3 high grade yakiniku restaurant

肉女子、肉男子、集まれ! たまには贅沢、ハイスペックな焼肉店へ

誘っても誘われても、嬉しさ満点の焼肉。お得なお店もいいけれど、たまにはちょっとゴージャスな焼肉を食べて、パワーをチャージしましょう。中でも、至極の赤身肉や牛タンなど、店独自のこだわりが際立つ、美味しくてハイスペックな焼肉店をご紹介します。

EDIT BY TM EVOLUTION.INC

① 香りを楽しむ、長期肥育のレアな焼肉
——赤身専門にくがとう(アカミセンモンニクガトウ)

212_niku_g1-1
1/8「Gミウラビーフ」¥1,800。オーナーの三浦さんが実家のある山形・庄内で育てている25カ月肥育のホルスタイン牛。また、月山ワインの絞りがらを餌に混ぜており、ポリフェノール効果で、牛のストレスを軽減。柔らかく味わい深い。
212_niku_g1-2
2/8「Gミウラビーフ」は、醤油ベースのオリジナルのタレにつけて焼き、食べる時には果物の桃を入れたつけダレを用意。メニューによっては、スタッフがちょうどいい焼き加減に焼いてくれる。
212_niku_g1-3
3/8「近江牛 岡崎牧場の47カ月肥育雌牛の純血但馬トウガラシと三角バラ肉」¥4,000。一般的に黒毛和牛の肥育期間は28〜29カ月、長くても32〜33カ月。それを47か月という長期間肥育した牛肉。焼くと独特の香ばしい香りがして、コクと深みがあり印象に残る。
212_niku_g1-4
4/8「牛刺しの盛り合わせ」¥1,600(2人前、低温調理済み)。ハツにはたまり醤油をかけ山葵と一緒に、センマイは胡桃入りの酢味噌で、ハチノスは甘酸っぱいタレで、ミノはピリ辛ソースでいただく。
212_niku_g1-5
5/8「至福の握り」一貫 ¥400。イチボの中でも柔らかい部分を低温調理し、握りに仕上げた。上にはカンボジア産の生胡椒がのせられているので、まずはひと粒食べて香りを確かめ、次に胡椒をのせた握りを食べるとより楽しめる。
212_niku_g1-6
6/8六本木ヒルズ店にはカウンター席、テーブル席、そして会員制の個室がある。
212_niku_g1-7
7/8人形町に本店をオープンし、わずか5年で複数の店舗を擁する人気焼肉店に成長した。六本木ヒルズ店は約1年前にオープン。
212_niku_g1-8
8/8“肉ちゃん”ことオーナーの三浦剛さん(写真左)と、”肉ちゃん2世”こと長久保きよしさん。「将来は海外でも店を開き、日本の赤身肉の美味しさを伝えたい」と三浦さん。

「どこのお肉も好きなんですが、あえて挙げるのであれば、赤身肉の最高峰は長期飼育された純血但馬牛かと思っています」と、オーナーの三浦剛さん。三浦さんは約7年に渡り全国の焼肉の食べ歩きを続け、焼肉に対して独自の哲学を持つに至った。

牛肉好きが高じ、また地元である山形の庄内で牛を育てる農家が減っていることもあり、自ら生産者さんたちとチームを組み、牛を育てることにもなった。そして、人形町に焼肉店を創業。肉に感謝を込めて、店名は「にくありがとう」→『にくがとう』に。赤身肉にこだわって、様々な部位の美味しい食べ方を追求している。

中でも47カ月という長期肥育の近江牛や神戸牛は、入手困難な牛肉。「まず食べる前に香りを嗅ぎ、口に入れて10秒ほど噛み砕くと、また異なる独特のいい香りがで出てくるので、それも楽しんでください」と食べ方を指南する三浦さん。全国で月に数頭しか出荷されない希少な長期肥育牛の香りを存分に体験をしていただきたいとのこと。香辛料やつけダレも研究し、赤身肉をより美味しく食べるための工夫が評判を呼び、現在、全国に8店舗を展開している。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY SHIGEYASU GUSHIMA

赤身専門にくがとう(アカミセンモンニクガトウ) 住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズウェストウォーク5F 電話 03-6434-0829 営業時間 ランチ11:00〜14:00 (L.O.13:30)/ディナー17:00〜23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30) 定休日 月曜 ※クレジットカード使用可 ※価格は税別 ※個室は限定200名の会員制 ※問い合わせは「にくがとう」公式HPへ

② 熟成牛が奏でる、肉の旨味の奥深さに昂ぶる
——表参道焼肉KINTAN(オモテサンドウヤキニク キンタン)

212_niku_g2-1
1/8タン元、タン先、タン下と異なる3種類の部位を通じて、味わいの違いを楽しむ『KINTAN』の原点メニュー。岩石のようなお皿に載せるプレゼンテーションもユニークだ。「30日間熟成KINTAN」¥2,480。
212_niku_g2-2
2/8黒トリュフの芳しい香りを包み込むように巻いて食す「KINTAN トリュフロース」¥1,980。“肩三角”と呼ばれる希少部位は、サシが程良く入り、濃厚な旨味が味わえる。
212_niku_g2-3
3/8「プラチナタンとサーロインのユッケハーフ&ハーフ™」¥2,480。醤油ベースの甘辛タレをぬったサーロインのユッケにアーモンドをまぶしたものと、ネギ塩ダレの国産牛タン。口の中で脂がとろける感覚を存分に楽しみたい。
212_niku_g2-4
4/8厚切りのタン元は、しっかりと火を通して。旨味を逃さないように、片面を良く焼いて、もう片方は、さっと焼くといい。
212_niku_g2-5
5/8サーロイン・ユッケのさっぱりとした甘みに雲丹のコクが加わり、キャビアの塩気で気分は昇天! ごはんも、刻んだガリとごま油を和えたこだわりの品。ひとり一膳ずつ食したい「雲丹ユッケキャビアごはん」¥1,480。
212_niku_g2-6
6/8専用庫でおよそ25日間熟成させた後に、店舗内へ運ばれる黒毛和牛。温度、湿度を保ちつつ風を当てながら丁寧に熟成。特有の甘い香りや、加熱時の格別な香ばしさは、こうして生まれる。
212_niku_g2-7
7/8緑が多い表参道の景観に合わせたスタイリッシュな内装。壁面には牛のシルエットがウォールグリーンで描かれている。この大空間のほか、4名用と8名用の個室を計3部屋設けている。
212_niku_g2-8
8/8「KINTANならではの雰囲気の中で、スタイリッシュな焼肉をお楽しみください」と、マネージャーの坪田大永さん。

2013年に恵比寿で1号店をオープン。現在はステーキ、しゃぶしゃぶを含む4業態18店舗にまで系列店を増やす肉料理レストラン『KINTAN』。店名は“金の舌を持つ”舌の肥えたお客様に来ていただきたいという願いから付けられたものだ。

その街その街でイチバンの店舗を目指している『KINTAN』グループの中でも、表参道店は驚きのプレゼンテーションで、ワインに合う焼肉スタイルを作り出している。

ダクトを床下に這わせて煙突をなくし、まるでカフェのようにスッキリと空間をデザインしているところも『KINTAN』のこだわりのひとつ。テーブルに座った時に、対面で遮るものがなく、これなら会話も弾むこと間違いなしだ。しかも煙の臭いがつきにくく、お洒落服でも全く安心。記念日の特別なディナーに、気合いを入れて訪れたい店である。

TEXT BY TAKASHI TSUCHIDA
PHOTO BY ATSUMI ODATE(NDPP.)

表参道焼肉KINTAN(オモテサンドウヤキニク キンタン) 住所 東京都港区北青山3-10-14 北青山ビル1F 電話 03-5778-4129 営業時間 月曜〜金曜11:00〜15:00(L.O.14:00)/月曜18:00〜23:30(L.O.22:45)、火曜〜金曜17:00〜23:00(L.O.22:15)、土曜・祝日17:00〜22:00(L.O.21:15)、日曜18:00〜23:00(L.O.22:15) 定休日 年末年始 ※価格は税抜 ※クレジットカード、電子マネー使用可

③ コースでいただく最高級の牛肉と季節の料理
——焼肉うしごろ 西麻布本店(ヤキニクウシゴロ ニシアザブホンテン)

212_niku_g3-1
1/6タタキ、ユッケ、牛刺しを盛り合わせた「牛刺し3種盛り合わせ」。店内には無菌室があり、生肉の適切な管理を行っている(一部のコースで提供されるメニュー)。
212_niku_g3-2
2/6「北海ボタン海老と和牛の手巻き寿司」¥1,600。ほかにも「ザブトンと生雲丹のあぶり握り」など、牛肉と海鮮を取り合わせたメニューを開発。
212_niku_g3-3
3/6「鱈の白子と極上タンの包み焼き」¥3,800。白子は表面を炙ってから提供している。厳選した極上のタンを使用。
212_niku_g3-4
4/6「大判サーロイン」¥2,000。1.5ミリと、サーロインの焼肉に適した厚さに切って提供。タレかおろしポン酢かを選べる。
212_niku_g3-5
5/6上質な肉で焼くのが難しいものは、ちょうどいい焼き加減に焼いてもらえるサービスがある。
212_niku_g3-6
6/6テーブル席、個室1室、半個室4室がある。半個室でも3方向が仕切られ、出入り口には暖簾がかかりプライベート感が保たれている。地下には完全個室の店、割烹スタイルの店と、ふたつの系列店がある。

上質な空間と極上の牛肉を提供する、西麻布の有名焼肉店。メニューはコースとアラカルトがある。牛肉は銘柄にこだわらず、A5ランクのシャトーブリアン、イチボ、サーロイン、タンなど、部位を種類豊富に取り揃えている。サーロインは1.5ミリにと、牛肉の部位によって適した厚みに切り分けるなど細かい配慮が行き届いている。

サイドメニューや季節限定メニューの開発は数カ月前から準備し、積極的に取り組む。和牛と海老、雲丹、海鮮を取り合わせるなど、他店ではなかなか食べられない、海鮮好きには嬉しい贅沢なメニューもある。

スンドゥブチゲ、カレーうどん、胡麻だれ茶漬と、締めのメニューも豊富で、「次は何を食べようか」という楽しみがお客さんを惹きつける。現在、系列店は16店舗となり、来年で西麻布本店は10周年を迎えるという。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY CHISATO NOGUCHI(NDPP.)

焼肉うしごろ 西麻布本店(ヤキニクウシゴロ ニシアザブホンテン) 住所 東京都港区西麻布2-24-14 Barbizon73 1F 電話03-3406-4129 営業時間 17:00〜24:00(L.O.23:00)、土曜・日曜・祝日16:00〜 定休日 無休(年末年始は休み) ※クレジットカード使用可 ※価格は税別、サービス料5%、個室と半個室はサービス料10%

RECOMMENDED