DOWN JACKET IN THE CITY

街でも着られるダウンジャケット

本格的な冬が来る前にダウンジャケットの準備をしたい。昨今のダウンジャケットは、暖かいのはもはや当たり前で、そのスペックにさらにプラスされたデザインやディテールで選ぶのが正解だ。街で着るためにスタイリングがしやすかったり、着用時にシルエットがきれいだったり、そんな気の利いたダウンジャケットが欲しい。各ブランドが提案する今季の一押しをラインナップしてみた。

photo by Daisaku Ito (The VOICE)
styling by Yoshiki Araki (The VOICE)
edit by Shigeo Kanno

mens7_g1
1/8英国的な柄がポイント ブラックウォッチをあしらったファー付きのディテールが秀逸。¥100,440(デザインワークス/デザインワークス ドゥ・コート 六本木ヒルズ店)
mens7_g2
2/8リフレクター使用の光る一着 短めの着丈が着こなしやすい。素材にリフレクターを使用しているので、夜間でも安心。¥127,440(ハイドロゲン×デュベティカ/ハイドロゲン 表参道ヒルズ店)
mens7_g3
3/8見た目以上のハイスペックに注目 素材に3レイヤーを使用したフルシームシーリングの防水ダウンコート。¥105,840(MHW マウンテンハードウェア スペシャリー フォー N.ハリウッド/N.ハリウッド 六本木)
mens7_g4
4/8ミリタリー色満載のダウンジャケット プルオーバーでもフルジップでも着られる二刀流デザイン。フードのベルト使いも面白い。¥78,840(ミハラ ヤスヒロ/メゾン ミハラヤスヒロ)
mens7_g5
5/8街で目立ちたいなら白の一択 クリーンな白を使った季節感のある配色が持ち味。ショート丈なので、レイヤードなどのスタイリングもしやすい。¥105,840(ストーンアイランド/エストネーション 六本木ヒルズ店)
mens7_g6
6/8伸縮性抜群のハイテク素材 一見シンプルなダウンジャケットに見えるが、実は、撥水性のあるストレッチ素材を採用。動きやすいのでアクティブ派にもオススメ。¥83,160(アタッチメント/アタッチメント 六本木ヒルズ店)
mens7_g7
7/8スポーティな遊び心あるデザイン 保温性に優れたプリマロフトと呼ばれるマイクロファイバー素材をダウンに使った一着。¥51,840(ヒステリックグラマー/ヒステリックグラマー 六本木ヒルズ店)
mens7_g8
8/8ミニマムでモードな即戦力 シンプルなデザインとボリュームを抑えたシルエットが魅力。フードの形の良さも特徴のひとつ。¥100,440(ジュンハシモト/ジュンハシモト 表参道ヒルズ)

ダウンジャケットの保温性や通気性など快適に着るためのスペックは、ひと昔前に比べはるかにグレードアップしている。本来であれば、ダウンに使われる素材は、羽毛というのが前提であったが、現在では、それに変わる新素材も開発されている。そして、雪山やウィンタースポーツで着られるものと一線を画しているのが、街でも着られるシルエット。ボリュームが大きすぎて着膨れなんてことが、今のダウンジャケットでは解消されている。あくまでも、冬のアウターのひとつとして美しいシルエットがキープされているのだ。ものによっては、柄がほどこされたスタイリッシュなものも登場。着膨れしない、しかもお洒落に着られる今シーズンらしい一着を探しに行こう。


【関連記事】

RECOMMENDED