HAVE A BEST SUMMER DAY!

六本木ヒルズで、忘れられない夏体験と出会おう!

今年、開業15周年を迎えた六本木ヒルズでは、8月26日(日)まで、今年5回目を迎える「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」をはじめ、夏を盛り上げるイベントが目白押し。遊び、食、ショッピングから学びまで、充実のコンテンツがぎゅっと詰まった企画で、思い出に残る夏体験を!

TEXT BY KYOKO INOU

今年もさらにパワーアップ! 「サマステ」がやって来た

2014年にスタートした「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION 2018」。昨年は、過去最高の585万人を動員し、すっかり
東京の夏イベントの目玉として定着したメガイベントが、今年も7月14日に幕を開けた。5回目となる今年は、「きらめく、夏のマジック!」をテーマに、街全体とコラボレーション。音楽ライブやヒーローショー、AR&VR体験、グルメ、フォトスポットなど、多彩なコンテンツを通して“魔法のような”体験を提供する。充実したコンテンツの中から、特に注目したいイベントを紹介する。

  • ドラえもん アトラクション
  • サマージャンボpresentsかき氷コレクション
  • ヒーローショー&握手会
  • 夏映画スペシャルイベント
  • TOKYO BEER TERRACE(7/28~8/26)presented by The PREMIUM MALT’S
  • 大屋根プラザ カフェ&ビアテラス
  • 最新テクノロジーアトラクション

ここで紹介した他にも、出演者気分で撮影ができるテレビ朝日の人気番組アトラクションや、限定アイテムがスタンバイした「テレアサショップ」、人気コスメブランド「アナ スイ」の世界観を体験できる展覧会など、多彩なエンターテインメントがラインナップ。ますますパワーアップを遂げた「サマステ2018」、夏の間に何度でも足を運びたくなるイベントだ。

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION 2018 期間 2018年7月14日(土) ~ 8月26日(日)  <計44日間> 開催時間 10:00~19:00 ※各エリア、演目によって日程・時間が異なります。 場所 テレビ朝日本社、六本木ヒルズアリーナ、毛利庭園、大屋根プラザ、66プラザなど 料金 サマパス 大人(中学生以上)2,000円、 小人(4歳~小学生)1,000円(税込) ※一部入場無料エリアもあります。 主催 テレビ朝日 特別協力 森ビル

浴衣に着替えて、オリジナルソングで踊ろう!

六本木ヒルズの夏の風物詩といえば、「六本木ヒルズ盆踊り」と、「六本木ヒルズ 朝の太極拳」。共に六本木ヒルズが開業した年にスタートし、今年16回目を迎える大人気イベントだ。六本木ヒルズアリーナに“やぐら”が組まれ、風情のある浴衣姿で賑わう「六本木ヒルズ盆踊り」は、輪投げや射的、ヨーヨーすくいなど定番の縁日屋台に加えて、六本木ヒルズ内の飲食店が提供するオリジナルメニューが楽しめるグルメ屋台も大きな魅力のひとつ。また、六本木ヒルズの盆踊りと言えば、オリジナル盆踊り曲『六本人音頭』。ぜひ振りを覚えて、踊りの輪に加わってみて。

六本木ヒルズ盆踊り2018 開催日 2018年8月24日(金)〜26日(日) ※24日(金)は前夜祭のため、盆踊りは行いません。※雨天決行 ※荒天時は時間変更および中止になる場合がございます。※全てのプログラムの内容は当日の天候や諸般の事情により、予告なく変更または中止をする場合がございます。 場所 六本木ヒルズアリーナ、六本木けやき坂通り(25日(土)・26日(日)のみ) 料金 参加無料 主催 六本木ヒルズ自治会、森ビル株式会社 協力 テレビ朝日、J-WAVE(81.3FM)、ハリウッド化粧品

朝の爽やかな日差しの下で、心身ともにリフレッシュ

近隣の居住者や六本木ヒルズにお勤めの方など、老若男女約400名が連日参加。毎朝、会場となる66プラザに活気をみなぎらせるのが、「六本木ヒルズ 朝の太極拳」。初心者でも無理なく参加できるプログラムが人気で、夏バテ防止やダイエット目的で、毎年欠かさず参加しているファンも多い。都内でも無料で参加できる太極拳イベントは珍しく、申込不要で気軽に立ち寄れるのもうれしい限り。初回からずっと講師を務める真北斐図(まきたあやと)老師の指導もわかりやすいと人気だ。複数回参加すると、六本木ヒルズのレストランで利用できるチケットのプレゼントもあるというから、早起きして“得”を手に入れて。

六本木ヒルズ 朝の太極拳

六本木ヒルズ 朝の太極拳 開催日 2018年7月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)、8月4日(土)、8月5日(日) ※雨天中止の場合、六本木ヒルズの公式Twitter、Facebookでお知らせいたします。時間 7:30〜8:15(約45分間) 場所 66プラザ 料金 参加無料 講師 真北斐図老師 備考 ジャージなどの体をしめつけない服、スニーカーなどのかかとの低い靴でご参加ください。雨天の場合は中止となります。

展望台 東京シティビューで、夏の大空を体感!

海抜250mの絶景が楽しめる六本木ヒルズ 森タワー52階の展望台 東京シティビューでは、世界の海と環境を考え、楽しく学べるイベントが用意されている。東京タワーを望むスカイギャラリー1では「海の地球ミュージアム 2018」を開催。国連や世界の博物館でも大人気のデジタル地球儀「触(さわ)れる地球」が登場し、黒潮の海の豊かさや、深海の美しいプランクトン、ザトウクジラなどを、巨大プロジェクション映像で楽しめる。毎週土日にはワークショップも開催している。

海の地球ミュージアム 2018 会期 〜2018年9月2日(日) 最終入場 21:30 東京の壮大な景色や、美しい夜景とともに、迫力の映像や多彩なコンテンツを楽しんで。

新宿方面への視界が開けるスカイギャラリー3で行われるのは「ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み」。在日オーストラリア大使館が中心となって展開するプログラム「オーストラリア now」の目玉企画で、オーストラリア特有の気候や環境に対応する建築の試みに触れ、現代オーストラリアの文化、ライフスタイル、イノベーションが学べる展覧会。著名な建築家によるドローイング、模型、映像を通じ、オーストラリア建築の斬新な試みを感じることができる。

ユニヴァーサル・プリンシプルズ:環境的課題をリセットするオーストラリア建築の試み 会期 〜2018年8月26日(日) 最終入場 21:30 会場内には特設カフェ「Australia now café」がオープンし、オーストラリアのフード&ドリンクが楽しめる。©David Sandison

8月26日(日)までの夏イベント期間中は、屋上スカイデッキが、通常20:00までの営業時間を22:00まで延長。仲間と一緒に近郊の花火を楽しむもよし、星空を見上げてロマンチックな時間を過ごすもよし。六本木の壮大な景色を背景に、普段とは違った時間を過ごすことができる。早朝の太極拳から、深夜の夜景観賞まで、夏の1日を満喫できるイベントが盛りだくさんの六本木ヒルズへ、忘れられない夏の思い出をつくりに、ぜひ足を運んでみて。

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 森タワー52F/屋上スカイデッキ

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(森タワー52F/屋上スカイデッキ) 開館時間 平日および休日10:00〜23:00(最終入館22:30) 金・土・休前日10:00-25:00(最終入館24:00) スカイデッキ11:00〜22:00(最終入場21:30)※8月26日(日)まで延長時間 料金 一般1,800円、高校・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円*スカイデッキ追加券500円(4歳~中学生300円)※展望台料金で森美術館にもご入館いただけます。※スカイデッキは天候不良時クローズ。※詳細はWEBサイトをご確認ください。

RECOMMENDED