best running shoes

アディダスが徹底指南! ランナーのレベル別、ランニングシューズの選び方

3月1日の東京マラソンはもうすぐ。レースにエントリー済みの人も、冬に蓄えた贅肉が気になる人も、さあ走り出そう! モチベーションを上げるためにランニングシューズを新調するのも一案だ。より早く走るために、六本木ヒルズにある「アディダス ブランドコアストア 六本木」にシューズの選び方のコツを聞いた。

TEXT BY NAO KADOKAMI
PHOTO BY AYA KAWACHI

いつが買い替えどき?
まだ履けそうなシューズを、新調するべき理由

それにしても、ランニングシューズの替え時を見極めるのは難しい。長く連れ添った“相棒”のような一足は、多少経年劣化が進んでいたとしても足馴染みが良かったりする。

今回訪ねたのはヒルサイド2階にある「アディダス ブランドコアストア 六本木」。スポーツパフォーマンス商品からアディダス オリジナルス商品まで幅広く揃う。

しかし、いくら丁寧に扱っても、経年とともにソールがすり減ったり、フィット感が弱化するのは免れない。

「人の足の形は日々変わりますし、その変化に応じてテクノロジーも常に進化しています。シーズンごとに展開する新作を履くことで、パフォーマンスアップを体感できるはずです」(アディダスの上坪靖子さん)。

シューズ選びにおいて大切なポイントはたった2つだけ。自分の足型に合っていることと、目的に合ったデザインのシューズであることだ。

❶ 記録を狙うランナーに必要な、軽量性と推進力

今年こそサブ4を切りたい。昨年の出場時よりタイムを更新したい。マラソンなどの舞台で、さらなるレベルアップを狙う市民ランナーがシューズ選びにおいて重視すべきは、軽量性と推進力

0210_addidas_g1-1
1/2温度環境による影響を受けにくいミッドソールテクノロジーにより、風や雪、太陽の日差し、雨など、あらゆる天候下でも反発力をキープ。アディゼロジャパン 5 ¥15,400(アディダス/アディダス ブランドコアストア/六本木ヒルズ ヒルサイド2F
0210_addidas_g1-2
2/2推進力を生み出す秘訣は独自開発の足型(ラスト)にある。日本人に典型的な“幅広×甲高”な足型のデータから生まれた「マイクロフィットラスト」を搭載。かかと部分のホールド力も抜群で、言うことなしの走りやすさ。

「長時間走るには、軽量で通気性のいい素材を使用したシューズが一番。またタイムを縮めるうえで必要な推進力を生み出す機能性も外せません」。

今期の新作でおすすめなのがロードランニング用の「アディゼロジャパン 5」。アディダスが扱うメッシュ素材でも最も軽いセラーメッシュをアッパーに採用。またクッション性と反発力を両立するBOOSTフォームにより、推進力アップも期待できそうだ。

❷ 楽しくマイペースに走るなら、フィット感重視

自分のペースでのんびり気持ちよく走りたい人はもちろん、習慣的に走っているものの最近マンネリを感じている人も、履き心地にこだわればランがもっと楽しくなる。

0210_addidas_g2-1
1/2密着フィットと反発性を追求した人気シリーズ。洗練されたデザインでタウンユースに愛用するファンも多い。アディダス ウルトラブースト 20 ¥24,200(アディダス/アディダス ブランドコアストア/六本木ヒルズ ヒルサイド2F
0210_addidas_g2-2
2/2かかとのホールド感とアキレス腱のサポート力。快適に走るうえで欠かせない二つのエッセンスが両立するのは「3Dヒールフレーム」のおかげ。フィット感があるのに軽やかな履き心地で、どこまでも走りたくなる。

「マラソンなどの長距離から5〜10㎞の短距離まで、タイムを気にせず気持ちよく走りたいという人は、フィット感を最重視しましょう」

少ない力でも長く推進力を保てるのは、クッション性と反発力に特化したBOOSTフォームのおかげ。従来のモデルからさらに20%増量されており、弾むような走り心地にもますます磨きがかかった一足。ランを楽しむには打ってつけだ。

❸ ダイエットには、クッション性が不可欠!

マラソンなんて遠い夢、しかし鈍った身体にムチを打ちダイエットに励むべく、有酸素運動としてランニングを始めたい。そんな初心者ランナーのシューズには、着地時の足への衝撃を吸収するクッション性が不可欠だ。

0210_addidas_g3-1
1/2足の自然な動きに合わせてストレッチするアウトソールで足に負担がかからないのが嬉しい。ソーラーブースト 19 ¥16,500(アディダス/アディダス ブランドコアストア/六本木ヒルズ ヒルサイド2F
0210_addidas_g3-2
2/2プライムニットアッパーには、中足部には、精密な計算のもと繊維をミリメートル単位で配置したステッチが施されている。プライムニットを何重にもレイヤードした特殊構造により、蹴り出しから着地まで、様々な足の動きをサポート。

「過体重による膝などへの負担を軽減することやけがのリスクを少しでも軽減することが、ランを長く続けるうえでは大切。まずは衝撃吸収性に優れたシューズを選ぶのがいいでしょう」。

反発力を生み出すBOOSTフォームと中足部のEnergy Railによって、軽やかな足運びが実現。高反発のクッショニングを備えたBOOSTフォームが、足に込めたパワーを効率的なパフォーマンスに導いてくれる。

購入する前にぜひ店頭で試着しておきたい。ネットで買う場合は、公式サイトに記載された前足部やヒールなどのサイズ値の確認をお忘れなく。

走れば走るほど、その気持ち良さをカラダが覚えるもの。それに伴い走る目的が変わり、自分に合ったシューズも変わっていくのは自然なことだ。自分の足に寄り添ってくれるシューズを味方につけて、今よりさらにランニングライフを充実させよう。

RECOMMENDED