3 SPICY RECIPES WITH BEER

ビールがうまい! 夏の簡単ピリ辛レシピ3

夏といえばビールの季節。とっておきのクラフトビールには、パンチのあるスパイシーな料理を合わせたい。そこで、フードスタイリストの田島明日香さんに「グランドフードホール」と「福島屋」で食材をセレクトしてもらい、ビールが進むピリ辛レシピを教えてもらいました。誰にでも簡単につくれて、ビールがうまい! 夏の味覚を堪能しよう。

TEXT BY ASUCA TAJIMA, MIHO MATSUDA
PHOTO BY TOMO ISHIWATARI
RECIPE & COOK BY ASUCA TAJIMA

❶ スパイシーゆず辛なめろう

0722_piri_g1-1
1/4赤い柚子胡椒「ゆずからりん」を使ったなめろう。新鮮なアジと味噌のコク、ゆずの香りが爽やかなピリ辛でビールが進む一品。
0722_piri_g1-2
2/41 アジの刺身に「ゆずからりん」、みそをお好みの量加える。
0722_piri_g1-3
3/42  包丁で叩きながら全体を混ぜる。
0722_piri_g1-5
4/43  器に盛り、いりゴマをふりかけ、すだちを添える。お好みでぽんせんにのせていただいても。

「アジの刺身に『ゆずからりん』で辛味とゆずの香りを加え、すだちを一絞りすることで爽やかな風味にまとまり、お酒が進む新感覚のなめろうになります。濃いかなと感じるくらいの味付けでも、すだちを絞るといい塩梅にまとまります。合わせるビールは、『オラホビール/ピエール・ド・雷電 夏仕込み』。夏仕込みのヴァイツェンらしい爽やかな飲み口です。苦味が少なく、クラフトビールらしいコクを感じながらもごくごく飲めます。柑橘の爽やかさを感じるピリ辛おつまみを合わせても」

❷ スパイシースペアリブ

0722_piri_g2-1
1/4「FOODHALLオリジナル キムチ鍋の素」と「ゆずからりん」に漬け込んだ簡単でおいしいスペアリブ。お好みで黒胡椒をたっぷりかける。付け合わせのケールのサラダは「FOODHALLオリジナル ハーブナッツ」をトッピングして、オリーブオイルをかけて。
0722_piri_g2-3
2/41 スペアリブ6本(400g)に「FOODHALLオリジナル キムチ鍋の素」大さじ4、「ゆずからりん」小さじ2を加え、ポリ袋に入れて一晩冷蔵庫で寝かせる。(※ 分量は目安なのでお好みで調整してください)
0722_piri_g2-4
3/42 フライパンに油を熱し、スペアリブを並べて焼く。
0722_piri_g2-5
4/43 漬けダレが焦げやすいので中弱火でひっくり返しながら、途中蓋をして蒸し焼きにして中まで火を通したら完成。

「『FOODHALLオリジナル キムチ鍋の素』に『ゆずからりん』を加えた漬けダレに一晩漬け込んだスペアリブ。旨味たっぷりのキムチ鍋の素は、お肉の下味にも最適。甘み旨みコクを感じながら、ぜひかぶりついて。お好みで黒胡椒をたっぷりかけて、さらにスパイシーに。スペアリブの脂と辛味を爽やかに流してくれるビール『イディネット』は、スペインの三ツ星レストラン『エル・ブジ』のシェフ監修のビール。オレンジピールのようなフルーティな香りで、泡がなめらかです」

❸ ピリ辛ラー油うどん

0722_piri_g3-1
1/4コシのあるうどんに、好きな具材をのせて、漢方ラー油を絡めて食べるピリ辛うどん。めんつゆがいらないほど、しっかり味わいのある漢方ラー油は白ご飯のおともにもぴったり。
0722_piri_g3-2
2/41 鍋にたっぷりの湯を沸かし、麺を袋の指示通り茹でる。
0722_piri_g3-3
3/42 ざるにとって冷水で締め、器に盛る。
0722_piri_g3-4
4/43 湯がいた海老、パプリカ、パクチーをのせ、ラー油をたっぷりかけて、混ぜながらいただく。

「福島屋オリジナルの麺を使い、『食べる漢方ラー油』を回しかけ、海老とパプリカ、パクチーを添えた和え麺です。ニンニクと干しエビの風味がうどんと絡み、喉越しがよく箸が進みます。飲んだ後の〆に軽くいただくならさらりといただける「手のばしの麺」、食事も兼ねて手軽に飲みたいならコシのある「絹味うどん」がおすすめ。夏らしい『志賀高原ビール/インディアンサマーセゾン』は、贅沢に使用された芳醇なホップの香り、しっかり苦く、ドライで爽やかな口当たりです。暑い時に飲みたくなる味、アジアンなスパイシーうどんと相性ぴったりです」

「グランドフードホール」と「福島屋」で買える!
ピリ辛食材と、夏においしいクラフトビール

0722_piri_g4-3
2/11「藤波家の漢方ラー油」¥1,200(グランドフードホール/六本木ヒルズ ヒルサイド B2F
0722_piri_g4-4
3/11「グラホのキムチ鍋の素」¥880(グランドフードホール/六本木ヒルズ ヒルサイド B2F
0722_piri_g4-1
4/11「ハーブローストナッツ」(缶入り)¥2,000(グランドフードホール/六本木ヒルズ ヒルサイド B2F
0722_piri_g4-6
6/11「コナビール/BIG WAVE ゴールデンエール」¥600(グランドフードホール/六本木ヒルズ ヒルサイド B2F
0722_piri_g4-11
7/11「手のばしの麺」¥398、「絹味うどん」¥239(福島屋/アークヒルズ サウスタワーB1F
0722_piri_g4-7
8/11「志賀高原ビール/インディアンサマーセゾン」¥381(福島屋/アークヒルズ サウスタワーB1F
0722_piri_g4-8
9/11「オラホビール/ピエール・ド・雷電 夏仕込みIPA」¥360(福島屋/アークヒルズ サウスタワーB1F
0722_piri_g4-9
10/11「SUN SUN オーガニック」¥248(福島屋/アークヒルズ サウスタワーB1F
0722_piri_g4-10
11/11「よなよなエール」¥248(福島屋/アークヒルズ サウスタワーB1F

 

田島明日香|Asuca Tajima
フードスタイリスト。東京都小平市生まれ。立教大学社会学部卒業後、ハウスメーカー勤務、インテリアコーディネーターを経て、2013年よりフードスタイリストとして独立。2016年より、インテリアデザイナーの夫ヤマシタマサトシと料理ユニット「ちろり」として、広告やカタログのフードスタイリング、レシピ考案やイベントのケータリングなども手がける。日本の郷土食材やお酒を含めたスタイリングが得意。ELLE gourmetフードクリエイター部のメンバーでもある。2019年6月、吉祥寺にプライベートサロン「閒-awai-」をオープン。

RECOMMENDED