CRAFT SAKE WEEK

中田英寿プロデュース「CRAFT SAKE WEEK」で日本酒の魅力を味わい尽くす

元サッカー日本代表の中田英寿が全面プロデュースする「CRAFT SAKE WEEK(クラフト サケ ウィーク)」。今年も日本全国から厳選した100蔵と一流のレストランが出店。会場には100本の桜を使ったアート空間も出現し、六本木の春を華やかに彩る。

TEXT BY HILLSLIFE.JP
PHOTO BY Kiichi Fukuda

  • craftsake_g01

    1/10スターターセットのうすはりは、松徳硝子(東京・墨田区)のSHUKIシリーズ。持ち帰れば自宅でも楽しめ、次回持参すれば入場無料。追加コインで日本酒を購入できる。

  • craftsake_g02

    2/10西麻布「ラ・ボンバンス」のシェフ 岡本信が手がける「揚げもの屋 OKAMOTO」は、本会場で初お披露目となる新ブランド。ジャンルを超えた揚げものが楽しめる。

  • craftsake_g03

    3/10東京のスイーツランキングでつねに上位にあがる吉祥寺「à tes souhaits!(アテスウェイ)」も出店。写真は「苺とバルサミコのソルベのクープグラッセ」。

  • craftsake_g04

    4/10日本を代表するレストラン10店が前後半入れ替え制(4/7〜11, 4/12〜16)で出店。「発酵」をテーマに日本酒に合ったイベント限定のスペシャルメニューが提供される。

  • craftsake_g05

    5/10日本酒への世界的な関心の高さを反映して、会場には外国人や海外からの旅行客の姿も目立つ。各蔵の味わいを試しては、その違いにさまざまな言葉で歓声があがる。

  • craftsake_g06

    6/10会場入り口には100蔵の日本酒が。1日10蔵に限定しつつ、「郷土酒」「SPARKLING SAKE」「室町〜江戸創業の蔵」などテーマを変えて日々選りすぐりの酒蔵が紹介されていく。

  • craftsake_g07

    7/10会場となった六本木ヒルズアリーナは、森タワーとけやき坂、毛利庭園に囲まれたオープンスペース。屋根に覆われているので雨天でもイベントを楽しめる。

  • craftsake_g08

    8/10日本酒は出店ブースのほか、会場内にいる各蔵のスタッフからも購入できる。味の特徴だけでなく、蔵の雰囲気や佇まいをめぐって交わす言葉から蔵の景色が見えてくる。

  • craftsake_g09

    9/10建築家の藤本壮介の提案で、桜は「見上げる」のではなく目線の高さに配置され、桜の花畑に迷い込んだかのよう。混雑を緩和する、目立たぬ間仕切りの機能も果たす。

  • craftsake_g10

    10/10プラントハンターの西畠清順が生けたのは、長野県筑穂玖村の「啓扇桜」。アイレベルでの鑑賞を踏まえて、花が下を向く里桜ではなく、枝からいろいろな方向に向かって咲く品種が選ばれた。

幻の酒「十四代」も登場

300以上の酒蔵へ足を運んだ中田英寿が、今回、口説き落としたのは全100蔵。期間中は、室町〜江戸創業の蔵、若手蔵元、スパークリング日本酒など、毎日変わるテーマに合わせて、1日10蔵を紹介する。会場では、蔵元や常駐する利酒師とコミュニケートしながら、貴重な日本酒を味わうことができる。最終日の16日(日)は幻の酒との呼び声も高い「十四代」がキュレーションするドリームチームも登場。さらにフードは、2つ星フレンチの「レフェルヴェソンス」、日本料理「車力門 ちゃわんぶ」、博多の焼肉店「よろにく」などの有名店が、このイベントのためにスペシャルメニューを用意。日本酒との意外なマリアージュが楽しめる。

六本木ヒルズ会場のイメージ

六本木ヒルズ会場のイメージ

中田英寿・藤本壮介・西畠清順がコラボレーション

今年の会場のテーマは「桜」。中田英寿と建築家・藤本壮介、プラントハンターの西畠清純が作り出す1000本の桜を使ったメインインスタレーションで、会場一面を桜の花畑にする。さらにロゴデザインはアートディレクターの葛西薫が手がける。細部にまで行き渡るこだわりは、スターターセットに含まれた酒器にまで。松徳硝子SHUKIシリーズのグラスは、家に帰ってからも日本酒を楽しめ、また期間中に再来場する際には、このグラスを持参すれば追加コインのみで日本酒を購入することができる。

本来なら、遠方にまで足を運ばないと出会えない、幻の日本酒に出会える絶好の機会。「日本酒」「アート」「音楽」が融合した新たな「SAKE」の世界をお見逃しなく。

CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS

CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS

開催期間:4月7日(金)〜16日(日)/時間:12:00〜21:00(L.O.20:30)/会場:六本木ヒルズアリーナ/蔵元数:100蔵で展開(各日10蔵ずつ)/レストラン数:10店舗で展開(5日間で5店舗ずつ出店)/価格:CRAFT SAKE スターターセット ¥3,500 (グラス+お酒・食事用250円コイン6枚分)

RECOMMENDED