Pleasant sleep for workers

最高の睡眠で疲れをとる! 五感に休息を与える快眠アイテムとは?——UCHINO TOUCH

日中の仕事の疲れは、毎晩の睡眠でしっかりリフレッシュしたいもの。しかし「寝つきが悪い」「翌朝に疲れが残る」「眠気が取れない」など、熟睡できない悩みがある方も多いのでは。そこで、極上のタオルをはじめパジャマやアロマなど、快眠に導くアイテムを多く扱う「UCHINO TOUCH(ウチノ タッチ)」に、最高にリラックスできるアイテムを教えてもらった。

TEXT BY MIHO MATSUDA
PHOTO BY TOMO ISHIWATARI

五感の緊張をほぐして、快眠モードに切り替える

上質な睡眠をとるためにはリラックスすることが不可欠。デイタイムに活動した交感神経を鎮めて副交感神経を優位にすることで、快眠が期待できると言われている。そこで、バスタイムから就寝まで、五感の全てをリラックスさせるグッズを揃えて、疲れがすっきりと取れるような快眠に導こう。

驚くほどふわふわのタオルや肌触りのよいバスローブ、着心地のよいパジャマは〈触覚〉を休ませ、さらにカフェインレスのお茶で〈味覚〉もリラックス。睡眠ホルモンの分泌を促進するアロマで〈嗅覚〉から自律神経にダイレクトに働きかける。自然音や優しいメロディとキャンドルの温かな光で、〈聴覚〉や〈視覚〉にも休息を。上質な睡眠には、一定の生活サイクルをキープすることも重要なので、睡眠のための作業をルーティン化することも重要だ。

バスタイムから就寝まで「UCHINO TOUCH」おすすめの快眠グッズで、最高の睡眠を手に入れよう。

バスタイムから就寝まで! シーン別の快眠アイテム

時間を追ってシーンごとの快眠アイテムをご紹介。深くリラックスすることで自律神経のバランスを整え、質の高い睡眠を手に入れよう。

❶ バスタイム
〜「お風呂酒」で温まりながら〈嗅覚〉にもアプローチ〜

  • 1017_uchino_ohurozake
  • 0917_ucniho_g1

仕事の緊張から気分を切り替えてくれるバスタイムは、入浴剤やアロマなどを使ってさらにリラックス効果を高めたい。おすすめは「純金箔お風呂酒」。37℃のぬるめのお湯に、100mlのお風呂酒を加えてゆったりと湯船に浸かれば、仕事の緊張感からも解放される。キラキラと水面に浮かぶ金箔を眺めれば、いつの間にか目も心もリラックスできるはず。発汗して失った水分は、お風呂上がりにカフェインレスの温かいお茶で補給を。クロモジの木を使った甘く優しいお茶なら〈味覚〉もほっと一息。

❷ お風呂上がり
〜ふわふわの極上タオルとバスローブで〈触覚〉に休息を〜

  • 1017_uchino_towel
  • 0917_uchino_g4

お風呂上がりは、ふわふわのタオルで〈触覚〉をリラックス。UCHINO TOUCHには、驚くほどふわふわで吸水性も高い「奇跡のタオル®️ スーパーマシュマロ®️」から100%オーガニックコットンのカラータオル「TOUCH カラー」(TOP画像)など、柔らかさや風合いにこだわったタオルが揃っているので、お気に入りのタオルが見つかるはず。汗が引くまでは、軽くて吸水性に優れたバスローブを。

❸ 就寝前
〜アロマキャンドルで〈視覚〉〈嗅覚〉も快眠モードに〜

  • 0917_uchino_g2
  • 1018_uchino_sub11
  • 0917_uchino_g5

就寝前はSNSやメールチェックはご法度。仕事のことは一旦忘れて、本格的に睡眠の準備を。自然音を取り入れた優しい音楽をかけながら、部屋の明かりを落としてアロマキャンドルに火を灯そう。キャンドルの揺れる光が目の疲れを優しく癒してくれる。イギリスのフレグランスブランド「NEOM」なら、「SLEEP」「CALM & RELAX」など睡眠にぴったりの香りも。着心地のよいマシュマロガーゼのルームウェアで、ゆったりとした時間を楽しもう。

❹ ベッドルームへ
〜ストレスフリーの肌触りのよい寝具で、心地よく入眠〜

  • 0917_uchino_g3
  • 1017_uchino_makura
  • 0917_uchino_g6
  • 0917_uchino_g0

十分にリラックスしたところで最後の仕上げを。清潔なシーツやブランケットでベッド周りを調えて、お気に入りのパジャマに袖を通そう。快眠のポイントは、睡眠中の肌にできるだけストレスのかからないものを選ぶこと。意外と見落としがちなのはピローケースの肌触り。さらに、睡眠をサポートする「快眠アロマ」を、寝具にひと吹きするのもおすすめだ。ここまで準備したらあとは眠るだけ。おやすみなさい、よい夢を。

RECOMMENDED