SPRING NEW COLORS

メイクアップ・アーティストMICHIRUが選ぶ、この春の口紅

外は冬真っただ中だけれど、メイクは早くもスプリングコレクションが満開! ファッション誌等で大人気のメイクアップ・アーティストMICHIRUさんが、いま注目しておきたい新色をナビゲート。この春、絶対買い! なリップを厳選してくれました。

TEXT BY NAHO SASAKI
PHOTO BY MIYABI TANAKA

今年の注目は、断然リップ!

0122_michiru_g1
1/6Dior 「流行りのマットリップも、うっすら色づくピンクのティントなら気軽に取り入れやすい。ピンクに自然に染まった感じがとても可愛くて、落ちにくく色も春っぽさ満点。ツヤっぽいピュア肌にこれを合わせるだけで、春を先取りしたおしゃれ顔になります」 ディオール アディクト リップ グロウ マット 102マット ラズベリー ¥3,800(税込¥4,104)(ディオール パフューム&ビューティ/表参道ヒルズ 本館1F
0122_michiru_g2
2/6MiMC 「春に向けて、さっとカジュアルに塗れる軽い質感のリップは注目。クリアに色づくコーラルレッドで、オンにもオフにも活躍する色です。UVカット効果も保湿力もあるオーガニックリップなので、乾燥や肌荒れが気になるこれからの季節におすすめしたい1本」 ミネラルカラーリップ SPF20・PA++ 04テンダーコーラル ¥3,500(税込¥3,780)【2月7日(水)発売】(コスメキッチン ビューティ / 表参道ヒルズ 本館B2F
0122_michiru_g3
3/6Clé de Peau Beauté 「ひと塗りで顔がパッと華やかになるグロスです。シルバー&ゴールドのラメが特徴的で、上品な煌めきがうるうるのピンクグロスに輝いてとてもきれい。優しく女性らしい印象になり、オフィスにもデートにもぴったりです」 ブリアンレーブルエクラ 4ピンクオーラ ¥4,000(税込¥4,320)(クレ・ド・ポー ボーテ/表参道ヒルズ 本館 1F
0122_michiru_g4
4/6M・A・C 「初夏に近づくほど欲しくなりそうな、遊びのあるオレンジリップ。クリーミィな塗り心地だけど厚塗りにならず、おしゃれにみえる主役色。フレッシュな白肌に抜群に似合います」 M・A・C リップスティック ピーチィ ニュー イヤー ¥3,300(税込¥3,564)(M・A・C/表参道ヒルズ 西館1F
0122_michiru_g5
5/6Shu Uemura 「きちんとした印象を与えるローズの口紅は、色味によっては重たい印象になってしまうことも。このシュウ ウエムラの限定色は明るさのあるローズなので、春夏のファッションとも相性抜群。凛とした美人顔になるリップです」 ルージュ アンリミテッド アーバンローズ ¥3,200(税込¥3,456)【2月1日(木)より限定発売】(シュウ ウエムラ/表参道ヒルズ 西館1F
0122_michiru_g6
6/6Celvoke 「目元にも使えるクリームカラーですが、ピンク系口紅の上から塗るとアラ不思議。ブルーニュアンスで、女っぽくエレガントに色が変化。グロッシーで濡れたような質感もどことなくセクシーで、夕方からのお化粧直しにもよさそう。ミステリアスな雰囲気に仕上がります」 セルヴォーク インフィニトリー カラー 04 ブルーピンク ¥3,200(税込¥3,456)【1月26日(金)発売】(コスメキッチン ビューティ / 表参道ヒルズ 本館B2F

ファッション誌のモデル撮影や表紙撮影などで、ひっぱりだこの人気メイクアップ・アーティストのMICHIRUさん。毎シーズンあらゆるブランドの新色メイクを欠かさずテスティングしているだけあって、何百もの新色の中から、とびきりの「可愛い!」を見つけだす審美眼には定評があります。

そんなMICHIRUさんが、この春の新色をナビゲート。ずばり、この春のメイクの傾向は?

「2018年の春は、アイメイクよりもリップメイク重視。トレンド感のある口紅を1本手に入れておけば、春に向けたファッションもイメージしやすくなります」

トレンドも加味しつつ、自分に似合う1本をみつけるコツは? 

「口紅を選ぶときは、色だけでなく『質感』にも注目してみてください。同じ色でもマット、ティント、グロッシーなツヤ…など質感の違いで、印象はだいぶ変わります。今年トレンドの質感はマットやティント。色でいうとコーラルやオレンジが注目ですね」

春の足音が聞こえてきてからでは、すでに売り切れ……なんてこともあるメイクの春新色。トレンドコンシャスな女性になれる1本を、いますぐ手に入れよう。

数十ものブランドから、数百色もの新色を毎シーズン試すというMICHIRUさん。「このディオールのマットティントは、個人的にもとても気に入っている1本。今までにない質感です」

「ここ1,2年で、口紅のテクスチャーはめざましく進化しました。落ちにくいのにキレイが持続するグロスや、マットなのに乾かない口紅とか」。こちらのクレ・ド・ポーは、唇にひとひらの花びらが舞い降りたように可憐なフロスティピンク。「発色がよく、軽くてみずみずしい。とても春らしい1本です」

「トレンドのマットリップには、ツヤ肌を合わせてフレッシュさを出すのが鉄則。肌質感ひとつで、おしゃれ度はぐっと高まります」とMICHIRUさん。手にしているのは、自身が開発を手がけ、愛用してやまないMiMCのリキッドリーファンデーション。内側からうるおったツヤっぽい素肌感が支持され、発売から1カ月で驚異的なセールスを記録した一品。

MICHIRU
メイクアップ・アーティスト。海外経験を活かしたトレンド感と個性を引き出すメイクは女優やモデルからの支持も高く、「ELLE JAPON」「Ginza」「FIGARO japon」など雑誌でも人気。長年オーガニックなライフスタイルを送るオピニオンリーダーとしても知られ、健康と美の先端トレンドが満載のインスタグラム(@barbiemichiru)も話題。

RECOMMENDED