヒロシさんも。うふふふ。

3月26日——みんなボンバイエ。みんなアントニオ猪木

「オンタイムで授賞式の模様をレポートしていたんだけど、最終的に全員アントニオ猪木になったという」(hf) はっはっはっはっは。ボンバイエ。炎のファイターが聞こえてきそう。「今年は『傳』が1位になるって予想されてたんですけど、結果はシンガポールの『オデット』だったのでちょっとびっくり」(hf) っていうか、全部行ったことあるっていうヒロシさんにびっくり。

3月26日——LEICA事件

「『ライカ』いま、中国で大変なことになってる。知ってますか?」(hf) なんですか?「天安門の事件の映像を使って『ライカ』のプロモーションムービーを誰かが作ったんです。ムービーの最後にロゴが出るんですけど、中国政府の反感をかった」(hf)「ライカ」のフィルム動画が中国の逆鱗に触れ、SNSから「ライカ」という単語が消されたとニュースに出てますね。YouTubeに動画あがってます。

3月26日——ザハ仕事

「マカオにモーフィアスってビル(ホテル)があるんです。ザハ・ハディドのデザインで、めっちゃお金かかってる。内装もザハなんですよ」(hf) ザハもすごいが、マカオもすごいって話ですね。「掃除……、大変だろうなって思って」(hf) メンテ費もハンパなし。作った人と同じくらいお掃除する人えらい。

3月26日——アートバーゼル香港

「アート・バーゼル香港でアートについてのトークショーがありました」(hf) ハンス・ウルリッヒ・オブリストさんと何を話したんですか?「アートとファッション、今後のアートについて。ハンスって有名なキュレーターなんです。イギリスに住んでるドイツ人」(hf) 世界で最も影響力のあるキュレーターと言われてますよね。世界で最も影響力ある人対決。

3月29日——つけびの村、書籍化決定。きちんと本で読みたかったので嬉しい

つけびって、火をつけるって意味なんですね!山口連続放火殺人事件!「そう。そういう事件があって、そのルポみたいなやつです」(hf) ものすごいレベルで興味あります。怖い?「友達に聞くまで事件すら知らなかったんですけど、現代の八つ墓村に近い」(hf)“貞森さんの家が、真っ赤っかになっとる!” のどかに怖い表現ですね。「今の読み方だと、まんが日本昔ばなしみたいですけどね」(hf)

3月29日——THE HONG KONG

「ザ・香港みたいな」(hf) こういうところ、まだ残ってるんですね。「九龍城砦はもうないけど、それに近いようなところは残ってる」(hf)

「香港の(たぶん)主婦ですね。サンバイザーして青空カードゲーム」(hf)

3月29日——nigo見にきた

「サザビーズのNIGOオークション。ちょうどプレビューやってたんで、行きました。総額は○億になったという」(hf) すごいなあ。「ほとんど『KAWS』、高値なものは1点で○億」(hf) すごすぎてお伝えできません。

3月29日——一度話を聞いてみたいな #kimiyomishima

三島喜美代さん。これ、セラミックなんですね。「いろんなものをいろんな素材で作っている人なんです。新聞の束をセラミックで、とか。なんでこういうことをずっとやってるのか不思議じゃないですか? アーティストってみんなそうだけど。話聞いてみたいなあ」(hf) うんうん。ヒロシさんが、なんでですか? って聞いてるのを聞いてみたいです。

3月29日——黒ピカチュウ

これ(写真)は本物なんですよね?「本物です」(hf) 当然ですよね。あ〜かわいいー♡ 超かわいいですね。4月6日に発売されたらしいですが、買えた人いらっしゃいますかー?

3月29日——食べたいデザートは絵を描いて我慢

「コースターの裏にイチゴパフェの絵を描いたんです」(hf) え、これヒロシ画?「そうですよ」(hf) ほんと? はじめて見ました。「描こうか?」(hf) はい!(描いてもらえませんでした)

3月29日——#rimowa

「いつも使ってるのが壊れたんで、新しくしました」(hf) これ、和名ついてるモデルですよね? 上がぱかっと開くやつ。「そうそう。舌切り雀みたいの。つづらです」(hf) プリントはご自分で?「ガンプリンターを持ってるんです」(hf / 2018 2/27参照)

profile

藤原ヒロシ|Hiroshi Fujiwara
1964年三重県生まれ。DJ、音楽プロデューサー、ファッションクリエイター。英米で触れたクラブ文化を80年代の日本に持ち込むなど、音楽とファッションの両軸で日本のストリートカルチャーを牽引。現在、デジタルメディア「Ring of Colour」を運営する。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。

RECOMMENDED