REFINED MILITARY @ROPPONGI HILLS

メンズアウター、ミリタリーが今シーズンのキートレンド——六本木ヒルズ

無骨な生地や仕立てが、頼りがいある装いへ導く——六本木ヒルズのメンズアウターから、トレンドの目である「ミリタリー」に端を発するアイテムをセレクト。保温性や動きやすさといったミリタリー特有の機能性を備えながらも、街映えするシルエットや素材使いが魅力。パリやニューヨークでコレクションを発表するブランドならではの、現代的な解釈を楽しみたい。

TEXT BY Ryuta Morishita
PHOTO BY Kazuya Aoki
styling by Noriko Sugimoto(WHITNEY)
edit by RCKT/Rocket Company*

ラムレザーを使った袖の切り替えと中心をずらしたジップにより、ライダーズジャケットのような雰囲気をまとったダウンブルゾン。ハイネックの衿裏にはボアが配してあり、折り返すと温かみのあるアクセントを演出する。ブルゾン¥105,000(税込¥113,400)/アンダーカバー(アンダーカバー03-5410-1230 /六本木ヒルズ ウェストウォーク 4F)

肉厚でガシッとした素材感が男らしさを醸す一方、肩章やベルトなどの土臭い装飾を削ぎ落とすことで、さらりと都会的に着られる一着。袖は二重になっているレイヤード仕様で、旬なビッグシルエットを描く。トレンチコート¥76,000(税込¥82,080)/ N. ハリウッド(N. ハリウッド 03-6455-5011/六本木ヒルズ ウェストウォーク 4F)

欧州の山岳部隊を思わせるアノラックパーカは、本格的なオリーブの色みも相まって男心をくすぐる。取り外せるインナーだけでも主役級の存在感。3WAYで楽しめる。モッズパーカ¥119,000(税込¥128,520)/ eYe コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(スターマン バイ アールアンドコー 03-6434-9557 /六本木ヒルズ ウェストウォーク 4F)

ダッフルコートの名門グローバーオール社と共同で製作。英国調のチェスターコートをベースに、ゆったりとしたシルエットと丸みを帯びた袖付けで、スポーティに表現。左袖にはジップポケットをあしらい、ここならではのヒネリをプラス。コート¥86,000(税込¥92,880)/ソフネット(ソフ 03-6804-3720 /六本木ヒルズ ウェストウォーク 4F)

RECOMMENDED