A RAILWAY STORY IN THE SKY

日本一高い“天空駅”が六本木ヒルズに!? 最新デジタルアートを堪能できる「特別展 天空ノ鉄道物語」

12月3日、六本木ヒルズ森タワー52階を舞台に「特別展 天空ノ鉄道物語」が開幕した。JR7社や東京メトロなど全国の鉄道会社の全面協力のもと実現した、かつてない大型鉄道展。鉄道ファンならずともワクワクできる体感型コンテンツは必見だ。

TEXT BY KYOKO INOU

「鉄道」を360度楽しむ空前の大展覧会

1964年、東京オリンピックの年に走り始めた新幹線。日本人の生活を大きく変え、数々のドラマを生んだ鉄道文化の軌跡を、2つのオリンピックイヤーを結ぶ形で紹介する企画展「特別展 天空ノ鉄道物語」。マニア垂涎のお宝コレクションから、鉄道ゆかりのアニメやゲームなど日本独特のカルチャーまでを網羅した、だれもが楽しめる体感型の展覧会だ。舞台は、海抜250mに位置する六本木ヒルズ森タワー地上52階フロア。東京をぐるりと見渡せる会場で、「未来のレールの向こうにある夢」へと想いを馳せてみては?

六本木ヒルズ森タワー52階が舞台。昼と夜とでがらりと異なる会場の雰囲気にも注目。

六本木ヒルズ森タワー52階が舞台。全長約7m、幅約2m、高さ約3.5m、ダンボールを使用して原寸大で再現された「巨大一号蒸気機関車」も展示。

海抜250mの景色と融合したホームに、天空を翔る鉄道が滑り込む——ビジュアルデザインスタジオ「WOW」の映像演出で実現した『銀河鉄道の夜』さながらの世界を体感できる“天空駅”。ずらりと並んだ鉄道車両ドアからユニークなイメージが飛び出すデジタルインスタレーション。国内で初めて運行したSLをダンボールで完全再現したアーティスト島英雄氏の作品etc.。鉄道ファンならずとも興奮してしまう展示を楽しんだあとは、ガチャガチャマシンを使いゲスト自身で挽きたて・淹れたてコーヒーを楽しめる「GACHA GACHA COFFEE」でブレイクを。

鉄道車両ドアをモチーフにしたデジタルインスタレーション。触れるとドアが開きさまざまなイメージが飛び出す。

鉄道車両ドアをモチーフにしたデジタルインスタレーション。触れるとドアが開きさまざまなイメージが飛び出す。

デザインオフィスnendoプロデュースの「GACHA GACHA COFEE」とメトロがコラボレーションした空間。

デザインオフィスnendoプロデュースの「GACHA GACHA COFEE」とメトロがコラボレーションした空間。

分割民営化後初めて集結したJR7社分の「JR発足記念ヘッドマーク」。往年の寝台特急「トワイライトエクスプレス」の原寸大レプリカ。1964年から現在までの国鉄&JR時刻表ライブラリーやJR7社の制服など。鉄道ファン垂涎のコレクションのほか、記念撮影可能な「アンパンマン列車」の座席や「電車でGO!!」体験筐体など、キッズと一緒に楽しめるコーナーも充実。もちろん、「オリジナル駅弁」や「駅そば」など展覧会限定のグルメも多様に用意されている。テクノロジー、映像、食を通じて鉄道を多角的に楽しめる、かつてない展覧会に、ぜひ足を運んでほしい。

JR7社分の「JR発足記念ヘッドマーク」

国鉄からJRに分割化後、「JR発足記念ヘッドマーク」が初めて集結した貴重な展示。

「トワイライトエクスプレス」の原寸大レプリカ

豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の原寸大レプリカを初公開。

JR時刻表ライブラリー

1964年から現在までの国鉄&JRの時刻表が一堂に展示されたライブラリーは圧巻。

特別展 天空ノ鉄道物語

特別展 天空ノ鉄道物語 開催期間 開催中〜3月22日(日) 場所 森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)時間 10:00~20:00※火曜のみ〜17:00(最終入館は閉館45分前まで) 入場 一般¥2,500、高校生・大学生¥1,500、4歳~中学生¥1,000

RECOMMENDED