EAT churrasco and cheer up

夏の締めはシュラスコでパワーチャージ

暑かった8月も、もうすぐ終わり。とは言え、外はまだまだ残暑厳しい毎日。真夏の一夜、たまにはガツンとシュラスコ料理で元気をつけよう!

EDIT BY TM EVOLUTION.INC

❶ 900度の高温グリルで外はカリッと、中はジューシーに焼き上げる
——BARBACOA(バルバッコア)

0821_churrasco_g1-1
1/7特注のシュラスコ用グリルで焼き上げた「ピッカーニャ」(=和名イチボ) 。日本で改良されたグリルは一気に900度の高温になるので、外側はよりカリッと、内部はジューシーに焼き上げることができる。
0821_churrasco_g1-2
2/740種類のサラダやデリを用意したサラダバー。様々な旬の野菜を皿に盛って、自分でナイフで細かくカットし、ドレッシングで混ぜ合わせチョップドサラダのようにして食べても美味しい。
0821_churrasco_g1-3
3/7赤身肉に合わせたいワインは、カリフォルニアなどその8割を北米から。チリ、アルゼンチン、フランス、イタリアものも用意。写真はナパの「ベリンジャー・プライベート・リザーブ」(カベルネ・ソーヴィニオン)ボトル ¥24,000。重ためのどっしりとした味わいで、しっかりと果実味を感じられる。
0821_churrasco_g1-4
4/7高級感のある内装の店内。奥には個室があり最大12名まで利用可能。ミニマムチャージは ¥100,000(飲食代を含む)
0821_churrasco_g1-5
5/7バルバッコアはイタリア系ブラジル人の創業者が、1990年サンパウロで1号店をオープン。大成功を収めその後多店舗展開をする。提携の日本国内店でも、本場ブラジルと同じスタイルでシュラスコを提供している。
0821_churrasco_g1-6
6/7日本国内では1994年青山に1号店がオープンしてから25周年を迎える。東京に6店舗、大阪に2店舗の計8店舗を展開する人気レストラン。
0821_churrasco_g1-7
7/7ブラジル人パサドールのアギアールさん。サンパウロのバルバッコアのスタッフで、本場のスタイルを伝承するために来日した。

シュラスコとは、肉を塊のままで串に刺し、岩塩をつけて焼き上げてから、テーブルでお客様の目の前で切り分けて提供するバーベキューのこと。『バルバッコア』はブラジル人スタッフによって、本国ブラジル店と同じ調理方法とサービスでシュラスコを提供している。

肉はグリルで焼く時にミネラルを含む岩塩を使うが、それによってほんのり甘みが出てより味わい深く仕上がる。牛肉は牧草で飼育されたUS産ブラックアンガス牛を使用。柔らかくて人気の部位ピッカーニャをはじめサーロイン、ランプ、アバラ、スペアリブ、さらに豚肩ロース、ソーセージやチキンなど、肉の種類が豊富なのも特長だ。

肉の旨味を直接味わえるからそのまま食べるのがおすすめだが、好みでビネガーソースをかけてもよい。赤身肉のシュラスコに合わせたいワインは約100種類と種類豊富に用意。軽めのピノ・ノワールがおすすめだが、好みを伝えればソムリエが相談にのってくれる。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY FUMIAKI ISHIWATA(DAISAKU NISHIMIYA OFFICE)

BARBACOA(バルバッコア) 住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズウェストウォーク5F 電話 03-5413-3663 営業時間 ランチ平日11:00〜15:00(L.O.14:00)、土曜・日曜・祝日11:00〜16:00(L.O.15:00)、ディナー17:00〜23:00(L.O.22:00)定休日 無休 ※価格は税別

❷ 爽やかなビネガーソースでさっぱりと食すシュラスコ
——churrascaria Que bom! 新虎通りCORE店(シュハスカリア キボン シントラドウリコアテン)

0821_churrasco_g2-1
1/6一番人気で希少部位である「ピッカーニャ」 のシュラスコ。お客様のテーブルで焼きたてを切り分けてくれるからエンターテインメント性も抜群。
0821_churrasco_g2-2
2/6ブラジルの代表的な料理である「フェイジョアーダ」(黒豆と塩漬け肉の煮込み料理)や、「コシーニャ」(チキンのコロッケ)、サラダなどのブラジリアンバイキングから好みのものを選んでお好きなだけどうぞ。
0821_churrasco_g2-3
3/6お酒はブラジルのカクテル、カイピリーニャをはじめ幅広く揃える。珍しいブラジルのボトルワインも16種類ほど用意。飲み放題プラン(2時間制、L.O.20分前)は内容が異なる ¥1,800、¥2,500、¥3,000の3種類のコースがある。
0821_churrasco_g2-4
4/6夏は暑気払いの会を催すグループでの利用も多いという。
0821_churrasco_g2-5
5/6ブラジル本国さながらの“サンバパレード”が行われる浅草。キボンはその浅草で2006年6月に創業した。この新虎通り店は2018年10月にオープン。昔懐かしい浅草発祥のカクテル「電気ブラン」 ¥500もオンメニュー。
0821_churrasco_g2-6
6/6シュラスコはディナーで男性 ¥3,980、女性 ¥3,780(シュラスコ14種類とブラジリアンバイキング食べ放題)、土曜・日曜・祝日のランチ ¥2,980(シュラスコ9種、他は同じ)、平日は3種のシュラスコとバイキングのセットで ¥1,280。

『キボン』のシュラスコは、穀物で飼育したオージービーフとUS産ブラックアンガス牛を使っている。部位によって適した下味をつけ、串に差して岩塩のみで焼き上げる。

例えば希少部位で人気の「ピッカーニャ」 は、肉の塊の外側に脂身がついているが、「ぐるぐると回しながら焼き上げることで、脂が肉に染み込んで、全体にほどよい具合に浸透して美味しくなるんです」と、ゼネラルマネージャーの戸島マウロ哲さん。繊維が細かい赤身の「ピッカーニャ」 は、焼きたてをそのまま食べても美味しいが、ビネガーソースをかけると酸味が肉の旨味を引き立てて、よりさっぱりと食べられる。

ほかにも牛ヒレ、牛バラ、豚バラ、ブラジリアンソーセージ、チキン、焼きパイナップルなどのシュラスコと、サラダとブラジルの伝統料理などのバイキングを食べ放題で楽しめる。そろそろ夏の疲れが出てきた頃、がっつり食べて元気をつけよう。

TEXT BY YOSHIKO NAKASHIMA
PHOTO BY FUMIAKI ISHIWATA(DAISAKU NISHIMIYA OFFICE)

churrascaria Que bom! 新虎通りCORE店(シュハスカリア キボン シントラドウリコアテン) 住所 東京都港区新橋4-1-1 新虎通りCORE2F 電話 03-6402-5685 営業時間 ランチ11:00〜15:00(L.O.14:30)、ディナー平日17:00〜23:00(L.O.22:00)、土曜・日曜・祝日17:00〜22:00(L.O.21:00) 定休日 無休 ※カード使用可 ※価格は税込

❸ ブラジルの味を体感! 本格的炭火シュラスコを堪能できる
——炭火シュラスコ Gostoso (スミビシュラスコ ゴストーゾ)

0821_churrasco_g3-1
1/7見た目の豪快さはシュラスコならでは。肉の旨味をダイレクトに味わいたい。定番のイチボにランプ、ハラミと肉それぞれの特徴が知れるのも嬉しい。
0821_churrasco_g3-2
2/7「シュラスコ100分コース」。ブラジリアンサラダ、フェジョンの煮込み、ポンデケージョなど前菜つき、シュラスココースにデザートとコーヒーも付いて、テーブル2時間制¥3,980 と、とってもリーズナブル。
0821_churrasco_g3-3
3/7全9種類のお肉に焼きチーズやエビ、パイナップルが並ぶ大型炭火ロースター。焼き具合を見ながら、シェフが炭火との距離を丁寧に調整。
0821_churrasco_g3-4
4/7オープンからずっと赤く燃え盛る炭火。肉汁が滴り、ジューという音も一興だ。
0821_churrasco_g3-5
5/7店内にはあちこちにブラジルなど南米のオブジェが並ぶ。
0821_churrasco_g3-6
6/7ブラジル人に愛されるお酒が並ぶ。ブラジル伝統の「カイピリーニャ」や女性も飲みやすい「バチーダ デ ココ」などのカクテルも味わえる。
0821_churrasco_g3-7
7/7シェフのカルロス・フクイさん。「自分で食べても美味しい! ブラジル人も太鼓判を押すシュラスコです。これまで味わったことのない絶品をご賞味ください」

麻布十番駅から徒歩3分、鳥居坂の交差点にあるのが、本格的炭火シュラスコを味わえる『Gostoso』。ポルトガル語の”美味しい”という言葉が店名の由来だ。赤い屋根に赤いロゴが目印。春と夏はオープンテラスで開放感抜群、陽気な雰囲気のお店だ。

『ゴストーゾ』のこだわりは、炭火で焼くこと。ガスで焼くのが一般的なシュラスコだが、こちらでは大型の炭火ロースターでじっくりゆっくり焼き上げる。こうすることで、お肉が香ばしくジューシーで柔らかな仕上がりになり、冷めてもパサパサしないという。塩のみのシンプルな味つけはブラジル式で、肉の旨味を存分に味わうことができる。メニューは「炭火シュラスコ100分コース」(プラス黒毛和牛のコースも)。リクエストタイムがあり、好きな部位をお腹いっぱい食べられる。また付け合せの”味変”ソースもあるので、同じお肉を2度、3度と楽しんでみたい。併せて、レディースデイやハッピーアワー、日曜ランチなどお得なサービスも提供している。自分の“肉欲”に合わせてチョイスを。

シュラスコはもちろん、お酒も食材もブラジルにこだわりを持ち、そして陽気なブラジル人スタッフに、ブラジル風インテリア。何から何まで本場ブラジルを味わえる中、たっぷり食べて、飲んで、楽しいひと時を満喫したい! 夏を乗り越えるためのエネルギーが補給できる、気持ちのいいお店だ。

TEXT BY HANAKO ASAKURA
PHOTO BY FUMIAKI ISHIWATA(DAISAKU NISHIMIYA OFFICE)

炭火シュラスコ Gostoso (スミビシュラスコ ゴストーゾ) 住所 東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス1F・B1F  電話 03-6434-0243 営業時間 月曜~土曜17:30〜23:00 (L.O.22:30)、日曜・祝日17:00〜22:30 (L.O.22:00) ※日曜限定ランチ:11:30〜14:45 (L.O.14:00) 定休日 無休(年末年始除く)  ※禁煙  ※カード使用可  ※価格は税・サービス料別

RECOMMENDED