teamLab “Borderless”

チームラボによる、驚異のデジタルアートミュージアムへ

数々の革新的な体験型インスタレーション作品で、日本を代表するデジタルアートの旗手としてその名を馳せるチームラボ。その表現宇宙を圧倒的規模で体現した、世界に類を見ないデジタルアートミュージアムがお台場に誕生。6月21日のオープンを前に、その魅力を紹介する。

TEXT BY KEITA FUKASAWA
PHOTO BY KIICHI FUKUDA

プログラマー、数学者、建築家、デザイナー、絵師など、領域を超えたスペシャリストたちによる“ウルトラテクノロジスト集団”チームラボ。その彼らが森ビルとタッグを組み、未だかつてない超先進的なデジタルアートミュージアムを完成させた。コンセプトはずばり、「境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者とともに新しい体験を創り出す」こと。果たしてどんな体験が待ち受けているのだろうか。

作品と自分自身、すべてが溶け合うボーダレスな時空間

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」が位置するのは、観覧車で知られる東京・お台場のパレットタウンの一角。1万平方メートルもの広大な空間を、5つの世界で構成するという。エントランスから足を踏み入れると、そこは壁や床一面に無数の花が咲き誇る巨大迷路のような空間。決められた順路はなく、作品同士が対話し融合する境界のない世界「Borderless World」だ。鑑賞者は自らの感覚と好奇心を頼りに、未知の世界を探索していく。

「Borderless World」より、無数の花が咲き誇り、季節とともに移ろいゆく迷路のような空間「花の森、埋もれ失いそして生まれる」。

「花の森、埋もれ失いそして生まれる」より。花々は鑑賞者がその上を歩き回ったり触れたりすると散っていき、また違う場所で咲いては枯れるなど、リアルタイムで描出されており、常に変容し続ける。

「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」。滝から降り注ぐ水の粒子が、鑑賞者の振る舞いに応じて現実の水流のように流れを変え、刻一刻と異なる表情を見せる。

チームラボ代表・猪子寿之の出身地である徳島県の阿波踊りに想を得た作品「秩序がなくともピースは成り立つ」。いにしえの装束を身に着けた人物や動物たちが踊り、楽器を奏でている。鑑賞者が近付くと踊りや演奏を止めて反応するが、しばらくするとまた元の調和を取り戻していく。

まるで生命体のように荒々しくうねり続ける波の様相を描く「Black Waves」。水の粒子の動きを3次元でシミュレーションし、チームラボ独自の「超主観空間」によって映像化した作品。

体全体で楽しみながら学ぶ、ダイナミックな創造性の宇宙

夢幻のような作品の数々を経てたどり着いたのは、ダイナミックな起伏を備えたランドスケープ、その名も「チームラボアスレチックス 運動の森」。身体性と空間認識能力を高めるべく設計された空間を、同じく遊びと学びをコンセプトとするチームラボの教育的プロジェクト「学ぶ! 未来の遊園地」の作品群とあわせて回遊していく。

「チームラボアスレチックス 運動の森」の全景。起伏に富んだ大空間の周囲に、光輝くボールが漂う「重力にあらがう生命の森」(右奥)や、同じ色に輝く石を登っていく「光の森の3Dボルダリング」など、さまざまな作品が点在している。

「チームラボアスレチックス 運動の森」から、山あり谷ありの斜面で構成される「グラフィティネイチャー 山山と深い谷」の一コマ。鑑賞者が紙に描いた動物や植物がここに現れ、ほかの生き物を食べたり食べられたりしながら、大きな生態系を営んでいく。

宇宙空間が投影されたトランポリン作品「マルチジャンピング宇宙」。鑑賞者たちが飛び跳ねるほどに星々が生まれ、輝きと大きさを増し、ときにブラックホールとなり、再び元の星雲へと還っていく。

嗅覚、味覚……五感すべてで味わう、前代未聞の没入体験

デジタルと身体性、自分と世界の境界を揺さぶる仕掛けは、鑑賞者=人間同士の関係にも及ぶ。人の存在を感知し、次々に色を変えながら関係性の軌跡を描く「ランプの森」。また、「EN TEA HOUSE」では、日本文化の真髄であるお茶を通して、味覚や嗅覚とデジタルアートが織りなす深遠なる境地を味わうことができる。

「呼応するランプの森 ― ワンストローク」。無数のランプが浮かぶ空間。鑑賞者が近寄ると、最寄りのランプが強く輝き、次々と隣りのランプへと音色とともに伝わっていき、弧を描いて元のランプへと戻ってくる。

館内の一角にしつらえられた「EN TEA HOUSE – 幻花亭」にて。一服の茶の中に花が咲き、飲み終わると散っていく。若手茶師の松尾俊一と、日本の伝統文化の再生に取り組む丸若屋の丸若裕俊による日本茶ブランド「EN TEA」とのコラボレーション作品。

世界初公開作品を含む約50点で織りなす、史上最大のデジタルアート空間。チームラボの総力を520台のコンピューターと470台ものプロジェクター(!)で結集しただけあって、まさに前代未聞、圧巻の体験の連続だ。なお、ここで紹介したのはそのごく一部。大人も子どももぜひ、歩きやすく動きやすい服装で、“世界にここだけの没入体験”を思う存分、楽しんでほしい。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless 6月21日(木)オープン 住所 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン) 営業時間 月~木 11:00〜19:00(21:00) 金・祝前日 11:00〜21:00(22:00) 土 10:00〜21:00(22:00) 日・祝日 10:00〜19:00 (20:00) ※最終入館は閉館の1時間前 ※()内の時間は6/21(木)〜8/31(金)までの特別延長時間 ※営業時間はシーズンによって異なります。 休館日 第2・第4火曜日(※直近の休館日は6/26、7/10、7/24) 料金 大人 高校生以上(15才〜)¥3,200 小人 中学生以下(4〜14才)¥1,000 ※7/31(火)までは期間限定オープン記念チケット¥2,400(大人) ※料金は税込み

RECOMMENDED