IKUKO’S METHOD

スマートライフのお財布&スマホケース事情——地曳いく子のおしゃれメソッド34

ファッションのご意見番ことスタイリスト地曳いく子さんが、独自の視点で切り込むオトナ女史のためのスタイル術「IKUKO’S METHOD」。今回は、キャッシュレス化が進む現代をスマートに暮らすためのコンパクトなお財布&スマホケースのお話です。

STYLING BY IKUKO JIBIKI
PHOTO BY SHIN KIMURA
EDIT BY AKANE MAEKAWA

1_img_0411
1/11モノグラム・キャンバスに描かれたのは、ルイ・ヴィトンの可愛いマスコット《ヴィヴィエンヌ》のイラスト。モノグラムだけもシックで素敵ですが、この愛らしさの遊び心が、大人の余裕を感じさせます。コインパース¥46,000、アイフォンフォリオ(iPhone X&XS用)¥50,000※共に日本限定(ルイ・ヴィトン/六本木ヒルズ けやき坂通り1F
2_img_0420
2/11グッチのアイコニックな《GGパターン》に1960年代に誕生した《フローラ プリント》があしらわれたアイテムたちは、この冬の最新ギフトギビング コレクション。ウォレットには《ウェブ ストライプ》や《ダブルG》のモチーフが施され、ブランドのアイコンが凝縮。これはもう、手工芸品レベルです。ミニウォレット¥49,000、アイフォンケース(iPhone X&XS用)¥38,000(グッチ/六本木ヒルズ ウェストウォーク2F
3_img_0409
3/11コインスナップポケットやカードポケットが付いた、使いやすく機能的な三つ折りウォレット。カーフスキンにあしらったレオパード柄はSPRING 20コレクションのシーズナルプリント。トレンドをお財布に凝縮してもいい時代。これを毎日見れば、それだけで気持ちがあがります。キャッシュ ミニ ウォレット¥45,000(バレンシアガ/六本木ヒルズ ウェストウォーク2F
4_img_0414
4/11かなりコンパクトですが、お札もきっちりと収まる美しいデザイン。さすがサンローラン。トップジップウォレットは、スライダーの引き手がポイントとなり、使いやすさも考えられています。上から タイニーウォレット¥50,000、タイニージップウォレット¥49,000(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン/六本木ヒルズ ウェストウォーク2F
5_img_0415
5/11キルティングレザーの触り心地がたまらないアイフォンケース。ジップ付きのカードケースは、お財布代わりとしても使いたい。フラットなデザインなので、パンツのポケットに入れても気にならない薄さです。ジップカードケース¥39,000、アイフォンケース(iPhone X&XS用)¥42,000(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン/六本木ヒルズ ウェストウォーク2F
6_img_0407
6/11ロックスタッズシリーズのミニトリフォールドウォレット。2020年春夏プレの新作は、外側がブラック、内側がレッドのツートーンカラー。手のひらサイズの小ささですが、このスタッズのお陰で、バッグの中に埋もれていても手探りで探しやすいのです。トリフォールドウォレット¥44,000(ヴァレンティノ/表参道ヒルズ 本館1F、2F
7_img_0401
7/11クロエのアイコン《CHLOÉ C》と《ALPHABET》コレクションから、ブロンディベージュにペールゴールドのレザーを組み合わせた日本限定のフェスティブカプセルコレクションが登場。《ALPHABET》コレクションのミニウォレットは、別売りのアルファベットチャームと組み合わせることもできるので、ギフトとしても最適です。左からアルファベット ミニ トリフォールドウォレット¥46,000(チャーム別売り¥5,000)、クロエ C スモール トリフォールドウォレット¥48,000※共に日本限定(クロエ/表参道ヒルズ 本館1F
8_img_0418
8/11ブランドのアイコンである《ヴァラ・リボン》をあしらった上品なコンパクトウォレット。アイフォンケースには《ガンチーニ》のチェーンプリントが施され、サルヴァトーレ フェラガモらしいエレガントさ。コンパクトウォレット¥45,000※日本限定、アイフォンケース(iPhone X用)¥27,000(サルヴァトーレ フェラガモ/六本木ヒルズ けやき坂通り1F
9_img_0408
9/11ステラ マッカートニーのシグニチャーバッグの《ファラベラ》シリーズから生まれたミニ財布。長財布では薄い色を敬遠しがちですが、ミニ財布ならスカイブルーのきれいな色も気軽に持ててしまいます。ミニウォレット¥46,000(ステラ マッカートニー/六本木ヒルズ ウェストウォーク2F
10_img_0406
10/11ブランドロゴとシグネチャーのスパイクをあしらったルブタンレッドのウォレット。アイフォンケースはお薬のカプセルも模した遊び心のあるデザイン。スマホもプライベート用なら、これぐらい個性的なほうが楽しいはず。ルビフォールド ウォレット¥62,000、ピラファン アイフォン ケース(iPhone X&XS用)¥42,000(クリスチャン ルブタン/六本木ヒルズ ウェストウォーク2F
11_img_0413
11/11上質なスムースカーフレザーにあしらったのは、スタッズとシグネチャーのJCロゴ。アイフォンケースはカード入れとスリップポケットを備えているので、これひとつでもお出かけできてしまいます。上からミニウォレット¥62,000、アイフォンケース(iPhone X&XS用)¥78,000(ジミー チュウ/表参道ヒルズ 本館1F

ウォレットは生活スタイルで選ぶ時代

キャッシュレス化がじわじわ進行している中、スマホさえあれば決済できてしまうことも多くなり、お札をパラパラ使う機会がめっきり減りました。ひと昔前は、お札を折らない長財布こそオトナの常識でしたが、私の周りではカードケースサイズぐらいの小さなコンパクトウォレットに移行している人たちが増え始めています。これはもちろん、私の周りに限った話です。長財布がお好きな方は持ち続けても何ら問題はありません。好きなものを選んでいいのです。こうでなくてはという概念に捉われずお財布がよりパーソナルなものとなり、使う人の生活スタイルによって選ぶ時代になったのではないでしょうか。働く環境によってファッションや服装に規制がある場合も、お財布とスマホケースは自由なはず。パーソナルなアイテムだけに、その人の個性やファッションセンスが表れてしまう素敵だけど危険なアイテムなのかもしれません! 今回は、ホリデーシーズンの贈り物としても自分ギフトとしても気になるミニ財布とスマホケースを選んでみました

地曳いく子が考える
コンパクトなスマートライフの心得

❶ お札はいざという時の緊急用

カード数枚とちょっとした小銭があれば過ごせてしまえる東京。今や、コンビニや自動販売機も交通系カードでお支払い。買い物に行くのにお札の束を持ち歩くことはなくなりました。となると必然的にコンパクト化するお財布。お札といえば、3つか4つに小さく折った一万円か五千円札1枚を忍ばせておく程度で十分。但し、コンパクト財布のお札は、人様に払うものではなく、いざという時の緊急用と心得ておきましょう。海外では偽札が多く、偽札防止としてクレジットカードや電子マネーが早く浸透しましたが、お札に対する信用と信頼が高くキャッシュレス化が遅かった日本。地方やお店によっては、まだまだ現金主義のところもあります。うちの母世代の築地マダムたちは、お財布とお札入れを別にして、料亭や旅館で支払う時はお札入れから出していました。ピシッとしたお札を愛する人は、ミニ財布を導入しても、お札入れを別にお持ちになってもいいかもしれませんね。

❷ 保管場所としてギリお財布は必要

ほとんど現金を持たなくなり、バッグのトレンドも小型化傾向。なら、お財布はなくてもなんて考えるかもしれませんが、それは危険です。この間、これだけでいけるかなと思って気軽にクレジットカード1枚を裸のままバッグの中に入れておいたら、やってしまいました。しかも、カード会社を通して月島警察から連絡がくるまで落としたことにすら気が付いていなかったという大失敗……。いくら便利になったとはいえ、保管場所として存在感を感じるお財布は必要だと実感した先月でした(笑)。コンパクトなお財布なら、パーティー用のバッグにもスッと入りますしね。

❸ 中身を断捨離でスマートに

最近の小さなお財布は優秀で、お札もコインも入り、カードホルダーも備えています。但し、サイズがコンパクトになれば、当然収納スペースにも限りがあります。せっかくスマートに小型化しているのに、中にいっぱい詰め込み過ぎるのはいかがなものでしょうか。以前はカードが何枚入るかがお財布の大事な要素でしたが、時代は変わりました。年末の大掃除のこの時期、ちょうどいい機会なので断捨離を進めてみましょう。やたらと増えたポイントカードや会員証はアプリがあれば、スマホへ移動。カードはステディなクレジットカード2枚とIDと健康保険証ぐらいで。小銭は500円玉1枚と100円玉を3枚(路上のパーキングメーターはコインが主流。この300円がないがために、大変なことになることもあるので車を運転する人は必須です)。私は、現金で買い物をして50円以下の小銭がやってきたら、コンビニの募金箱に入れるようにしています。世の中にも優しく、お財布もスマートになるので。

❹ お財布にもトレンドを込める時代

バブルの時代に一生ものと思い、当時でも数十万円もしたお財布を買った私ですが、やっぱり使い方がハード過ぎるのか、いくら修理しても持つにはどうかと思うぐらいボロボロになってしまいました。私的には一生ものなんて「愛」くらいしかないのです(笑)。自分の価値観も変わります。著書でも書いていますが、何故買い物をするのか、それは自分の気持ちがあがり幸せな気持ちになるためです。だって、オトナ女史の皆さまなら、一通りのものはすでに持っているはずですから。でも、買い物はやめられない(笑)。お財布は毎日持つもの。今のトレンド気分が入ったものを持ったほうが、自分の気持ちもあがるはずです。

❺ スマホケースは個性重視

スマホが出始めの頃、ケースの種類もそれほど選べず友人と被ったことがありました。お互いに「これ危険だよね」なんて話していたら、やっぱりしでかしました。ご飯を一緒に食べていた時テーブルの上に置いておいたら、いつの間にか入れ違ってしまい……。タクシーに乗ってメールをチェックしようとして、ようやく気が付いたという失敗も。それ以来、スマホケースは個性的なものを選ぶようにしています。お財布同様、スマホも毎日持つものなのでケースも投資のしがいがあるアイテム。お金をかけてもそれだけ気分があがる度合いが高いので、個性重視でラグジュアリーなものを選んでもいいのではないでしょうか。被る率も低くなり、紛失率も下がります。

profile

地曳いく子|Ikuko Jibiki
スタイリスト/1959年東京生まれ。数々のファッション誌で活躍し、そのキャリアは30年超え。女優や著名人のスタイリングも数多く手がけ、大人の女性を美しくみせる的確な理論に基づくスタイリング術に定評あり。現在は、ファッションアイテムのプロデュースほか、テレビやラジオに出演するなど多方面で活躍。著書に『服を買うなら、捨てなさい』、『着かた、生きかた』(ともに宝島社)、『おしゃれも人生も映画から』(中央公論新社)、黒田知永子との共著『おしゃれ自由宣言』(ダイヤモンド社)、『買う幸福』(小学館)など多数。9月に最新刊『おしゃれは7、8割でいい』(光文社)を上梓。

RECOMMENDED