INSTANT FLOW

また一年後に読み返してみて——藤原ヒロシの連載「INSTANT FLOW」#50

いや、読み返さなくていいです(どっち)。一年後の僕らはどんなことを思っているのやら、というこの時この世界で、HIROSHI FUJIWARA(hf)の謎を覗き見る連載。ちょっぴりメモリアルな第50回目。2022年2〜3月にポストされた画像からおとどけします。

INSTAGRAM & TALK BY HIROSHI FUJIWARA
TEXT BY MIKA KUNII

2月19日——ケイト、泉、ティルマンス

——ケイト・モス。ティルマンスの?
hf ずいぶん前からずっと家のお手洗いに飾っています。
——なぜそこに(笑)
hf 分かんないけど、ちょうどよくて。ケイト・モスに見られながら……。
——彼女にお会いしたことは?
hf この頃に会ったかも。もっと若い頃とかも……。
(ウエイターが来る)
——あ、カプレーゼ来ました。小腹が空いたら、カプレーゼ頼むのいいですね。
hf フィオレンティーナは、ほぼ何を食べても美味しいです。

2月19日——触ってごらん、エリザベスだよ

——このセーターはMONCLER?
hf はい、僕の部屋着。
——文字がかわいい。そしてこの子がベス? 
hf この子がベス。もう一頭、ゴールデンレトリバーがリズ。飼い主と知り合いで、どちらも僕が名付け親なんです。
——エリザベスには2通りの呼び方があって、リズは高貴な呼び方でベスはあばずれな感じ……。
hf そういうことです。
——藤原さんとベスの、毛の競演でした。

2月19日——M、ワーニャおじさん、気狂いピエロ

hf 「Let’s Make Peace and Stop the War」って曲、たまたま車でかかってた。その頃に……。
——ロシアがウクライナに侵攻したのが2月24日。なんというか、偶然というか……。
hf こんな戦争が起こるとは思ってなかった。
——本当に、どうなっちゃうんでしょう。ロシアやウクライナにお知り合いは?
hf ウクライナに住んでる友達はいないけど、モスクワにはいます。
——ロシアでは、バーガーキングはやってるけどマクドナルトは閉めたんでしたっけ。
hf マックはワーニャおじさんのハンバーガー屋とかに変わったんでしょ? マクドナルドのMを横にして、ワーニャ(Ваня)の頭文字のBにしてるらしいです。
——なんでもありですね……。
hf キューバに行くと、アメリカの50年代の車がたくさん走っていて。アメリカからの輸入がそこでストップした証になってる。だから10年後ぐらいにロシアに行くと「あ、iPhone Xじゃん」「Face IDってあったね」みたいなことになるかも。
——そこで時が止まっちゃいますね。わたしXなんですけど……。
hf この前プーチンの映画を見たんです。『オリバー・ストーン オン プーチン』。5年くらい前の作品。オリバー・ストーンがロシアに行って延々とプーチンに取材をするドキュメンタリーなんですけど面白かったです。帰りに「サンクトペテルブルクに寄るといいですよ」みたいな会話を交わしていて……クリミア侵攻の後くらいだったのかな。
——そういえば『善き人のためのソナタ』という映画がありましたよね。
hf シュタージ(秘密警察・諜報機関)のね。プーチンもああいうことをやっていた人。
——諜報活動をしていたから、ベルリンの壁の崩壊がショックで……みたいな話を聞いて、あの映画を観直したくなりました。
hf いい映画でしたよね。『The Debt』って映画は観ました? それもシュタージ時代の話。日本では『ペイド・バック』ってタイトルになってるのかな。
——『Debt』ってタイトルのままじゃ、だめだったんですかね?
hf 響きが難しかったのかもしれないけど。ほら、僕がいつも言う「タイトルを変えるな」シリーズです(笑)。海外の友だちと映画の話をしていると全然つじつまが合わない。アメリカで映画館にいったとき『You’re Next』ってホラー映画が、予告編だけでもすごく面白そうで。観たいなーとずっと思っていたけど全然日本に来なくて、何年かたって気づくと邦題が『サプライズ』に変わってたんですよ。
——そりゃ探せませんね。
hf ひどくない(笑)? せめて「次はお前だ」とかにしといてよ。
『ゼロ・グラビティ』も、あれは原題『Gravity』なのに。
——重力が無重力に! 最後のシーンではじめてタイトルが出る、あの場でGravityって出るのが、いいですよね。
hf リーアム・ニーソン主演の『96時間』は、原題は『Taken』なんです。でも『24』が流行っていた時期だったり、96時間以内に娘を取り戻さないとっていう内容だったのでそのタイトルにしたんだと思うんだけど、続編の2、3はもう全然96時間と関係ない。『96時間/リベンジ』『96時間/レクイエム』……。
——(笑)こじらせましたね。『俺たちに明日はない』や『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』みたいな、往年の思いきったタイトルって粋ですね。今は難しいのかな。『勝手にしやがれ』は、原題は全然違うんですよたしか。「À bout de souffle」で、意味は「息切れ」。
hf 『気狂いピエロ』に関しては、ほんとにそのタイトルっぽくないですか?
——「Pierrot le Fou」、まんまですね。

2月24日——とろけないプリン、とろけるカツカレー

——これ、美味しいやつです。
hf でもアルミホイル、いやじゃないですか? アルミと金属のスプーンが当たる感覚が。
——キーンってなっちゃう。
hf 昔からアルミでしたけど。で、昔はもっと大きかったと思う。
——この、しっかりと卵の味がするプリン。昔ながらの「とろけないプリン」が好きです。
hf ぼくは両方好きですけどね。でも一世を風靡(ふうび)しましたよね、あの恵比寿にあった、なめらかプリン屋。
——パステル。プリンに限らず、なんでも飲めるとか、とろけるとか、そういう傾向についてはどうですか(笑)?
hf あんま気にしたことないです。でもバイタミックスでしたっけ、アボカドの種も砕けるジューサーをもらったんで、coco壱のチキンカツカレーを全部入れたらどんな味がするのか試したけど、めっちゃまずかったです。チキンカツ、入れなければよかったのかな……。油がすごくて。
——ごはんも混ぜました?
hf 全部です。
——それ、流動食ですね。なめらかチキンカツカレージュース。ひどい味(笑)。スムージー作ればいいのに……普通に。
hf そんなに作りたいわけでもなかったけど。ジューサーもらったから、何ができるかなと思って。

2月25日——ナンというクオリティ

hf これ、めっちゃおいしかったです。
——バターチキンカレーとナン、セブンで見かけました。
hf モティなみに美味しかったです。
——モティなみ! カレーと、ちゃんとナンも作るところが分かってらっしゃる。
hf ナンがないと意味がない。
——しかもこのサイズ感がいい。ナンって象の足ぐらいありますもんね。
hf でもナンだけ売り切れてるときはどうすんだろうなってちょっと思って。
——その時は食パン?
hf ちょっとさみしい。
——コンビニのプライベートブランドでは、セブンのがお好きなんですか? 
hf というか、コンビニはローソンが好きです。明るいから。
——明るい? あ、店内が?
hf うん。もしかしたら今は変わったかもしれないけれど、セブンはちょっと暗いというかオレンジっぽい。ローソンは白い。
——ファミマは?
hf ファミマも白い、というか少し青っぽい。
——コンビニでいつも買うものってありますか?
hf お菓子とからあげクン。
——冷凍食品は?
hf たまに買いますよ。冷凍食品もセブンが優秀かもしれない。お好み焼きとか、たこ焼き、めっちゃおいしい。
——最近のお菓子のヒットはないんですか?
hf これはっていうのは……あ、ヨーグレットかな。昔の駄菓子みたいなやつが、ちゃんとしたパッケージになって偉そうに並んでるんです。そういうの、ちょっとかわいい。

3月5日——剥くのが大変、だけどありえないほど美味い

——文旦の上に乗ってるのは?
hf 姫小春。旬は3月です。
——文旦のちっちゃいやつですか?
hf 違います、新しいみかん。もう味がね、めっちゃおいしい。
——小夏は知ってましたが、小春。しかも姫ってかわいい(調べてみる)清見オレンジと黄金柑を交配したのですね……糖度約13度。
hf 甘いんですよ。去年、初めて知りました。
——日本のフルーツの味の解像度の高さって、すごいですよね。「紅まどんな」も好き……。この文旦もおいしかったですか?
hf 文旦もおいしかった。
——でも藤原さんにしては珍しいですね、文旦。剥くのが大変な果物は好きじゃないのですよね?
hf そうですね。いつもは全部あげちゃいますけど。
——ああ姫小春。食べたい。
hf あとね、「出島の華みかん」もおいしいですよ。

3月7日——サンテ、サコッシュ、サカナクション


——これ、サコッシュですね。サンテFX?
hf 目薬ケースみたいなものかな。サカナクションの山口君に頼まれて、作りました。
——CMに出ていらっしゃいますものね。目薬サコッシュかわいい。目薬って持ち歩くの困りますもんね。
hf 僕はあんまり持ち歩かないから分かんないけど。
——このときは髪が伸びてる。何かの番組ですか?
hf BSフジ『FUJI-YAMA』っていう番組です。

3月8日——カツサンドの中からあんバター

——これは「木村屋」と「とんかつまい泉」のコラボということですが、どの点が?
hf まい泉の意味はね、パッケージだけ。
——確かに。このパッケージ、まい泉のカツサンドのサイズ感だ。
hf そう、まい泉のサンドイッチのパッケージです。おいしいけど、まい泉度はゼロかも。
——あのサイズ感は食べやすくていいですよね。あんバターサンドはお好きですか?
hf あんバタ、好きですよ。
——あんバターサンドのバターは、硬いのが好きなんですけど。
hf 硬いの、いいですね。あの罪悪感。
——あの背徳感。

3月8日——チャンキチャチャンテン♪

hf 香港 贊記茶餐廳。
——「チャンキチャチャンテン」っていう店の名前なんですね。
hf 飯田橋にあってたまに行ってたんですけど、赤坂にも店ができたんです。
——香港で定番の麺といったら出前一丁ですよね。
hf そう。出前一丁を焼きラーメンにしてます。めっちゃおいしいですよ、行ってみてください。
——次の写真は、パンに棒バターだけ……素晴らしい背徳感。
hf ここにある物、全部悪の食べ物。
——このカップも、かわいい。ほしい!
hf うん、このカップもいいですよ。
——ほんとに香港そのまま来たって感じですね。
hf 完全香港ですね。

3月13日——時代錯誤とオンナコドモ

——onnnacodomo(オンナコドモ)の「STILL IMAGINE」。
hf 作品集みたいな。コラージュアーティストなんで、コラージュのものが出てきます。
——「時代錯誤のアナログ感」っていい(笑)

3月13日——反戦と、デザインコンペティション

——グローバル・デザインコンペティション?
hf ウクライナへの支援を目的としたデザインコンペティション。
——だから、青と黄色。審査員は、藤原さんや、ADRIAN JOFFEや、STEFAN SAGMEISTER、DANIEL ARSHAMや。どこが主催してるんですか?
hf ウクライナの政府みたい。
——Ministry of Digital Transformation of Ukraine。ウクライナでお仕事されたことはあるのですか?
hf ウクライナでは仕事はしてないんですけど、ジョージアに知り合いがいて。そこと同じチームかもしれないです。ジョージア・ファッション・ウィーク、本来なら今年はウクライナでやる予定だったそうです。もう、できなくなってしまいましたが。こっちはデジタルだからできたのですが。
——いつ結果発表ですか?
hf どうでしょうね。いつかあるんでしょうね。今回は特に反戦をテーマにしたようなものや、ウクライナの旗の色のものが多かったですね。

3月17日——モントークのあった街で

hf モントークが、終わっちゃう。
——街にあってほしい場でしたね。

3月18日——競輪、交差点、走馬灯


hf PIST6っていう、新しいかたちの競輪をやっているんですよね、今。
——PISTって……自転車?
hf そう。その千葉で開催されている競輪の、チャンピオンユニフォームをデザインしました。
——PIST6チャンピオンシップの年間チャンピオンに授与予定、と書いてあります。従来の競輪よりおしゃれなイメージ。競輪って、ここ(耳)に赤ペン挟んでるようなイメージ。
hf そうですね、それを一気に変えようと。競馬も一時期そうなったじゃないですか。並木橋のところにマガジンハウスみたいな建物が。
——知らなかったです。
hf 今もあると思いますよ。競馬のイメージを変えるって言って、ピンクと白のタイルで馬券場を造ったんですけど。結局来る人たちが……。
——やっぱり赤ペン。
hf そういえば、並木橋の、六本木から代官山の方に抜けると馬肉レストランがあるんです。「走馬灯」っていうお店。僕はどっちみち鶏肉以外は食べないけど。
——馬肉専門店で、走馬灯! 
hf で、その上に競馬場の看板があるんです。
——その馬たちですか? みたいな……コワ。
hf もう、魔の交差点。

3月17日——You、真似しちゃいなよ

——NIKE by Youですね
hf しょっちゅう作ってます。なんか、いいのがあったらばんばん作る。
——かわいい。真似しちゃおうかな。
hf どんどんしてください。
——それができるのがNIKE By You。

3月23日——時間ギリギリまで

——これは?
hf それ、実は今からライブです。
——今日?!
hf そうです。
——えっ、お時間はだいじょうぶですか?
hf 終わったら、早く行かなきゃ。
——ごめんなさい。何のライブですか?
hf 猪野君と。『NEW ORDER magazine』、その雑誌の何周年記念かで。

3月25日——ちいさな箱いっぱいの春

——「僕のお花見」っていうコメントが好きです。
hf 村上さんの吹き寄せです。

3月27日——描き人知らずの絵

——これは誰の絵ですか?
hf わかんないんです。太子堂のリハーサルスタジオの壁に飾ってあって。
——名もなき絵。
hf いいですよね。

3月29日——僕だけの星の味

——アジアのベストレストラン50。今年の1位は?
hf 東京の「傳」です。神宮前の和食です。
——日本のお店も、たくさんランクインしてますね。ところで藤原さんの今年のベストはどちらですか?
hf どこだろう……難しいなー。

3月31日——ブルースとブルースのブルース

——ブルース?
hf おいしいから食べてみてって、もらったんですがまだ食べてないです。
——琉球銘菓。カステラですか。
hf パンみたいです。この日、ブルース・ウィリスが失語症になったと聞いて。
——あ、その日でしたか。
hf ニュースを見て、あっブルースだ、と思ったけど、コメントに『ダイハード』って書いてもね。がんばれブルース、という気持ちで。
 

profile

藤原ヒロシ|Hiroshi Fujiwara
1964年三重県生まれ。DJ、音楽プロデューサー、ファッションクリエイター。英米で触れたクラブ文化を80年代の日本に持ち込むなど、音楽とファッションの両軸で日本のストリートカルチャーを牽引。現在、デジタルメディア「Ring of Colour」を運営する。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。