THE CREATION OF INNOVATIONS

虎ノ門ヒルズに誕生。イノベーションが生まれる場所

世界5都市で展開中の米国ケンブリッジ発のイノベーション創出支援プログラム「ベンチャー・カフェ」が、虎ノ門ヒルズにアジア初進出。虎ノ門ヒルズエリアが、新たなビジネスやイノベーションの発信拠点に。

TEXT BY KYOKO INOU

新たなイノベーション創出の舞台

世界最大級のイノベーション創出機構・ケンブリッジイノベーションセンター(CIC)が世界5都市で展開する、イノベーション促進プログラム「ベンチャー・カフェ」が、アジアに初上陸することが決まった。舞台となるのは、「国際新都心・グローバルビジネスセンター」の形成に向けて進化・拡大を続ける虎ノ門ヒルズだ。

 

「サーズデー・ギャザリング」で繋がる輪

 

CICは、1999年、マサチューセッツ工科大学の卒業生によって、世界屈指の大学都市・ケンブリッジに誕生。「アントレプレナーのコミュニティ創出」をテーマにスタートアップ企業向けのシェアオフィスを運営し、過去にはグーグルや、クリーンエネルギー企業グレート・ポイント・エナジーなど多くのスタートアップ企業がここからその歴史をスタートしたことでも知られている。現在ではボストン、マイアミ、ロッテルダムなど5都市に拠点を構えるまでに成長し、創立以来4,000社を超える企業が入居している。

CIC

スタートアップ、ベンチャーキャピタル、大企業、政府機関、研究機関などが入居するコワーキングスペースCIC。様々な専門性をもつイノベーターを一か所に密集させることで、イノベーションが起こりやすい環境をつくっている。

CICの活動のなかでも特に注目されているのが、2009年に創設したイノベーション・エコシステム構築のためのプログラム「ベンチャー・カフェ」だ。

CIC内のベンチャー・カフェで毎週木曜日に行われるコミュニケーションイベント「サーズデー・ギャザリング」。資金・アイデア・才能をもつイノベーター達が出会い、繋がり、新しいビジネスを生み出す場だ。

主力となる活動は、毎週木曜日に開催される「サーズデー・ギャザリング」と呼ばれる交流イベント。起業家、投資家、大企業の新規事業担当から学生や研究者など、誰でも参加し繋がることができる“場”を提供することで、さらなるイノベーションの創出を支援している。ボストンでは毎週平均約460人が参加しており、これまでの累計参加者は25万人に及ぶ。

 

ベンチャー・カフェ

 

トップランナーが起業家精神を普及

 

東京でのベンチャー・カフェ運営を担うのは、一般社団法人「ベンチャー・カフェ東京」。ボストン近郊にある、起業家教育に特化し世界的に高い評価を得ているバブソン大学で10年近く企業論を教える山川恭弘准教授が代表理事を務め、日本のビジネスシーンに起業家精神を普及する。

山川恭弘

一般社団法人ベンチャ−・カフェ東京 代表理事の山川恭弘氏。「日本のビジネスや社会に起業家精神を普及する活動においてリーダーの役割を果たせるのは非常に光栄。社会がリスクに対する認識を変え、寛容になるための前向きな考え方を醸成していきたい」と意気込みを語る。

東京での活動の核となるのも、誰でも無料で参加できる毎週木曜日の「サーズデー・ギャザリング」。3月22日(木)のキックオフイベントを皮切りに、様々なニュービジネスや企業、イノベーションに関するセミナーやワークショップが随時展開される。

 

ベンチャー

 

イノベーションの聖地として進化する虎ノ門

 

現在、虎ノ門ヒルズ森タワーの隣接地には、オフィスを中心とした「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)」や、住宅メインの「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」、そして東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅(仮称)と一体開発する「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」の建設プロジェクトが進んでいる。

 

当社の虎ノ門開発のパース

 

新たな3つの超高層タワーが加わり、インパクトのある国際新都市へと進化を続ける虎ノ門エリア。ここが、世界を代表するイノベーションの聖地になる日も遠い未来の話ではないかもしれない。

ヴェンチャーカフェロゴ

「Thursday Gathering」オープニングイベント
会期 2018年3月22日(木) 時間 19:00~21:00 場所 虎ノ門ヒルズカフェ 参加費 無料

RECOMMENDED