INSTANT FLOW #13

ついに! THE CONVENIオープン——藤原ヒロシの連載「INSTANT FLOW」#13

ヒロシのコンビニ「THE CONVENI」がいよいよオープン! なので、8月前半は圧倒的に銀座ネタです。彼のInstagramの謎の部分をイノセント(無知の方)な視点で取材する連載の第13回(月2回更新)! 2018年8月にポストされた画像からお届けします。

INSTAGRAM & TALK BY HIROSHI FUJIWARA
TEXT BY HF WATCHING COMMITTEE (HWC)

2018年8月2日——この役者さん好き

hfがフランクフルトの空港で見ていたのは、あっくん主演のドラマ「スモーキング」。「裏社会の悪党どもを”処理”するホームレスの殺し屋集団。彼らは標的を捕らえた後、入れ墨の入った皮膚を剥ぎ依頼主に届けることで、任務完了の印としていた」(テレビ東京) 怖い。で、hfが好きなのは八丁役の金子ノブアキ→あっくん。

8月2日——エビセンにハマる「夏」。「秋」生で滑りを見たい


エビセン?「EVISEN VIDEO。スケートボードのビデオ。今でもよく見るんですけど、みんな楽しそうだなあ……」(hf) 遠い目。EVISEN SKATEBOARD(エビセンスケートボード)。東京に拠点を置くディレクター南勝己主導のもと発足。その活動範囲は国内にとどまることなく世界へ! 「SKATEBOARDは自分たちのすべて”EVERYTHING”」。エブリシン、エビシン、エビセン。いつまでもやめられない、とまらないいSKATEBOARDがすべてと言う意味だとか(ネットからの拾い情報)。ちなみにこれは昔の写真。

8月3日——ゴッホがサイン

「チキンキッチンが9月13日にオープンします!」(hf) お店のサインはゴッホ……なんですか? 「以前NHKのドキュメンタリーで観たんですけど、中国でゴッホとかの絵をパクって描いている(複製画)村があるらしいです。eBayで検索したら普通に売っていたので購入して、電光掲示板をつけて看板にしました」(hf) ポスターではなくキャンバスの油絵なんですね。ドキュメンタリーはこれですかねこちらの記事も面白いです。チキンキッチンは「渋谷ストリーム」の2階にオープンする、自家製の味噌ダレを絡めて焼き上げる鳥焼肉の専門店。

8月6日——お買い物

「伊勢丹に買い物に行ったんです。(サカナクションの)山口くんと不定期でやっているある番組の企画で、伊勢丹に二人で行って買い物をするという」(hf) この「ホワイトマウンテニアリング」のTシャツは本当に着るんですか? 「着るんです」(hf)

8月6日——これ観よ

DVDですか? 「そうです。小林勇貴って若い監督が撮っています。本を読んで面白そうだなあと思っていたら、新作が出ていたので見ました」(hf) で、面白かったですか?「うーーーーーーーーーーーーん。うん、まあ、お洒落もんじゃなくて、映画をちゃんと撮っている感じが面白い。映画です。ドラマっぽいのじゃなくて、映画です。こういう人って、今あまりいないでしょ」(hf)

8月6日——ソニー現場




銀座ソニーパークの地下1階にオープンした、hfディレクションの「THE CONVENI」。もうみなさまご存知ですよね。「マガジンラックには、『asayan』『olive』『PeeWee』の「今月号」がラインナップ。8月だから雑誌は9月号。hf愛用の財布(NEIGHBORHOODのファスナー付きナイロンバッグ)も。他にもここでしか手に入らないオリジナルアイテムから、ビックリマンチョコまで、コンビニエンスな品揃え。公式アプリもあり。「面白いものって続かない。だからどんどんアップデートしてかないと!」(hf) でもね、もうかなり品切れです。まあ、それも想定内。

8月6日——旅のお供

「ビスコもアップデートしてるくらいだから、僕らもアップデートしていかないと!」(hf) 確かに、ここのところのビスコは美味しい街道の躍進ぶりが止まりませんよね。1933年に誕生したビスコ。ホームページによると、おなかにやさしい乳酸菌が一億個(5枚あたり)入っているという。子どもたちの健康を願って生まれたビスコも今や、焼きショコラ、発酵バター仕立てなど、オトナ女子向けな味のバリエーション。繰り返しますが、乳酸菌が一億個。

8月6日——これやばかった

2016年、神奈川県の障がい者施設「津久井やまゆり園」で19人を刺殺した植松聖被告に面会をするなどして、『創』編集部は取材を敢行。植松被告の発言、精神科医の分析や、被害者家族の話なども掲載。「被告が描いた絵とか実際の手紙とか、怪物度がすごい。自分の思想に酔った真面目ぶった完全な……」以降、過激な表現が続く。読むのに体力が求められそうです。

8月6日——冷麺世界ランキング1位

「大阪(北新地)にある『ほうば』へ行きました」(hf) まさか、ほうばのために大阪へ? 「ほうばのために大阪へ行きました。ぼく、これまで食わず嫌いで冷麺が嫌いだった。ほうばで食べるまで、一回も食べたことなかったんです。でも、その後、別の焼肉屋で冷麺を頼んだら全然美味しくなかった」(hf) 「ミシュランガイド」にて、韓国料理として世界初の星を獲得した「ほうば」の冷麺。hfの海馬に刷り込みが起きた模様。

8月8日——ROC新聞! 面白い。良い出来!

「THE CONVENI」でのみ入手できるフリーペーパー「ROC PAPER」。「新聞っていうメディアが面白い。3カ月に一回出す予定だけど、本来なら毎月出したい。めっちゃよく出来ています、是非! ちなみに次号、アート特集の原稿も出来上がってきて読んだけど面白かった」(hf) 編集はリング・オブ・カラー。そのコンテンツの充実ぶりは、手にする人すべてが褒め称えるほど。

8月8日——STEIFF

「シュタイフのニュープロジェクトなんです。ゴジラもあればトトロもあるからやることないなあって思っていたんだけど……。おなか開いて敷物にしました」(hf) シュタイフ太っ腹。11月後半、「ドーバーストリート マーケット」で発売予定。らしい。

8月9日—この人は、いつも本当にオシャレだな……と密かに憧れてる

その人の名は……。「山本康一郎さんです。サイズ感とか雰囲気とか、本当におしゃれだな~っていつも思っているんです。どこか違う。こういう人のことをおしゃれって言うんだろうな」(hf) フリーエディターからスタイリスト、そしてクリエイティブディレクター。密かにする必要ないんじゃないか。ヒロシさん、カミングアウトしてください。

8月12日——銀塩万歳の日

“デジタル写真は写真じゃない”というスローガンのもとにやっていた写真展でトークを。写真じゃないの? そうなの? 違うの? って聞きに行ったの」(hf) 答えは得られました? 「面白かったですよ。写真家の三好耕三さんをはじめ、みんな自分で撮って自分で焼く、フィルムの人たち。でも、よろしくお願いしますって挨拶して『インスタ用に写真撮りま~す』って全員iPhone出してました(笑)」(hf) 見逃しませんね~。「それは写真じゃなくて、記録。写真と記録の違いです。でも面白かったです。ところでなんで銀塩って言うんですか? アナログカメラのこと、銀塩カメラって言いますよね」(hf) 印画紙にはハロゲン化銀を含む乳剤が塗られていて、ネガの画像を照らすとその乳剤が光と反応して画像を浮かび上げるのだとか。「なるほど。僕の経済力なら金でいけちゃうなあ。金塩(笑)」 これ、笑うところなんでしょうか。

8月13日——あの子が もしもPEANUTSのキャラクターだったら

「インスタで見つけて、リポストしました。スヌーピーに出てくる架空のキャラとしていろんな人を描いてるんです。展覧会に出したらどうですか?って誘って出してもらいました」(hf) いそうだ。本当に、「あのこがもしも PEAN○○Sのキャラクターだったら」というsketchbook3のイラスト。他にもカール・ラガーフェルドやファレル・ウィリアム、EXILEの岩ちゃんなんかもいます。

8月14日——庭にナナフシ!

「ナナフシです。どうでもいいけど。実家がアマゾンみたい。実家というか、伊勢の姉の家ですけど」(hf) 伊勢のアマゾン。擬態のレベルが高すぎて、見つけられないっす。

8月14日——007 中央に赤福


「赤福氷を食べに行きました。配られた整理券番号が007で嬉しかった」(hf)赤福氷、食べたことない……「えーバカじゃないの」(hf) だって、伊勢じゃないと食べれないですもん。「伊勢へ行けばいいんですよ。9月の半ばまでやってますよ」(hf) 「餡と餅は赤福そのものでなく、冷たい氷に馴染むよう特製いたしました。抹茶蜜のかかったかき氷の中に入っています。昭和36年、二見浦で海水浴のお客様にと考案したのが始まりで、以後改良を加えた現在の『赤福氷』となりました。夏季限定の商品です。520円」(ホムペより) バカって言った人がバカなんですからね。

8月14日——4枚集めるとこうなる。すっかり忘れてた

フラグメント デザインのTシャツを着用したフラグゼウスとフラグ天使がシークレットとして登場する、ビックリマンチョコ。「4つスペシャルシールがあるんですけど、集めて合わせると、裏側がフラグメントマークになりますよ~っていう」(hf) おおおおお。自力で集めたんですか? 「いや、やなさんが……」(hf) すごーい。やなさん!(ちなみに義理のお兄さまです)持ってる。

8月15日——ミューという名の犬

これはhfが天使だった頃の写真じゃないですか? 「小学生の時ですね」(hf) どっちがhfですか? 「スピッツとマルチーズのミックスを僕が抱いてます。スピチーズ、マルッツ。スチーズ」(hf) 大型犬に見えますが。この頃はどんな少年だったんですか?「お姉さんの影響でお姉さんの好きそうな格好させられてた。世の中フィンガーファイブが人気でみんながパンタロンを穿いていた頃、僕は学校でスリムジーンズ穿いてました」(hf) パンク小学生。イカす。

8月15日——伊勢にこんなに美しいお店が

「こういうカフェがあったんです。めっちゃおしゃれな、ドイツの山の中にあるような。すごい綺麗ですよ。建築もよくて、ちょっとすごかった」(hf) 2017年11月にオープンした、ライフスタイルストア MARCI。オンラインショップからスタートした同店が、待望のリアルショップをオープン。カフェ、インテリア、DIY、アウトドアショップを併設。ロケーションが素晴らしいとネットでも話題。

8月15日——バナナ君、猫当たったの? いいな……サンプル以外で初めて見たよ

これ、狙っても手に入らないやつですよね。「『THE CONVENI』で販売してるベアブリックの中に、秘密キャラとしてウサギと猫がいます。ぼく、ウサギは当たったんだけど、友達のインスタで猫が当たってた。これもあっという間に売り切れたらしいです。12,000個作ったのに」(hf) いちまんにせんにんがもっているべあぶりっく。

8月15日——鰻玉手箱

「伊勢の鰻は美味しいんです。大好き。東京の蒸し焼きと違って、焼きなんで脂が程よく乗っていて美味しいんです」(hf) ビジュアルのインパクトが半端ないですね。「ちなみに、鰻は天然より養殖の方が好きなんですよ。天然ものって脂がタレを全部跳ね返してしまって、味が染みていかない。ぼくの名言として、タレさえ良ければ段ボールでもいける!っていうのがあるんです。鰻はタレです。安い鰻弁当でもタレが美味しかったらいける」(hf) 白焼きも美味しいですけどね。

profile

藤原ヒロシ|Hiroshi Fujiwara
1964年三重県生まれ。DJ、音楽プロデューサー、ファッションクリエイター。英米で触れたクラブ文化を80年代の日本に持ち込むなど、音楽とファッションの両軸で日本のストリートカルチャーを牽引。現在、デジタルメディア「Ring of Colour」を運営する。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。

RECOMMENDED