IKUKO’S METHOD

パワースニーカーに投資せよ——地曳いく子のおしゃれメソッド14

ファッションのご意見番ことスタイリスト地曳いく子さんが、独自の視点で切り込むオトナ女史のためのスタイル術「IKUKO’S METHOD」。今回のテーマは「ラグジュアリーなスニーカー」です。

STYLING BY IKUKO JIBIKI
PHOTO BY SHIN KIMURA
EDIT BY AKANE MAEKAWA

0425_ikuko_sub1
1/12展示会で見て一目惚れしたルイ・ヴィトンのスニーカー。”モノグラム”のデザインの取り入れ方も素晴らしく、ドレスとのコーディネートも新鮮でした。スニーカー¥129,000(ルイ・ヴィトン/六本木ヒルズけやき坂通り1F
0425_ikuko_sub12
2/12 近未来を感じさせるフォルムのインパクト。ヒールアップ効果もあり、もはや買ったもの勝ちの今季最強のパワースニーカー。スニーカー¥129,000(ルイ・ヴィトン/六本木ヒルズけやき坂通り1F
0425_ikuko_sub2
3/12グッチのアイコニックなビー(ハチ)とスターのエンブロイダリーが配されたスニーカー。シンプルなのに、足もとに漂うおしゃれ感は絶大です。スニーカー¥93,000(グッチ/六本木ヒルズウェストウォーク2F
0425_ikuko_sub3
4/12買った瞬間からヴィンテージ感を味わえるサンローランのスニーカー。履き古したスニーカーをおしゃれにこなしていたジェーン・バーキンを思い出します。ハイトップ スニーカー¥100,000(サンローラン/六本木ヒルズウェストウォーク2F
0425_ikuko_sub4
5/12ブランドのロゴがあしらわれた上質なカーフスキンレザーのスニーカー。スポーティで上品なデザインです。スニーカー¥74,000(ジュゼッペ ザノッティ/表参道ヒルズ本館 1F
0425_ikuko_sub5
6/12主張しすぎない丁度良い光沢感のシルバーがお上品なスニーカー。犬の散歩にさりげなく履いていたらおしゃれですよね。スニーカー¥59,000(サルヴァトーレ フェラガモ/六本木ヒルズけやき坂1F
0425_ikuko_sub6
7/12マックス可愛らしさをデコラティブに盛り込んだグッチのスニーカー。レースにリボンにクリスタル。これはもうスニーカー以上の存在。スニーカー¥101,000(グッチ/六本木ヒルズウェストウォーク2F
0425_ikuko_sub7
8/12スポーティな要素をエレガントにロマンティックに融合するヴァレンティノ。甲の開いたデザインが程よいアクセントに。ハイトップ スニーカー¥132,000(ヴァレンティノ/表参道ヒルズ本館1F、2F
0425_ikuko_sub8
9/12形はシンプル派だけどキラキラしたい人に。星型のグリッターが特別な輝きを放ちます。どんな服にも合わせやすく、メタルカラーでワンランク上のスタイリングを楽しめます。スニーカー¥72,000(ジミー チュウ/表参道ヒルズ本館 1F
0425_ikuko_sub9
10/12服がシンプルな色や柄なら足もとは存在感のあるパイソン柄で。スタイルのアクセントとしてはもちろん、プリント柄のためお手入れも簡単。デイリーのコーディネートにぜひ。スニーカー¥66,000(ジミー チュウ/表参道ヒルズ本館 1F
0425_ikuko_sub10
11/12スポーティなネオプレン製のスリッポンにクリスタルバーを付けモードへと昇華。このミックス感はさすがジュゼッペ ザノッティ。スニーカー¥128,000(ジュゼッペ ザノッティ/表参道ヒルズ本館 1F
0425_ikuko_sub11
12/12青山界隈のおしゃれな人がみんな履いているプラットフォームソールが特長的な「エリス」がスニーカーに。しなやかなステラのエコレザーには脱帽。スニーク エリス¥83,000(ステラ マッカートニー/六本木ヒルズウェストウォーク2F

ラグジュアリー系スニーカーは一味も二味も違います

私は長時間ヒールで無理をすると、足だけでなく頭までも痛くなってイライラが募り性格がかなり悪くなります(笑)。こんな時に頼りになるのがラグジュアリーブランドのスニーカー。いまやスニーカーはおしゃれアイテムの地位を確立していますが、今シーズンは定番やプレのスニーカーだけでなくメインのコレクションでも注目アイテムとしてラグジュアリーブランドから多く登場しています。もちろんスニーカーとしてはちょっとお値段が張りますが……。でも考えてみてください。アッパーが上質なレザーで歩きやすく、足もとに漂わすのは有無も言わせぬおしゃれ感。しかも毎日でも履けてしまえるコスパの良さ。もうこれだけ威張れれば価値ある投資ではないでしょうか。

地曳いく子がおすすめ
今投資すべきスニーカー

❶ 定番の形をデフォルメする進化系

定番の形を進化させたラグジュアリーなスニーカーが今シーズンは続々登場。デザインをデフォルメしたり、ヴィンテージ加工したりとパワーアップしています。トークショーなどで「スニーカーをどんな服に合わせたらいいですか?」という質問をよく受けますが、答えは「どんな服でもOK」です。今季はドレスにスニーカーなんてスタイルも登場しているぐらい世界的なトレンド。せっかくの投資物件なので、スカートでもパンツでも、トレンド席巻中の今こそ何にでもトライです。

❷ スポーティなだけじゃないキラキラ装飾系

スニーカーがトレンドだといっても、やっぱりスポーティなタイプは苦手という人もいるはず。でもご心配なく。フェミニンなグリッターものやアニマル柄など、エレガントで機能性もばっちりなカジュアル過ぎないラグジュアリー系スニーカーもあります。

❸ 脚長効果もあり!?な厚底デザイン

デコラティブに進化するデザインとともにヒールの高さも進化中。スニーカーなのに5cmヒールなんてものも。ウェッジソールは厚底のわりには重くもなく脚長効果も大。インソールの開発も進み、フラットなタイプでも3cmぐらいの高さがあるものも多いので、歩きやすいだけでなくさりげなくヒールアップもできてしまうのです。

 

profile

地曳いく子|Ikuko Jibiki
スタイリスト/1959年東京生まれ。数々のファッション誌で活躍し、そのキャリアは30年超えを誇る。数多くの女優のスタイリングも手がけ、大人の女性を美しくみせる的確な理論に基づくスタイリング術に定評を持つ。独特の語り口も魅力で、現在はテレビやラジオでのコメンテーターとしても活躍中。著書に『服を買うなら、捨てなさい』『着かた、生きかた』(ともに宝島社)など多数。最新作に『脱「若見え」の呪い “素敵なおばさま”のススメ』(マガジンハウス)。

RECOMMENDED