LOST IN THE BRUEGEL’S WORLD

ブリューゲルの代表作に隠された謎とは——没後450周年記念イベントが開催

16世紀フランドル絵画を代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世。その没後450年を記念し、彼の作品の細部に映像で迫るイベントが六本木ヒルズで開催される。3面の巨大スクリーンでブリューゲル絵画の中に入り込むようなアート体験を、ぜひ味わって。

TEXT BY KYOKO INOU

巨大な映像空間で見る名作に隠されたドラマ

画面の至るところに民家などの建物や、人、家畜、怪物などが緻密に描かれる「群集構図」で知られ、肉眼では細部を観察することが困難なブリューゲル作品。本展では、3面の巨大スクリーンに、彼の著名な3作品をスーパー解像度の映像で映し出すことで、緻密に描かれた群衆ひとりひとりの表情や持ち物まで、ブリューゲル特有のモチーフを間近に迫ることができる。

bruegel001_2
1/3《反逆天使の転落》1562年 油彩 ブリュッセル ベルギー王立美術館所蔵 ⓒRoyal Museums of Fine Arts of Belgium, Brussels, photo 大天使ミカエルとその軍団が、神に反逆する悪魔や堕天使を全滅させる物語を描いた作品。アニメにでも出てきそうな多様な“合成怪物”が見もの。
bruegel002_2
2/3《ネーデルラントのことわざ》1559年 油彩 ベルリン国立絵画館所蔵 ⓒGemäldegalerie der Staatlichen Museen zu Berlin - Preußischer Kulturbesitz, photo:Jörg P. Anders 様々な階級や職種の人々の営みの中に、100近いことわざが表現されている。16世紀中期のフランドルへタイムスリップできる。
bruegel003_3
3/3《洗礼者聖ヨハネの説教》1566年 油彩 ブダペスト 個人像 ⓒIRPA 熱心に聞き入る者、居眠りをする者、手相で遊ぶ者etc…キリストの洗礼をするヨハネの説教を聞く群衆の、集団心理をいきいきと描いた作品。

この映像は、2016年にブリュッセルのベルギー王立美術館で公開され、世界中の評判となったもの。今回のイベントで、日本初上陸となる。「デジタル画像はブリューゲル芸術の理解に新しい次元をもたらしました。若い世代に、現代のアニメを超えるような鮮烈なインパクトを与えるでしょう」。本展を監修・企画したブリューゲル研究の第一人者である森 洋子氏も、そのクオリティに太鼓判を押す。

profile_森洋子

森 洋子|YOKO MORI
明治大学名誉教授。ベルギー王立考古学アカデミー外国人会員。長年にわたるブリューゲル研究により、サントリー学芸賞、芸術選奨文部大臣賞、ウジェーヌ・ベェ国際賞などを受賞。『ブリューゲル全作品』(中央公論社)、『ブリューゲルの諺の世界—民衆文化を語る』(白鳳社)、『ブリューゲルの「子どもの遊戯」−−遊びの図像学』(未來社)など、ブリューゲルに関する書籍も多数執筆している。

多彩なイベントでブリューゲルの世界に浸る

アカデミーヒルズでは、本展の監修・企画を行った明治大学名誉教授・森洋子氏を招き、セミナー「デジタル技術が寄与した新次元のブリューゲルの魅力」や展示「書籍で知るブリューゲルの世界」も同時開催。セミナーはすでに満員御礼だが、展示ではブリューゲル研究の第一人者による国内外の研究書や小説、随筆等さまざまな書籍に触れられ、日本で彼が親しまれた歴史を知ることができる。

・展示「書籍で知るブリューゲルの世界
9月3日(火)〜23日(月)11:00〜19:00開催(9月10日~16日は11:00~21:00まで)、無料

ベルギービール

六本木ヒルズアリーナでは連携イベント「ベルギービールウィークエンド2019 東京」を9月11日(水)から16日(月・祝)まで開催。ヒルズカフェ/スペースでは、ブリューゲル作品の《農民の婚宴》で飲まれていると言われる「ランビックビール」も販売される。

バナー

見たことがないブリューゲル〜巨大3スクリーンによる映像の奇跡〜 開催期間 〜9月10日(火)〜16日(月・祝) 場所 六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース 時間 11:00〜23:00(最終入場22:30、初日は〜15:00) 入場 無料

RECOMMENDED