ROPPONGI KAPPOU UKAI

外国人ゲストの接待や美食家の食事会に好適! 唯一無二の美食の世界へ【六本木 kappou ukai】

2014年に開業した「銀座 kappou ukai」に続く、「うかい」の2軒目の割烹。匠の技が冴える日本料理を、伝統とモダンが交差する和の空間でどうぞ。カウンター越しに見える板前仕事の臨場感もお楽しみに。

TEXT BY Megumi Komatsu
PHOTO BY Tamon Matsuzono

季節の食材を生かした前菜は、青竹を組み上げた特注の大皿に載せて運ばれる趣向。器や食材の彩も美しく、パッと場が華やぐ演出が「kappou ukai」流だ。目で見て楽しむ日本料理の醍醐味を、とくと堪能されたい。

調理前の春野菜のプレゼンテーションは、まるで生け花のような華やかさ。氷の上に盛られた新鮮な魚介は、海の中にいた時の姿を彷彿させるかのよう。一体どんな風に料理されて登場するのか、期待がふくらむ演出だ。

国内外の厳選食材を生かした、
独創的で洗練された割烹料理
——「六本木 kappou ukai」

物語性のある空間と料理、そしてVIP対応も万全なおもてなしに定評のある「うかい」。その初の割烹料理店として2014年に銀座に誕生した「kappou ukai」にも掲げられている「美味方丈」は、「うかい」の造語で、凝縮された美味を深く感じる一丈四方(約3m四方)の空間のこと。統括料理長の他力野慶太さんは、食材を育んだ土壌や気候、作り手の愛情に想いを巡らせながら美味を味わい、幸福な時間を過ごしてほしいという。

そんな豊かな精神性を感じさせる割烹の六本木店が、「六本木うかい亭」と同時に六本木ヒルズ けやき坂通りにオープン。この2店、入口は分かれているが、各エントランスの先に現れるラウンジは両店共通。ここでウェルカムドリンクを楽しんだ後、割烹へ移動すると、次に視界に入るのは気鋭の料理人たちが立ち並ぶカウンターだ。

無駄のない調理風景が見られるカウンターは、臨場感溢れる美食劇場の趣。日本国内のみならず世界中から厳選された食材は、調理する前にプレゼンテーションされるのも「kappou ukai」の特長のひとつだ。美しく盛り込まれた食材や、料理人の流麗な所作を眺めれば、否応なく期待が高まるはず。独創的な世界を満喫したい。


割烹料理「六本木 kappou ukai」

PRICE おまかせコースのみ。夜は¥19,440円〜 SEATS カウンター16席、個室2室、テーブル2卓 ATMOSPHERE 外国人ゲストの接待、美食家の食事会に好適 CHEF 他力野慶太|Keita Tarikino 1974年生まれ。懐石料理店で修業後、2006年株式会社うかい入社。「東京 芝とうふ屋うかい」を経て、「銀座 kappou ukai」料理長就任。現在「kappou ukai」統括料理長

RECOMMENDED