INSTANT FLOW #29

ミュウと一緒に行ってきます。どこへ?——藤原ヒロシの連載「INSTANT FLOW」#29

雨が嫌だなあと思っている人、ヒロシさんはもっと嫌なはずです。日本は梅雨天国です。ヒロシさんは今どこにいるのでしょうか。hfのInstagramの謎の部分を掘り下げる連載の第29回! 2019年6月前半にポストされた画像からお届けします。

INSTAGRAM & TALK BY HIROSHI FUJIWARA
TEXT BY HF WATCHING COMMITTEE (HWC)

6月1日——藤山/FUJIYAMA

山口さんとご一緒ですね。「FUJI-YAMAというテレビ番組をやってます。藤原と山口でFUJI-YAMA」(hf) あ、そういうことだったんですね。気がつかなかったです。少し悔しい。BSフジですね。画像は野外イベント『「NF #12-Sauna Camp.-」in 森、道、市場2019』の模様から。

6月1日——本が届いた。日本版、出ないかな? 歴史の教科書

「ジョーダンっていう、ヴィヴィアンのショップの店員だった人が書いたダイアリー的な私記なんです。’70年代の裏話がたくさんあって面白いですよ」(hf) サイン本ですね。「はい。本人から届きました」(hf) 日本語版をヒロシさんが出せばいいと思います。「え、みんな興味あリます? 僕らからしたらもうたまらない内容なんだけど。ウォーホールとのツーショットもいいですよね」(hf) ぜひ、読みたいです。「面白そうでしょ?」(hf) パンク40周年記念で出しましょうよ。「40周年記念はもう過ぎちゃいましたよ」(hf) じゃあ42周年記念で。

6月3日——恵比寿でこの値段。駐車場恐怖症

「どう思います? この『分』と『円』のちっちゃさとか」(hf) 12分400円って何進法?「打ち合わせして帰ってきたら4000円だったんです」(hf) ひぃっ。でも、そもそも車に乗らないので、このシステムがいまいちよくわからないんです。でもなんか、まずは安い!って思ってしまいそうなところに罠がありそう。「夜12時(24時)から朝8時まで停めてても、最大800円なんです。でも夜11時(23時)から朝8時まで停めたら、400円@12分×5(1時間)の20000円→2000円が加算されて、合計2,800円となります。こういう表示法こそ国が決まりを作るとかして、ちゃんとするべき」(hf)

6月4日——BVLGARI

ブルガリのイベント@銀座ブルガリ。ものすごく嬉しそうなヒロシさんの写真も上がってましたね。ものすごく美しい女性と一緒の。「笑ってくださいって言われた通りにしただけです」(hf) ご感想は。「彼女のお母さんと話をしたんですけど、すごい魅力的な人でした。何か人を惹きつけるものがあるっていうのは、初めてお会いしたんですけどよく分かりました」(hf) “彼女”がどなたかはInstagram参照してみてください。

6月5日——みゆう

「ミュウ(のポップアップストア)が新宿伊勢丹で7月19日から」(hf) こちらの写真は私物ですね。今度こそ。この手に。ポップアップストア「THUNDERBOLT PROJECT BY FRGMT & POKÉMON」は7月17日から30日まで。「ミュウ」と「ミュウツー」のフォーカスしたアイテム(Tシャツ、フーディー、ぬいぐるみなど)が販売されます。メンズアイテムはメンズ館、キッズアイテムは本館で。伊勢丹オンラインストアでは7月20日から取り扱いスタート。詳細は「IMn/イセタンメンズネット」内のイベントページにて。https://www.imn.jp/post/108057200936

6月6日——#3700

「昔買ったものです。珍しいから買っておこうって感じで、特にその後興味なくて。最近この時計がめっちゃ人気ですごい売れてるみたいです」(hf) ほお。「『そういえば持ってた』って出してみたんです。オークションに出そうかな」(hf) 出しましょう! ◯億くらいですか。「そんないかない。◯万くらいかな」(hf) ええええええ。インパクトはそんなに変わらないです。「この前同じものが(オークションに)出て、そのくらいだったんです」(hf) オークションが楽しみです。ちなみにヤフオクとかメルカリとかじゃないそうですよ。知ってるか。

6月6日——本気?と書いてマジと読む

「大阪のラシームってフレンチなんですけど、めっちゃおいしかったです。2回目だったんですけど、皆さんにもオススメです。メモってください。シェフが奄美大島出身なんです。奄美大島の食材を結構使っています」(hf ) この写真の方は超能力でなんかしようとしてるんでしょうか。「本気と書いてマジなんです」(hf) シェフ、じゃあないですよね。「この人は友達です」(hf) 鬼気迫るものがあります。

可愛いお花。「パイナップルのステーキです」(hf) これお花ですよね。これ食べたんですか?「食べました」(hf) マジですからね。

6月7日——西のお蕎麦は卵入り

「大阪に『瓢亭』ってお蕎麦屋さんがあるんですけど、おいしいって教えてもらって行ってみた。関西ってお蕎麦に大抵うずらの生卵がついてるんですね。東京はないじゃないですか。ここは普通の卵(鶏卵)だったんですけど、それが不思議だった」(hf) しかもすでにinしてる。「入ってました」(hf) 柚子を練りこんだ夕霧蕎麦で有名な老舗、とあります。「京都の料亭とは関係ないらしいんですけど、昔からある蕎麦屋みたいです。おいしかったです。でも卵(鶏卵)はなくても美味しいかなって。そもそも論でいうと」(hf) 関西の人にとっては、東京の蕎麦には何で卵がないんだあってことなんでしょうけどね。

6月7日——wedge、面白い

新幹線に乗りましたね。「はい。『ウェッジ』って、一般誌では扱わないようなネタが結構あるんですよ。今回は中東の話、イエメンとサウジとイランの話が出ていて面白かった」(hf)「アッパーミドルクラスのビジネスパーソン」を想定読者としているそうですよ。グリーン車の標準装備本ですからね。ウィキを見るだけでも、なかなか興味深い背景があるようです。「そもそも、駅の近くのキオスクの品揃えってちょっと独特じゃありません? 新幹線の乗り場近くの本屋とかも、普通の本屋とセレクトが違いますよね」(hf) いわゆるザ・男社会みたいな本は多いなって思ったことはあります。もちろん、女性でも好きな人はいるんでしょうけど。なんでみんなこんなに缶ビール飲むんだろうっていうのと同じジャンルの謎です。

6月7日——小田原スカンピー

「ブルガリでの食事です」(hf) 古代生物祭り?「スカンピあるじゃないですか。手長エビ。あれです」(hf) ほんとに? イタリアンとかで出てくるあの繊細なあれなんですか?「そうそうそう。小田原で獲れるんですって。こんなに大きいのが」(hf) おいしかったですか?「おいしかった」(hf) お隣は大人大好き山菜だそうです。

6月8日——bad girl demo 、良い

「ドナ・サマーのCDです。デラックスエディションが出てたんで。『バッドガール』っていう有名なディスコ曲があるんですけど、そのデモバージョンが入ってて面白かったです」(hf) 以前、動画も教えてくれましたよね。嫌なことがあった時はこれを見なさいって。「そうそう、それの高画質をYouTubeで発見したんですよ。シェアします。後ろの人の踊り、ダンスをみてください」(hf) タケモトピアノよりすごい。嫌なことが楽しみになるくらいいい動画ですよね。幸せな気持ちにならない人、いないですよね。でも電車の中で見ちゃだめ。あっはっはっはっはっはっはっは。
https://www.youtube.com/watch?v=kt0ZUCAI6pc&feature=youtu.be

6月9日——早朝蕎麦

あ、出発の時だ。「早朝でもついついそばを食べてしまいます。どこ行ったんだっけ?」(hf)

6月9日——天津ってこんなところ

「天津だ。天津には天津飯という食べ物はなかったです。誰も、そんなメニュー知らなかったです。街のイメージがさっぱり分からなかったけど近代的でした」(hf) 甘栗はありました?「栗は有名みたいですけど、『天津甘栗』っていう名称ではなかった」(hf)

「南開ユニバーシティに呼ばれました」(hf) 没汁? クリエイティブデザインなんですね。で、今度ここで教えることに?「フォーラムというのがあって呼ばれたんですけど、教授になりました」(hf) クリエイティブプロフェッサーヒロシ?「表彰状みたいのもらって、名誉教授みたいです」(hf) 藤原ヒロシ先生。これでふたつめじゃないですか。「日中大学教授です」(hf)

これは学食ですか?「違います。あ、でも学校の中にあった先生たちの食堂です。すごいでっかい大学なんです」(hf)

「そして天津の図書館とか美術館のあるところ」(hf) 写真は天津文化中心地区にある、劇場「天津大剧院」と、「天津文化センター」のようです。おそらくですけど。

そして北京。「天津から北京へ移動したんです。この広告。いい位置にある」(hf) なるほど。ちなみに、奥の高層ビルは北京でいちばん高いビル「中国尊」。右奥と手前は「中国中央電視台総部大楼」の建物で、奥は「中央電視台総部大楼(CCTV社屋)」、手前は2009年2月に完成間近で火災が発生した「電子文化センタービル」。オランダのレム・コールハースによる建築で、自著『Content』の中でのそのコンセプトの解説が物議を醸し出しました。ちょっと面白いので調べてみてください。

6月14日——とろ、、、、

「そして久しぶりに『天寿し』に」(hf) 北九州は小倉ですね。「もういま予約全く取れないらしいですよ」(hf) あーーーーー。オリンピックのチケットみたいなー。

6月15日——ヨッピーに奢ってもらった! モリスパ550円

「スケーターのヨッピー。昔からの友達で、何年かぶりに一緒に伊勢へ行きました。彼が中学生くらいの時、代々木公園でスケートボードでランプで飛んでた頃から知っているんですけど、そんなヨッピーにおごってもらって感無量でした」(hf) いい話だあ。涙。

6月15日——久しぶり!これ、美味しいんだ

「これ。めっちゃおいしいですけど、なかなか見かけることがないんです。コンビニにたまにあるんですけど、見つけたら買いです」(hf) これはどちらで?「伊勢のコンビニの棚にありました。昨年は東京でも結構あったんですけどね。ほのかな塩味があっておいしいのでおすすめです」(hf) 日清シスコの人気ロングセラーブランド「ココナッツサブレ」とのコラボレーションで生まれたアイスクリームのマルチパック。夏が終わるまでには出会いたい。

profile

藤原ヒロシ|Hiroshi Fujiwara
1964年三重県生まれ。DJ、音楽プロデューサー、ファッションクリエイター。英米で触れたクラブ文化を80年代の日本に持ち込むなど、音楽とファッションの両軸で日本のストリートカルチャーを牽引。現在、デジタルメディア「Ring of Colour」を運営する。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。

RECOMMENDED